イチジェネブログ

トーナメントから私生活まで大暴露!!琵琶湖バス情報満載のイチムラジェネレーションこと市村直之の釣り日記!!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガイド空き日

2012-09-28 | ガイド日程空き日

ra of

1日 7:00~17:00

 1名様  ¥38000

 2名様  ¥45000

 3名様  ¥55000

カップル様 ¥40000

使用ボート:トライトン20XS


予約方法はミックバスクラブに電話でお願い致します

TEL:077-579-0570(ミックバスクラブ)

(予約受付時間7:00~17:00)

http://www.geocities.jp/mic_assclub/(ホームページアドレス) 

 

10月ガイド空き日

12・13・16・17・18・19・20・21

22・23・24・25・26・27・28・30・31 

11月ガイド空き日

1・3・4・5・6・7・8・9

10・11・12・13・14・15


9月28日 琵琶湖

2012-09-28 | 琵琶湖

今日はガイドで琵琶湖出撃

最近は、仕事増加で琵琶湖に出る機会も減っちゃったなぁ・・・・

来月のTOP50最終戦が終わったら、ゆっくり出来るしビッチリ琵琶湖やろっ

んで、今日は朝から快晴の南風

朝から南風の場合はたいがい昼で止む

南・西・北で回って、午後から吹く感じ

だから風があるうちに巻いて巻いて!!

まずはプロト「VERAGE SWIMMER JIG」1/2オンスで白井さんにグッドサイズ!!

日に日に反応の良くなっていく「VERAGE SWIMMER JIG」

しかしまぁ・・・・ミスバイトも多いっす(涙)

すっぽ抜けミスが続いて

風停止。

ここからは良いウィードをテンポ良く「エッグボール7g」+「ゲーリージャンボダブルテール」で狙って・・・

癒しの連続バイトタイム!!

体が僕より一回り大きい浅野さん

バス・・・小さく見える(笑)

「エッグボール7g」+「ゲーリージャンボダブルテール」にもすっぽ抜けの多い今日

高気圧すぎて食ってはくるけど

やる気はイマイチか!?

なんて言ってたら白井さんの「エッグボール7g」+「ゲーリージャンボダブルテール」に53cm!!

秋めいてきてくれたせいで、サイズが選びづらいっす。。。

ベイトに付く秋!

良いのが出たら群れてる可能性大!!

僕の「エッグボール7g」+「ゲーリージャンボダブルテール」にも50アップ!!

今日は、テンポ良くウィード切っていけるようにDynamisTHP610MH「BEAST STING」を使用

「CROSS ROUNDER」との使い分けはウィードの濃さと水深。

ミドルレンジでウィードが濃いエリアや時期は、きちっとウィードを外せる「BEAST STING」がオススメ!!

っで、良いっ感じに風が吹いてきたタイミングでもう一度「VERAGE SWIMMER JIG」タイム

浅野さんの「VERAGE SWIMMER JIG」1/2オンスに50アップ!!

やっぱ風とベイトが肝心っす

僕の「VERAGE SWIMMER JIG」にもちょっと小型なヤツが・・・・(笑)

しかし!ガイドがやらかす2連発!!

「VERAGE SWIMMER JIG」+「MIGHTY FUNCTION DTHP-71H」

スーパーお気に入りセッティングでバッチリ50アップ!!

そしてラストは・・・・

午後、静かだった白井さん(笑)

最後の最後に「VERAGE SWIMMER JIG」でかわいいやつやっつけてくれました(;一_一)

まー秋ですから!!

バスもエリアもサイズもバラつきます!!

とにかく釣って釣って釣って~~サイズを稼ぐ!!

今の琵琶湖はそんなんか!?

また明日、頑張ってみよっ

今日は一日ありがとうございました。

 


秋めき・・・

2012-09-27 | 琵琶湖

空いた1日。

琵琶湖に来ていたワンバイトワンフィッシュのKAZZさんと出撃!!

久々のKAZZさんとの琵琶湖・・・・やっぱ激荒れwww

さすがです(笑)

ボートも止めづらい状況でのやる事は1つ・・・・

「投げて・巻いて・1発60アップ」

ハイ!このプランで1発狙い!!

