輝ける黄昏を目指して

なんやら、かんやら雑多なことを・・・

新ロードバイク デローザSK見参

2016-09-21 | 自転車
デローザ・ネオプロのフレーム折損に6月に気付いて以来、俺には折りたたみロードバイク タイレル FSXしかなかったわけだが、ショップから2016年モデルだがデローザSKのブルーが国内にあると連絡があった。2017年モデルはいつ入荷するか分からないし、スペックは2016年と変わらずこのカラーも継続されるんで、これで手を打つことにした。
そのデローザSKが組み上がって届いた











俺なんかの車好きからすると、フェラーリは買えんけどデローザなら買えるっちゃもんね〜だよ・・・何せ、あのピニン・ファリナが設計したっちゃからね〜
色は今までのグリーンからグッと変わって、Water Blue(国内ではBlue Black glossy)の艶あり
シューズもヘルメットもグリーンっちゅうのが困ったもんだ


今朝は試走を兼ねての朝練



真っ暗な中を走り出して・・・5時25分
3kmほど走ったら、ライトが突然切れて真っ暗、ついでにリヤライトもぼんやりしか点かん。慌てて引き返し



ライトを取り替えて再出発・・・5時54分

垂水公園に登っていたら帰りが遅くなるんで



県道9号西環状線を経て、北中前へ



柳瀬橋を渡って



県道17号南俣宮崎線に入り・・・ポケットから出したカメラの設定ダイヤルがズレてモノクロになっちゃった



平和台大橋に向かい



無事帰宅・・・6時31分
年齢による体力低下を考えて、このデローザSKは以前のネオプロより1サイズ小さくしたが、特に違和感は無かった。ただステアリングフィールとしては何か粘っこい感じがしたが、きょうは平坦でコーナーが少なかったんで良く分からん。いつもの朝練コースを走ってみると分かるじゃろ。


走行データ:開始 5:18:00
      距離 24.1km
      正味走行時間 1:00:45
      正味時速(平均/最高) 23.8/57.5
      獲得標高 60m
      CAD(平均/最高) 813/119
      HR(平均/最高)120/156
      消費カロリー 527kcal
累計走行距離:9月 203km
      2015年 3,627km
      De rosa SK 24m
      Tyrell 3,507km
      ロードバイク歴累計 62,945km


昨夜は



ドミグラスとホワイトソースのライスグラタン

今朝は



定番茶がゆ

お昼は



愛妻弁当


人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています
               クリック頂けると幸いです


ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 台風16号襲来 | トップ | デローザ・ネオプロの引退先は? »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
SKのサイズ (井伊久一)
2017-07-14 17:56:14
突然の書き込み失礼します。井伊と申します。
今SKの購入を考えております。
色は青で決まりなのですが、サイズで悩んでおります。
身長が172なので50か52の選択になります。
ショップでは52を薦めてきますが、合わせるステム(110)とハンドルのリーチ(80)を考慮すると現行車よりもサイズが大きくなります。
ブログ主殿は現行車より小さめを選択されたとのこと。
比較の対象が手前とは異なりますが、現在まで乗られてきてサイズ感はいかがでしょうか。差支えなければご教示いただけますようお願い申し上げます。
コメント (itijouji1969)
2017-07-15 09:32:51
◎井伊さん

ありがとうございます。
この記事に書いていますように、以前はデローザ・ネオプロのスローピングでサイズ45(トップチューブ52.5)に乗っていました。
今回のSKはホリゾンタルフレームなのでシートピラーの突き出し量(見た目をカッコ良く(笑))を考慮したのと、70歳にもなるので前傾姿勢が苦しくなるであろうとのショップの配慮からサイズ46(トップチューブ50.3)にしました。
ネオプロではブラケットとサドルの高低差40mmで乗ってましたが、SKは老化対策で20mmで組んでありましたので、少し窮屈でした。そこで5mmのコラムスペーサーを外し、高低差を10mm増やしたところ具合が良くなり今のところ快適です。
ネオプロ時代はサドルを少し前目にセットしていましたが、SKでは標準の中心で乗っていますので、このサイズでOKのようです。
因みに私は身長170cmですが、足は短めの時代なりの日本人スタイルです(笑)。
この記事ではハンドリングが粘っこい?としてますが、ネオプロに比べ今は逆にクイックに思えます。
そして下りが格段に安定してますね、ネオプロでは時速60kmを超えるとウォブリングが発生することがありましたが、今は全くありませんので安心です。
そして今回25cのチューブラーを初めて履きましたが、巡航速度が上がった気がします、是非試されませんか?
以上、こんなところで如何でしょうか?
もっと詳しくお知りになりたければ、メールを頂ければ有り難いですね。
今後ともよろしくお願い致します。
Unknown (井伊久一)
2017-07-15 19:01:23
itijouji1969様
早々にご返事いただきありがとうございます。井伊です。
私は神奈川県横浜市在住で今年3月に還暦を迎えました。itijouji1969様よりちょうど10歳後輩にあたります。よろしくお願いします。
ロードバイクは2005年からピナレロを2台乗り継いできました。今回初めてデローザへの乗り換えを検討しています。
デローザとピナレロのジオメトリを単純には比較できないので、フレームサイズを決めるのに「身長」という基準値にこだわっていたのですが、ハンドルやサドル等のパーツ類とのバランスという点に改めて気づかされました。
ご指摘は理に適っていますし、実際に体感されている状況が理解できます。
貴重な体験談、アドバイスをありがとうございます。

