itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『虚像の道化師 ガリレオ 7』

2012年08月28日 23時56分07秒 | 書評(東野圭吾)
虚像の道化師 ガリレオ 7
東野 圭吾
文藝春秋


今回は、東野圭吾『虚像の道化師 ガリレオ 7』を紹介します。ガリレオシリーズの第7弾で、4つの短編(中編)集です。また、別の短編を収録したガリレオシリーズ第8弾『禁断の魔術 ガリレオ8』が10月13日に刊行されます。

どちらかというと最初の幻惑すがガリレオらしいという感じで、後の3つはガリレオ先生(湯川学)と加賀恭一郎と区別がつかなくなってきた感じだね。出来としてはいたって普通で、ガリレオシリーズを読んだことがない人にはこの作品から読むのは勧められないかもね。

幻惑す:クアイの会(気功)vs湯川学
心聴す:幻聴の原因は?、草薙のライバルである北原が変われるかどうか?
偽装う:桂木多英の苦悩とは?
演技る:犯人(女優)のトリックは?

コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 小笹芳央『トップ人事コンサ... | トップ | 首相問責を参院可決=今国会... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (BlackSheepMom)
2012-09-23 08:34:04
TBありがとうございます。

第8弾も出るんですね(#^.^#)楽しみです。
Re:TBありがとうございました。 (itchy1976(当サイト管理人))
2012-09-24 00:10:53
BlackSheepMom様コメントありがとうございます。

第8弾も近日中に出ます。これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書評(東野圭吾)」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

「虚像の道化師 ガリレオ 7」東野 圭吾 (デリシャスな本棚)
お待ちかねのガリレオシリーズです。
東野圭吾『虚像の道化師 ガリレオ7』(文芸春秋) を読む (官庁エコノミストのブログ)
東野圭吾『虚像の道化師 ガリレオ7』(文芸春秋) を読みました。タイトルの通り、ガリレオのシリーズ第7作です。最近2作は『聖女の救済』、『真夏の方程式』と長編が続きましたが、この『虚像の道化師』は短編集で以下の4作品が収録されています。 第1章幻惑す (まどわす)...
虚像の道化師 ガリレオ7(東野圭吾) (Bookworm)
ガリレオシリーズ第7弾。短編集。
東野圭吾/「虚像の道化師 ガリレオ7」/文藝春秋刊 (ミステリ読書録)
東野圭吾さんの「虚像の道化師 ガリレオ7」。 新興宗教の教祖が送る念、奇妙な幻聴、不可思議な殺人現場、犯人が仕掛けたトラップ。ガリレオ こと湯川がすべての謎を解き明かす東野圭吾の代表作、「ガリレオシリーズ」の最新短編集。ビル 5階にある新興宗教の道場...
東野圭吾 「虚像の道化師」 (こみち)
JUGEMテーマ:読書感想文      ◆ガリレオ シリーズ   殺人事件の真相も然ることながら   花火の真相は、凄いことを考えるなと感心しました。   この小説は、熱くならずに冷静に...
虚像の道化師 ガリレオ 7 東野圭吾 (花ごよみ)
虚像の道化師 ガリレオ 7 「ガリレオシリーズ」の短編集。 4編から成り立っています。 第一話「幻惑す(まどわす)」 道場から転落した新興宗教の信者の男。 男が勝手に窓から飛び降りたと、 その場にいた者たちが証言。 教祖はその男に対して、 指も触れることな....
虚像の道化師 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 東野圭吾のガリレオシリーズ第7弾となる「虚像の道化師」(文藝春秋)。4つの短編が収録されている。新興宗教の教祖の不思議な力の謎に迫る「幻惑(まどわ)す」、不思議 ...
「虚像の道化師/ガリレオ7」 東野圭吾 (映画と本の『たんぽぽ館』)
うかうかしていると、ついはめられる 虚像の道化師 ガリレオ 7東野 圭吾文藝春秋                       * * * * * * * * *  おなじみ東野圭吾のガリレオシリーズ最新刊です。 4篇の短編からなっています。 第一章「幻惑す(...
『虚像の道化師』<ガリレオ>7 東野圭吾 (【徒然なるままに・・・】)
去年の夏に出てすぐ買ったのに、ずーっと積読状態になっていた本をサルベージ(そんなんばっかだけど)。今放送中の『ガリレオ』の原作(の一部)ですな。読み終わるまでドラマは見ないと決めていたけれど、まだもう一冊あるんだな、これが。 というわけで「幻聴す(ま...