チャンネルラインに入り出した、稚アユの群れに付くモンスター

コレを、ヘビースイムジグで狙うわ~けです。

4m前後のウィードにタッチさせながらの巻きの釣り・・・・

まぁまぁ難しい。

しかし、それをもっと簡単に出来るように1年の月日をかけて開発されたのが・・・

VERAGE SWIMMER JIG

バレッジスイマージグ!!

「ウィードの中を引く」をコンセプトに

より、引きやすく

より、簡単に

スイムジグを狙ったレンジでトレースできるスイミングジグでございます!!

今回使用したのは1/2オンスと5/8オンス。

3m~4mラインを狙うならこのウェイトがベストかな!?

1日引きまくって反応があるものの、出るのは50cm手前ぐらいのサイズばかり・・・・

「MIGHTY FUNCTION DTHP-71H」+「REVOELITE IB」

しかしまぁ、横の釣りで釣れるようになってくると秋を感じるようになってきますね♪

「VERAGE SWIMMER JIG」1/2オンスプロト

ただ今、生産段階に入っているので店頭に並ぶのはもう少し先になりますが

チャンネルラインの巻き巻きな時期にドンピシャな発売になる予定です!!

また、この手の釣りにはフロッグ&ヘビースイムジグ用に開発された

DynamisTHPシリーズ

2012 NEW

MIGHTY FUNCTION DTHP-71H

コイツがオススメ♪♪

バイトがあっても違和感を感じさせないソフトティップを持ったヘビーロッド

まさに、バレッジスイマーで仕留める為のロッドってヤツです!!

さてさて、宣伝は~~さておき(笑)

KAZZさんとの久々・・・琵琶湖釣行

ま~~~釣れません!!

狙いすぎ。

ハイ。これにつきます(笑)

でも、せっかくなんでたまにはいいっしょ(^O^)/

今年のシーズンも残り3カ月弱・・・・

モンスター狙って、また遊びましょーね!!

・・・・ちゅーわけで、僕が釣って遊んだ1日になってしまいました(笑)

 

 

 

 


帰ってきたゼィ!!

2012-09-24 | 「イチ押し」情報!!

たっだいまー!!

TOP50最終戦北浦・霞ヶ浦プラから帰宅。

今回は北浦&霞ヶ浦のJBトーナメント最大規模の競技エリアという事で、、、、プラもかなり長期で行ってきましたよ。

っが、しかしまぁ前評判通りのタフっぷり

雨の少なかった今年の夏が影響し、水が少ない状況のせいか・・・・かなり厳しいというイメージ

なんか、今年は厳しいというイメージを持つ湖が多いな、、、

まぁそんな事も言ってられんのでプラをみっちりやってキタわけです。

後は、いかに秋に近付いてくれるか?

それにつきるかな。。。

昨年勝ったこの時期のこの水系ではありますが、今回は全然違う試合展開になりそう、、、、

最終戦良い結果残せるようにラストスパートかける!ですね!!

 

さぁさぁ!久々に帰って来た琵琶湖!!

まぁ~コレがまた!!

よ~く釣れる!!

霞帰りだと癒されますね(笑)

プラに行く前は全開夏だった琵琶湖も急な冷え込みで帰って来てみたら

なんとな~く秋めいてる感じ

季節の変わり目と言いますか、夏と秋が混在してる感じやね

よ~はどこにもバスがいる!!

しかし、絞りづらいし食わせ方はまだ夏、、、、そんな感じやね。

なので、ここ数日は風が吹いてたりローライト時は巻きモノ

ピーカン時はジクジクと

シーズナル通りに楽しんでます!!

さて、前回のブログでもだいーぶ熱く語ったDynamisTHP

発売後、たくさんの方々にご購入して頂きありがとうございます!!

