ハッピータイム!!いい場所で~いい出会い~

友達との食事会や旅行などの、気まぐれ日記!

けんたんの所へ

2013-11-30 | 家族

          乙葉ちゃんのお宮参りに行ってきます!!

        

                          (Fさんの御主人に、また印鑑を作ってもらいました)

コメント

仲畑流万能川柳!!

2013-11-28 | 川柳!!

        テレビにも  脚があったの  信じぬ子

           

              昔はそうでしたよね。何歳までの人が知ってるのかな?

 

       かくれんぼ  「ごはんよ」で  鬼いなくなる

 

              昔は、小さい子も大きい子も、一緒に遊んでましたよね。

           神社の境内で、缶けりしてかくれんぼするのが好きでした!!

 

       たたかれた  後で抱かれて  いく西瓜

 

              たたいて、いい音だったら、お店の人が薦めてくれました。

          昔は、西瓜を切って、売ってなかったですよね。 

 

      五輪かぁ~  白黒テレビ  思い出す

 

             私が、東京オリンピックで覚えているのは、重量挙げの三宅選手。

          国旗が上がるのを、喜んで見てた記憶があります。

 

      無邪気な  子供の頃が  懐かしい  (zukorin作)

 

            どうして、あんなに楽しかったんだろう~ 何も考えてなかったからかな?

    

コメント

記念のふくろう

2013-11-27 | ふくろう

                   「 ノンが来た時に、門司港レトロで

                   見つけた 記念のふくろう 」

             

                     門司港の栄町銀天街で閉店セールのお店が・・・

                      そこで見つけたふくろう!!半額で買えたんですよ~

                      けっこう、大きいので飾りがいがあります。

                      ノンが遊びに来てくれた記念のふくろうになりました。

コメント

シャコサボテン!

2013-11-26 | 植物・魚・自然

       「 今日の誕生花 」

             

          我が家のシャコサボテン!

          左側は、ベランダで・・・・  右側は、部屋の窓際・・・・・

          部屋の中のシャコサボテンは、蕾がないけれど、

          ベランダは、しっかり蕾が付いています~~~

          たぶん、白い花だったと思うけれど、咲くのが楽しみです!!

コメント

公孫樹の木

2013-11-25 | ランチ情報

  一度行ってみたかったお店です。

  八幡西区鳴水にあります。(駐車場はさわやか鳴水館敷地内)場所がちょっとわかりにくい場所でした。

  でも、お客さんはいっぱい来ていました。お店からの眺めです。 

                  

                 「 公孫樹(いちょう)の木 」   093-641-7678

        ランチ1600円コース

            お通し  旬の物    大根のすり流し

             

             冷たくって、大根の甘さと出汁が、うまく混ざり合って美味しかったですよ。

            

           前菜  (めんたいのシンジョウ・豚ロースサラダ風・海老の陣笠)

               

            向付 二点盛り。  鍋 豆乳鍋

                

           替鉢  魚料理 (本日は甘鯛の金山寺味噌かけ)

               

                今日の料理の中で、一番お気に入りかも・・・・

                          味噌の味が、淡白な甘鯛と合ってましたよ。

          

          熱物 (いか饅頭) 御飯 (ぎんなんご飯) 香の物 赤出汁 デザート

                

           

                  料理の味は、年配の方にも喜ばれるやさしい味です。

                  ちょっと、贅沢なひとときを過ごすには、とてもいいお店です。

                  行く時は、予約を入れて行った方がいいかもしれませんよ。                   

         

                   

コメント

紅葉ツリー!!

2013-11-24 | 好きな風景

                         「 紅葉ツリー 」

        

                        私が、見つけた紅葉ツリー!!

                                 すごいと思いませんか?? 

                  小倉の人なら、どこの場所だかわかるでしょうね~~

 

コメント

赤い花!!

2013-11-23 | 植物・魚・自然

  今日、兄の四十九日の法要と納骨が無事に終わりました。

  母は亡くなってから、黒アゲハになったと自分の中で思っている私。

  それでは、兄は・・・・・

          

     兄が病院にいる時、散歩の途中で見つけた草を持って帰り、挿し木をしました。

     兄の亡くなった次の朝に、その草に小さな赤い花が咲いたんです。

     いつのまにか根付いていたんですね。

     なんか不思議な感じがして、その花が兄のような感じがして・・・・・

     今は、花が咲いていないけれど、ずっと我が家のベランダで元気でいてほしいなぁと思う私です。     

コメント

どんぐり弁当

2013-11-22 | キャラ弁

            

                              ちょっと見にくいけれど、顔を横にして見てください~

                みーたんは月曜日から3日間、幼稚園を休んだそうです。

                   せーたんも、昨日から咳き込んでいるそうです。

                   みんなも、風邪には気をつけて下さいね~~~

コメント

屋根部屋のプリンス

2013-11-21 | 韓流ドラマ

             「 屋根部屋のプリンス 」      (全20話)

       

            出演者      ヨン・テヨン。イ・ガク    (パク・ユチョン)

                       パク・ハ           (ハ・ジミン)

                       ヨン・テム          (イ・テソン)

                       ホン・セナ          (チョン・ユミ)

                     ★三人の家来

                       ソン・マンボ         (イ・ミノ)

                       ウン・ヨンスル        (チョン・ソグォン)

                       ト・チサン           (チェ・ウシク)

        (ストーリー)

             不可解な死を遂げた最愛の妃ファヨンの事件を捜査している途中、

             何故か300年後のソウルにタイムスリップ。

             たどり着いたのは、独り暮らしをするパク・ハの屋根部屋に・・・・

             韓国ドラマの新ジャンル「ロマンス・フュージョン時代劇」の人気№1だそうです。

 

              お気に入りのドラマの一つになりました。

                  時代劇と現代版が一緒になっていて、笑えるドラマ。

                  現代で、世子(せじゃ)様がしゃべる言葉がちぐはぐなのが可笑しくって!!

                  また、三人の家来が、けっこうおもしろい存在。

                  女優さんも、二人とも綺麗ですよ~時代劇の衣装、私も着てみたいなぁ~

                  パク・ユチョンさんが、かっこいいと思っていたら、

                  東方神起のメンバーの一人だったんですね。知らなかった~~

                  でも、本当にときめいたドラマでした。楽しかったです

                         

              

                      明日からは、「となりの美男」が始まります~       

         

コメント

つわぶきの花

2013-11-20 | 植物・魚・自然

                 

コメント