itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『おれは非情勤』

2006年07月22日 23時59分43秒 | 書評(東野圭吾)
おれは非情勤

集英社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『おれは非情勤』を紹介します。本書は、小学生向けの雑誌で掲載されていたものを文庫化したものである。ミステリー作家を目指しているために非常勤教師になっている「おれは非情勤」シリーズが6編と小林竜太という小学生が主人公になった「放火魔を探せ」と「幽霊からの電話」の2編が収録されている。

「おれは非情勤」シリーズの6編は以下のとおりである。全部において、簡単な謎解きに関して、主人公の非常勤教師が探偵となって事件の解決に至る。そして、犯人に当たる生徒たちに対して、非情ながらも暖かい言葉を捨て台詞として語ることになる。
・「6×3」
・「1/64」
・「10×5+5+1」
・「ウラコン」
・「ムトタト」
・「カミノミズ」

「放火魔を探せ」と「幽霊からの電話」は上記の「おれは非情勤」シリーズとはまったく絡まない。ある意味において、ボーナストラック的な作品といえる。小林少年がなぞを解くような話になっている。「幽霊からの電話」は、最後ほっとして和むような作品だったと思う。

本書で気になる言葉や発言は、「人間ってのはさ、好き嫌いがあって当然なんだ。だけど、確かなことは、人を好きになって得をすることはたくさんあるけれど、嫌いになって得することはめったにないことさ。だったらわざわざ嫌いな人間を探す必要もない。」が一番気になりました。わざわざ、自分から嫌いな相手を探す必要はないと思う。嫌いという感情がそもそも負の感情だから、負の感情を思っていたら気が晴れないからね。

コメント (8)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« オシム監督日本代表監督就任 | トップ | 大雨も天災という形になるん... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBしました (izura)
2006-07-25 09:44:06
初めまして。よろしくお願いします。

記事に書かれている「オレ」の言葉は

私もとても印象に残りました。

けっこういい先生なんですよね、彼^-^
Re:TBしました (itchy1976(当サイト管理人))
2006-07-25 23:36:53
izura様コメントありがとうございます。



確かに、主人公のオレの言葉はよかったとおもいますね。意外といい先生かも知れないと思う。



それでは失礼します。
Unknown (catcat)
2010-04-15 22:12:49
TBしてくださってありがとうございます。私も読書が大好きです。よかったらまた遊びにいらしてくださいね。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-04-15 23:35:29
catcat様コメントありがとうございます。

私も読書が好きです。また訪問したいとおもいます。また、こちらのサイトにも訪問お願いします。

こらからもよろしくお願いします。
非常勤 (koo)
2010-12-04 04:57:03
TBどうもです!
非常勤の言葉、はっとさせられていいですよね。
Re:非常勤 (itchy1976(当サイト管理人))
2010-12-06 23:57:46
koo様コメントありがとうございます。

そうですね。主人公の言葉よかったですね。意外といい先生なのかも。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (景牙)
2010-12-17 20:18:30
東野作品の中でも、お気に入りの作品です。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-12-19 02:16:23
景牙様コメントありがとうございます。

この作品は東野作品の中で意外な掘り出し物なのかもしれないですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書評(東野圭吾)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

▲「おれは非情勤」 東野圭吾 集英社文庫 500円 2003/5 (「本のことども」by聖月)
今週末は鹿児島へ。 子供の父親参観にあわせて(^^)v 本当は20日の嫁さんの誕生日にあわせようと思っていたのですが・・・ 嫁さんに“どっちにあわせて帰ろうか?”って訊いたら、 “あたしの誕生日はまだまだ何回もあるけど、父親参観に出る機会はいつかなくな ...
(書評)おれは非情勤 (たこの感想文)
著者:東野圭吾 小学校の非常勤講師をつとめる「おれ」が、そこで起こる事件を解決し
東野圭吾 「おれは非情勤」 集英社文庫 (無節操ニンゲンのきまま生活)
東野 圭吾 おれは非情勤 現在東野圭吾さんにハマリ中の私です^-^ 一度読み出すと止まらないし、最後まで展開がつかめないので 読書の楽しさを存分に楽しめるんですよね~ そんな人気作家東野さんが小学生の雑誌向けに書いた短編ミステリー集が こ ...
『おれは非情勤』東野圭吾 (日々のつぶやき)
   ☆本プロからの移行☆ 「おれ」は小学校の非常勤教師。色々な小学校を渡り歩いている日々の中、赴任先で様々な事件に遭遇し解決をしていく。 ちょっとトリックが簡単すぎて、なんで?と思っていたら、学研に掲載されていたものだったのですね。 でも小...
おれは非情勤/東野圭吾 (しょ~との ほそボソッ…日記…)
おれは非情勤東野 圭吾 集英社 2003-05by G-Tools 東野さんの本が図書館から消えた!!? 全然棚にないんですよね。 いっさつ残っていたのがこの...
おれは非情勤 〔東野圭吾〕 (まったり読書日記)
おれは非情勤 (集英社文庫)東野 圭吾集英社 2003-05売り上げランキング : 57461おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 推理作家をめざして修業中のおれは、小学校の非常勤講師。 派遣される学校では必ず怪事件が! “ハードボイルド非情勤”と子供た...
東野圭吾 「おれは非情勤」 (ご本といえばblog)
東野圭吾著 「おれは非情勤」を読む。 このフレーズにシビれた。  すぐにみんな忘れちまうさ。それなのに本人だけがくよくよ悩んでるなんて、馬鹿みたいだと思わないか。おまえたちは、もっとスケールの大きなことを考えろ。何事にも逃げちゃだめだ。逃げて解決すること...
講 ~「おれは非情勤」~ (サナダ虫 ~解体中~)
「おれは非情勤」(著:東野圭吾)を読んだ。 「おれは非情勤」 「放火魔をさがせ」 「幽霊からの電話」 この3作品を収録した連作短編集? 感想。 ?文庫本カバー、インパクトあり過ぎ。 ?小学校に財布(金)なんか持ってくんな!せめて給食費だ! ?とんでもね...
「おれは非情勤」東野圭吾 (書道楽ブログ)
最近、本を読むペースが上がっています。でもそれは私のせいではなく、手にした本が読みやすくて面白いからでしょうね。
おれは非情勤 (東野圭吾さんのファンブログ)
東野圭吾さんの「おれは非情勤」の感想です。非常勤講師の主人公がクールに、鮮やかに事件を解決する爽快傑作短編集。...
おれは非情勤 (mmjブログ)
東野圭吾著 集英社文庫 1997~1998年に学研の「学習」に掲載されたものを2003年に文庫化。 小学校の非常勤講師「おれ」が赴任先で発生する事件(殺人事件やら殺人未遂じけんやら、小学校とは縁遠そうな事件もあり)を解決する。 以下の6本+ジュブナイルな短編2本。 ...