琵琶湖でちらほら見るたび、、、、感動しております(笑)

そんなTHPの最近使用頻度高め1・2はコレ

 

 

 

 

CROSS ROUNDER DTHP-68M

 

SPEC/★Length:6ft8in ★Power: Medium  ★Lure weight:5/8oz Max  ★Line:16lbMax  ★Action:Regular Fast ★Self Weight 139g

 

BEAST STING DTHP-610MH

SPEC/★Length:6ft10in ★Power: M-Heavy  ★Lure weight:3/4oz Max  ★Line:18lbMax  ★Action: Fast ★Self Weight 164g

「クロスラウンダー」&「ビーストスティング」

最近の釣果で良く出てくる

「エッグボール7g」

「10インチカットテール」

「チャター」

この3つはもっぱらこの2本!!

クロスラウンダーではプレミアムプラス14lbを巻いて、エッグボールとカットテールに使用。

操作性の高いレギュラーファーストアクションがエッグボールやカットテールを使うのに抜群にイイ!!

どちらもウィードを細かく外していく釣りなので、操作性が高い方が、、、、やっぱ扱いやすいし食わせやすい。

その上、Mパワーでも通常では設定されないハイパワーブランクスなので、バスにものされず使い勝手がめっちゃいい~~んです(笑)

これからの時期、クランクやバイブレーションなどの巻きの釣りになってもバッチリ対応してくれるので、持ってて損の無い1本です!!

っで、チャターにはビーストスティングを使ってるんだけど

実際、琵琶湖以外の湖に行ったらチャターもクロスラウンダーでやる事がほとんど。

琵琶湖に関してはウィードに掛けてティップで外していくという、チャター使いで食わせていくので

若干テーパーのきついビーストスティングの方が、ウィードから外しやすくオススメ!!

まぁコレばっかりは湖上で説明しないと、なかなか伝えづらい事なんですが、、、、、

パワーも1ランク上なので、インサイドのもじゃもじゃウィードで掛けても巻かれないつーのも1つ!!

こちらも、是非お試しあれ!!

まっビーストスティングは琵琶湖で最も万能性高いロッドなんで、1本あると便利だと思います。

だいたい、この2本でこなしてるここ最近の琵琶湖ガイド、、、、

エッグボール7g+ゲーリージャンボダブルテールに相性バッチリな「CROSS ROUNDER」

食わせティップで巻く「BEAST STING」

カットテール10インチも「CROSS RAUNDER」

コレがまた相性いぃんです!!

 発売となったDynamisTHPを皆さんに使って頂き・・・・感無量!!

僕自身・・・・渾身のロッド達なので、どーぞ宜しくです!!

 また、他の機種もカテゴリー覧のDynamisTHPを是非見てみて下さい。


Dynamis THP

2012-09-12 | DynamisTHP

お久です。

試合・取材・ガイドと・・・・・

さすがハイシーズンと思わせるドタバタな日々も一段落。

やっと、ゆっくりブログが書ける・・・・笑。

とにかく!一番書きたかったネタ!!

そう!いよいよ発売となった!!

 

 

遂に、キマシタ!!

DynamisTHP

僕が琵琶湖で求める全てを詰め込んだロッド!!

それが、デュナミスTHPでございます!!

琵琶湖に移りすんで8年、、、

プロ&ガイドという立場から様々なロッドを使い、フィールドに出てバスを釣ってきたが

やはり、琵琶湖という湖は他のフィールドとは違う大きな特殊性を感じさせる湖なのだ。

まず言えるのは個体がデカイ!

そして、ルアーもデカイ!

なおかつ、本場アメリカのスタイルに近いキャスト数で稼ぐパターン!

精度も大事だが、、、、なにより飛距離!

あげればきりがない程の琵琶湖スペックという言葉。

実際、琵琶湖では

「パンチング」「フロッグ」「ヘビースイムジグ」「アラバマ」など、、、

特化したパターンが多い。

ただ、その特化したパターンって1年を通して何回やんのよ?

って話。

実際、週一琵琶湖に通うアングラーであれば様々な琵琶湖のパターンを体験すべく為、タックルを揃えるかもしれないが、月に一回もしくは二か月に一回のアングラーが特化したパターンに出会う確率はかなり低い確率だと思う。

しかし、その特化したパターンこそ琵琶湖の醍醐味であり最高に楽しめる部分であると思う。

だからこそ正直一年間に数回しか使われない、特化したパターンの為にタックルを揃えてほしい!!

