一原堂便り

こちらは、一原堂・朝倉同窓会です♪

「コツコツは勝つコツ」朝高剣道部 がんばれ!!

2017-07-26 | 朝倉高校

抜き勝負で剣道の日本一を争う玉竜旗高校剣道大会。

朝倉高校剣道部女子は、昨日の初戦を制し、本日の3回戦に進出します。

 

復興の力 剣に込め 「被災地に元気届けたい」

 玉竜旗高校剣道大会第2日の25日、九州豪雨の被災地から出場した朝倉が「地元に明るいニュースを届けたい」と初戦に臨み、勝利をもぎ取った。大会前に被災住宅で泥をかき出すボランティアを務めた選手たち。3回戦進出を決め、「私たちにできることは一つでも多く勝つこと。被災した方々を元気づけたい」と意気込む。

 初戦(2回戦)の相手は勝ち上がってきた加古川北(兵庫)。先鋒の福田成美主将(3年)、次鋒の月俣真梨選手(2年)は引き分け。中堅同士の対戦で田中亜音選手(3年)が勝ち、相手副将と引き分けに持ち込む粘りを見せた。副将の中垣京子選手(同)が小手2本で相手大将を破った。

 「高さ80㌢まで浸水した跡や20㌢ほどたまった泥。被害の大きさを感じた」。被災から2週間後の19日、大将の吉田有希(同)、田中、中垣の3選手は志願して、床上浸水した朝倉市内の住宅の泥を片付けるボランティア活動に参加。変わり果てた風景に言葉を失った。体操服を泥だらけにして学校に戻り、被災者の話も含めて仲間に伝えた。

 「私たちに今、できることは玉竜旗で勝つこと。明るいニュースを被災した人たちに届けよう」。3年生にとっては最後の大会に、新たな決意が加わった。

 そして本番。緊張で体が動かず、切込み隊長としての期待に応えられなかった福田主将は、ずっと手を合わせて勝利を祈り、試合後は一人、涙した。

 「みんなが助けてくれた。きょうの勝因はチームワークの良さ。朝倉市も、みんなが助け合って、必ず復興できる」-。仲間に囲まれ笑顔になった。

                ~~平成29年7月26日 西日本新聞 朝刊~~

 

 私は、入学当時から彼女たちを見てきました。

辛いときも厳しい時も、明るく元気な笑顔で乗り越えてきましたね。その笑顔は、いつもキラキラしていました。周りの人たちまで伝染しゃうほど・・・

 今日の試合も、パワー全開で がんばってください

 応援していますよ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島善三氏(高30)人間国... | トップ | がんばってますね!朝倉高校 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。