デローザは今月19日に2018年モデルのお披露目があり、SKは二つの新しいフレームカラーが発表されるとのことです。
ショップ経由でその情報を得た後に最終的にサイズ、カラーを決めようと考えています。

この度はありがとうございました
今後ともよろしくお願いいたします。
決めました (井伊久一)
2017-07-23 22:36:11
SK2018年モデルは価格据え置き、2色の追加と廃番でした。色的にはインパクトに欠けた印象でした。
ホリゾンタル好きな私にとってSKのフレームデザインの比類なき独創性はとても魅力的です。
ただ1点悩ましく思うのがステムの両サイドからトップチューブに引き入れるケーブルの取り回しです。
これは元々電動式システムに配慮したデザインのため、機械式ケーブルの対応処置、とのようです。
当初アルテグラDi2で考えていましたが、7月8月には次期モデル発表、年内に発売との予定が組まれているようです。
そうなるとこのタイミングでの旧型アルテDi2導入は後々後悔することが目に見えています。
であればDura_Di2となるのですが、Duraの電動システムの価格が大したものです。

今回は同時にPINALELLOのF8も検討していました。
後継モデルのF10が出た今、F8の18年モデルはなく国内代理店の旧年モデルの在庫限りになりますが、その代わり値引を多く引き出せます。
F8は名車だと思います。手に入れるなら最後のチャンスだと思います。
そしてSKとF8の競合となりました。
価格的には、SK+電動式Dura < F8+機械式Dura でした。
旧年モデルとは言え、F8は決して安くはないです。
SKも電動を乗せると、F8との大差がなくなります。
気持的には、SKのオールラウンダーモデル > F8のピュアレーシングモデル でした。
但しどうしても電動式が欲しい訳ではありません。

結論、F8にしました。
私にとって不要な要素は何かを問い詰めて決めました。
あの「悩ましさ」に拘らなければ、SK+機械式Duraで決まったと思います。

私にとってF8が最後の自転車になると思います。なのでいろいろな面で悩みました。拘りました。
itijouji1969様には私の不躾な問いを正面から受け留めて有益なアドバイスをいただきありがとうございました。
また結果的にSKオーナー仲間にはなれませんでしたが、今後は日々の貴ブログ記事を拝見すること楽しみにしています。

ありがとうございました。
長文の (itijouji1969)
2017-07-24 14:32:06
◎井伊久一さん

コメントありがとうございます。
いつもは寂しいコメント欄が大変賑やかになり感謝しています(笑)

ピナレロF8ですか、いいですねぇ。
初期モデルのドグマには友人2名が乗っていたんですが、レーシングモデルとは言えあまりのハードなフレームに音を上げてしまい、結局手放したことを思い出します。
その頃からするとこのシリーズも格段に乗りやすくなったみたいですね。それでもトップモデル、もっと頑張れ!とバイクに責められて練習に熱が入ることでしょう。

私はカンパファンなので、内外価格差に悩んでいます。昨年、奥さん用の折りたたみロードバイク タイレル FSXを電動化しましたが、レコードEPSを海外購入し自分で組み付けざるを得ませんでした。

そして私自身は本格的に乗り始めたのは60歳からで、63歳頃が一番速かった気がします。
井伊さんも今からですね、怪我などされぬよう頑張って下さい。

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事