ただただ、その釣りが楽しいから!!

一度やってみてほしい!!

そんな気持ちを込めて、作られたのがデュナミスTHPなのだ。

「ロッド1本の価格帯をギリギリまで抑える事」

「ただの中堅価格帯のロッドではなく、プロがテストを繰り返し1本1本使うルアー・テクニックに合わせて、ロッドスペックを作成していく事」

「琵琶湖に特化した、技術・パーツを惜しみなく使う」

3万円~3万3千円という価格帯は決して安い価格ではないが、琵琶湖という日本一のフィールドで様々なパターンを楽しみ、ずっと使い続けられるロッドクオリティーに払う対価としては、高いものではないと思う。

だからこそ、タックルを揃え様々な琵琶湖のパターンを楽しんでほしい!!

それがこのデュナミスTHPに詰められた一番の思いなのです!!

さてさて、では琵琶湖で求められるロッドってどんなの?何が違うの?

良く聞かれる質問です。

簡単に答えると「硬い」ロッドではなく「曲がる」ロッド。

これが良く言われる答えですが・・・・ぶっちゃけ分からないですよね。

ロッドは1本1本パワースペックがあります。

MパワーとかHパワーとか

そのパワー設定は各メーカー微妙に違うモノですが、大きな差はありません。

ある程度決まったウエイトを持ち上げたり、負荷を掛けたりしてパワー設定をするのですが、琵琶湖で使われるロッドも基本ベースは同じなのです。

ただ、大きな違いというのは、同じパワーのロッドでも求められる用途がなんなのか?という話。

例えば、霞ヶ浦などでジグをリーズに撃っていく釣りをしようとしたら、同じMHパワーでも霞ヶ浦で求められるのは、精度良くキャストを決めるためのロッドの軽さやプレッシャー化でもバスを掛ける事の出来る繊細さや感度だと思います。

なので、同じMHパワーのロッドでもより高弾性のカーボンを使用して、軽さと感度を生み、張りのあるファーストテーパーロッドを作る事が多いのです。

ここで、「硬さ」と「曲がり」の違いなのですが、前途した高弾性のロッドは張りが強くなる分、同じMHパワーでも曲がりが弱くなり、全体的にパワーを分散出来なくなります。

よって、同じ負荷が掛かった時に狭い範囲でしか負荷を分散出来なくなる為、同じレングス同じパワースペックでも、1か所に掛かる負荷が多くなる為、ロッドを破損してしまったり、ウィードから引っ張り出す為の、無理が効かなくなったりしてしまうのです。

コレが、「硬さ」と「曲がり」の違い。

ただ硬いだけでは、負荷を分散する事が出来なくなってしまうので、自分のロッドを握る腕に残りの負荷がくるため、耐えきれなくなりロッドごと、のされたりしてしまうんですね。

だから、ロッドを広く大きく曲げて、負荷を分散させる事で腕にかかってくる負荷を軽減させ、無理の効くロッドになるんです!!

まっコレが俗に言う、トルクフルなブランクスというやつです!!

なので、デュナミスTHPでは24t~27tの中弾性ブランクスをベースに使用用途に合わせ高弾性をミックスした琵琶湖に適したブランクスを使用し、更なるパワーアップの為に新技術である「FLEXIBLE CROSS POWERED DESING」を採用し「曲げてバスを止める」という、琵琶湖で最も必要とされる要素を詰め込んであるのです。

当然、中弾性ブランクスをベースにするとロッド自重は重くなります。

ただ、琵琶湖のバスフィッシングにおいて最上級の軽さは必要ない!!それよりも折れずにパワーがあって、琵琶湖のモンスターバスに負けない(のされない)モノであってほしい!!

なので、ロッド自重は多少重く感じると思いますが、そこが琵琶湖で必要な大事な部分であり、琵琶湖スペックロッドと言われる由縁なのです。

まぁ、これだけ聞くと・・・・そんなに重いの?っと思ってしまわれそうなので、是非!店頭で一度触ってみてください!!

ブランクス自重は通常トリックスターやデュナミススーパーコンペディションで使われているブランクスよりは重いのですが、オリジナルのガイドセッティングやロッドバランスをとる為に設計した、オリジナルグリップでロッド自重に対してかなり持ちやすくバランスの良い設計になっています!!

ただ重いだけのロッドは正直終わってますが・・・・・

「ガイドセッティング」

「グリップデザイン」

でバランスをとる事で、繊細なアクションも可能とするトルクフルなロッドになるんですね!!

琵琶湖のバスフィッシングはデカイのがバンバン出ていて簡単そうに見えがちですが、実際はデカイバスほど賢く、やはり繊細なアクションを必要とするものなのです!!

軽さを捨てても、繊細なアクションを可能にするテーパーデザインを設計し、無理なテーパーデザインも強靭なブランクスが強度を確保するという、トーナメンターが考えた琵琶湖で必要とされるデカバス対応のロッドなんです!!

ガイドはFUJIステンレスSICを使用

ロッドスペック・用途に合わせ、FUJI製LNガイドとKTガイドをQ-onオリジナルマイクロセッティング!!

またダブルフットはもちろんのこと、シングルフットにもスレッドをダブルラップで巻きあげ、最強の強度を確保!!

コレを行うと、自重が上がりバランスを取りづらくなってしまうのですが、テストを繰り返しバランスをとる事が可能になり、ブランクス自体の強度アップにもつながるわけです!!

そしてグリップにはFUJI製ECSを使用

 

今、支流のACSではなく

あえてのECS!!

様々なリールシートを試したんですが、ロッドを握る部分に一番力が加わる事から握りやすくロッドバランスを取りやすい、ECSに決定。

明らかに、コレが一番グリップが効く!!

また、ブランクスに対してグリップサイズも16と17を使い分け、16のグリップサイズでは力が入りずらいMH以上のブランクスには基本17を使用し、各グリップにラバーコーティングを施す事で、更なるグリップ力と雨天時での使いやすさを向上!!

 

また、グリップデザインも持った時のロッドバランスを最も意識したセッティングになっており

リアグリップには高密度コルクを使用し、更に潰れやすいエンド部分には耐久力の高い圧縮コルクを使用!!

圧縮コルクは自重は増すが、エンドのみの使用ではロッドバランサー的役割をするので、強度とロッドバランスを取るという2つのいいトコ取りな役割を果たしているのだ。

また、フロントグリップは一見EVAに見えがちだが、実際は軽量なアルミパーツで作成されたオリジナルフードであり、人差し指が当たる部分にはノンスリップラバーを使用!!コレがEVAに見える部分なのだが、ノンスリップラバーの方が圧倒的に軽量なのだ。

なので、グリップのバランスはリアに自重の高いモノを持っていき強度を確保し、フロントは必要最低限のサイズと軽量化を図り、ロッドバランスを高める設定になっているのだ。

また、グラスロッドのみリアグリップをストレートに設定し、巻物使用時の安定感とキャスト時のグリップ力をアップしているのです!!

細部にこだわり・・・

一切の妥協無くテストを繰り返し・・・・

納得いく最高のロッド・・・

それが、今回発売となったデュナミスTHPなのです!!

そして、今回発売となったのは全10機種中6機種!!

CROSS ROUNDER DTHP-68M

SPEC/★Length:6ft8in ★Power: Medium  ★Lure weight:5/8oz Max  ★Line:16lbMax  ★Action:Regular Fast ★Self Weight 139g

CROSS ROUNDERはMパワー設定の軽量級オールマイティーロッドである。

実際、琵琶湖では10cmオーバーのジャークベイトやバイブレーション・1/4~1/2オンススピナーベイト・クランクベイトにチャターベイトなどなど・・・その万能性はデュナミスTHPNo.1!!また、若干ファーストテーパー寄りに設計したレギュラーファーストテーパーは前途したハードベイトのみに限らず、テキサスリグやヘビダン・ビックワームノーシンカーなどワーミングにも適した設計になっています!!

まぁ、琵琶湖以外でも一番使う事が多いのがこのCROSS ROUNDERですね!!

 

BEAST STING DTHP-610MH

SPEC/★Length:6ft10in ★Power: M-Heavy  ★Lure weight:3/4oz Max  ★Line:18lbMax  ★Action: Fast ★Self Weight 164g

お次は「ビーストスティング」

琵琶湖で最も使用頻度の高いロッドはMH・H・XHパワーのこの3つ!!

これガイド時に良く言うんですが、やっぱMHの使用頻度は高い。

基本ベースのルアーウェイトが重い琵琶湖ではMHが中量級のルアーをカバーするロッドと言えます。

主に、7g~10g程度のテキサスリグ&同ウェイトのマキマキや7g・9g・11gのエッグボールなど、操作系の中量級に向いていますが、一見エクストラファーストテーパーで操作性の良いと感じるテーパーデザインは、重さがのるときっちり曲がるファーストテーパー!!

なので、操作系以外にも3/8前後のスイムジグやチャターベイトなどの巻きながらもウィードを切っていく事が必要な琵琶湖で多用される操作系の巻く釣りにもベストマッチな1本なのです!!

僕自身、多い時はガイドにこのBEAST STINGを3本積んでる事もあるぐらい、使用頻度の高いロッドです!!

 

MIGHTY FUNCTION DTHP-71H

SPEC/★Length:7ft1in ★Power: Heavy  ★Lure weight:1-1/2oz Max  ★Line:25lbMax  ★Action:Regular Fast ★Self Weight 170g

こちらも使用頻度の高いHパワーの「マイティーファンクション」

Hパワーのロッドって満遍なく使えるように、高弾性ミックスで張りをもたしてレギュラーやスローなテーパーで設計する事が多いんですよね・・・・実際は。

デュナミスTHPのHパワーはそんなんを捨てさせていただきましたっ!!

このMIGHTY FUNCTIONは近距離でのピッチングや細かな操作を必要とするようなワーミングには正直向いてません。

ただ、琵琶湖で多用されるヘビーウェイトのスイムジグやスピナーベイトなど、ラインにテンションの掛かり続ける横の釣りにおいて最大級のパフォーマンスを発揮する設計になっているのです!!

一見、だるいと感じるティップアクションはHパワーのロッドでは存在しなかった、吸い込みの良さを発揮するので、ヘビーウェイトルアーの横の釣りでもバスに違和感無く食い込ませ、Hパワーからくるバットパワーがフッキングを決め、一瞬たりともバスに主導権を渡さない設計になっているんですね。

また、テーパーはレギュラーよりなレギュラーファーストに設計しているので、ルアーの乗りもよくヘビーウェイトのルアーをしっかりキャストできるテーパーになってるんです!!

そして何より、最高に使ってみてほしいのが、琵琶湖のフロッグゲーム!!

キャストの決めやすいテーパーが軽量なフロッグもバシバシ飛ばし、前途しただるいと感じるティップアクションがフロッグに簡単にアクションをかけてくれるのです!!

また、オリジナルのセッティングで組んだFUJILNガイドマイクロセッティングがPEラインの糸絡みも軽減。

ガイドをやってると、タックルや技術によってフロッグにアクションをかけれるお客様が100%とは言えません。

やはりHパワーのロッドでアクションをかけるというのは簡単な事ではないんです。

だからこそ、誰が使っても簡単にアクションをかけてマットからバスを引っ張り出してこれるロッドが欲しかったんです。

このMIGHTY FUNCTIONは、琵琶湖の特化したパターンにオールマイティーに対応した琵琶湖特化型ロッド!!

是非一度お試しを!!

 

INTRUDER DTHP-70XH

SPEC/★Length:7ft ★Power: X-Heavy  ★Lure weight:2oz Max  ★Line:30lbMax  ★Action:extra Fast ★Self Weight 167g

マイティーファンクションとは相反するヘビー級操作系ロッド

「イントゥルーダー」

マイティーファンクションが横の釣りなら、イントゥルーダーは縦の釣りに特化したモデルと言えます!!

琵琶湖のガイドで7割近くの使用頻度を占める、ウィードカバージグを始めヘビテキやハネラバなどの縦形琵琶湖特化型なのだ。

ただただ、ウィードの切りやすさを求め追及されたエクストラファーストのテーパーデザインは若干の投げづらさを生むものの、ウィードの切りやすさは抜群なのです。

僕自身、センチ単位でジグを動かしウィードを外していける・・・・そんなロッドが欲しいという、ある意味僕のワガママロッドであります(笑)!!

 

STEELE SHOOTER DTHP-70MG

SPEC/★Length:7ft ★Power: Medium  ★Lure weight:1oz Max  ★Line:20lbMax  ★Action:Regular Fast ★Self Weight 160g

今回の発売の中で唯一の巻物専用グラスマテリアル使用

「スティール シューター」

 デュナミスTHPシリーズはとにかくパワー&トルクを優先したパワーロッドであり、軽さというものはそこまで意識してません・・・・笑。

まぁ、ある程度は意識してるんですが・・・・

ただ、グラスマテリアルはそもそもトルクがあってパワーのある素材。

なので、元々の素材自体が重いがパワーがあって良く曲がり反発力が少ないから巻物に向いてるんですね。

だからこそ、グラスマテリアル使用のロッドのみ軽さにこだわりました!!

通常のグラスは重さからくるだるさが良いのですが、そのだるさを残したまま軽くする事が出来たら言う事なし!!

そんな、他にないロッドを作りたかったんです。

100%グラスマテリアルを使用するのではなく、反発力の生まれないギリギリまで低弾性カーボンミックスし、グラスマテリアルとカーボンマテリアルのコンポジット素材にする事でパワーと乗りやすさを残したまま、軽さを生む事が出来たのです。

琵琶湖では、バイブレーションやビッククランクなどをメインにバズベイトや表層系ジョイントミノーなど、グラスマテリアルとは思えない万能性の高さを発揮するロッド・・・・

それがSTEELE SHOOTERなのです!!

 

DIRTY FLICKER DTHP-75XXH

SPEC/★Length:7ft5in ★Power: XX-Heavy  ★Lure weight:3oz Max  ★Line:35lbMax  ★Action:Regular Fast ★Self Weight 181g

デュナミスTHP最強スペックロッド

「ダーティーフリッカー」

もう言うまでもなく最強スペックのロッド!!

1oz以上のシンカーを使用したヘビテキ&パンチングに使用用途を設定し、近距離でのフルフッキングに対応すべくテーパーデザインをレギュラーファーストにし、ロッドパワー最大限に生かせる設計となっており、ラインの伸びのないPEラインを使用した時にスムーズに手元にパワーを伝えてくるため、ロッドをキッチリ胸元までよせる事が可能。

これがパンチングロッドで最も大事なとこ!!

なんなら、一番「曲がり」=「トルク」という言葉を体験できるロッドなんです。

負荷をロッド全体に分散し、マットの奥で暴れるモンスターバスも容赦なくひっこ抜ける!!

これがDIRTY FLICKERに求めたモノなんです!!

近距離戦でのパワーフィッシングに一番大事な曲がる要素を最大限に詰め込んだデュナミスTHP最強ロッド・・・・DIRTY FLICKERを是非、試してみて下さい!!

以上が今回発売になった6機種!!

今後、グラスシリーズやベイトフィネスシリーズなども追加予定ですが・・・・

正直、琵琶湖のベースはこの6機種があれば完璧!!

なんで、これからの追加機種はより特化したモデルになるかな・・・・・まぁまだ内緒ですが(笑)

まずはこの6機種を使って、琵琶湖を最大限に楽しんで頂けたらと思います!!

やっぱ琵琶湖は琵琶湖的な釣りを楽しめたら、今より更に楽しい世界が待ってますからね!!

ヘビテキ・パンチング・フロッグにスイムジグ・・・・そして僕が大好きなフルサイズジグなど、楽しむ範囲は無限大なので・・・・

デュナミスTHPを手にとって・・・是非!楽しんで下さい!!

長々・・・・最後まで読んでくださった方・・・・・ありがとうございます!!

たまにゃー・・・・書くんです(笑)