itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

金城一紀『レヴォリューション No.3』

2009年11月21日 21時59分50秒 | 書評(その他著者)
レヴォリューション No.3 (角川文庫)
金城 一紀
角川グループパブリッシング

このアイテムの詳細を見る


今回は、金城一紀『レヴォリューション No.3』を紹介します。本書はゾンビーズシリーズの第一弾である。生物の授業中のドクター・モローの言葉が発端だった。「君たち、世界を変えてみたくはないか?」この言葉に感化された48名の人数でサ・ゾンビーズが結成された。中心人物は、南方、朴舜臣(パク・スンシン)、萱野、山下、ヒロシ、アギーである。特に史上最弱のヒキを持つ山下はいろんな意味でも面白い。いろいろな個性がぶつかりながら仲間たちとバカをしながら時を過ごすのがうらやましいなと思う。そのつなぎとめる潤滑油になっているのが山下かなと思う。

3つの短編を紹介します。
「レヴォリューション No.3」:ゾンビーズ結成。聖和女学院の学園祭に潜入してナンパをする。2年連続失敗し、3年生になって、学園祭の潜入に成功して、無事にナンパまで持ち込めるか?

「ラン、ボーイズ、ラン」:急性リンパ性白血病でなくなったヒロシの墓参りをするために、沖縄旅行をするためにアルバイトをし、その軍資金を山下に預けたら、カツアゲされ120万とられた。その犯人を捜索するのと同時にもう一度アルバイトをし、金をためるのである。

「異教徒たちの踊り」:ストーカー被害に悩む吉村恭子をゾンビーズの面々が守り、犯人を捕まえる。ストーカーは意外な相手だった。いくらゾンビーズでも善悪の区別はつくのだ。

コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 荻原浩『ハードボイルド・エ... | トップ | 東野圭吾『卒業』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
愛すべき男の子たち (日月)
2009-11-22 21:30:03
格差社会に自らの流儀で風穴を開けようとするゾンビーズたち。あほで愛すべき男の子たちです。読んだあと、叫びながら走りたくなりました。
年をとっても読むと熱いものを感じさせてくれる小説だと思います。
大好きです。ザ・ゾンビーズ。
Re:愛すべき男の子たち (itchy1976(当サイト管理人))
2009-11-23 04:59:53
日月様コメントありがとうございます。

アホなやつらなんだけど、意外と正義感が強くていいやつだと思います。

ゾンビーズシリーズの続編(第四弾以降)を期待します。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (苗坊)
2009-11-23 23:56:18
こちらにも失礼いたします。
ゾンビーズは大好きです。
みんな人間くさくてバカでかっこいいです。
こんな人たちが近くにいたら、きっと楽しいだろうとも思います。
悲しい事もありましたけど、ゾンビーズは永遠です。
続編が出て欲しいなぁとずっと思っています。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2009-11-24 00:57:22
苗坊様コメントありがとうございます。

「みんな人間くさくてバカでかっこいいです。」という記述に共感します。個人的には、山下はかっこいいのかな?(笑)

金城氏は遅筆なのかな。第4弾以降の作品も読んでみたいですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書評(その他著者)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

「レヴォリューション No.3」  金城 一紀 (心に残る本)
金城一紀の本、集中的に読んでます。 「レヴォリューション No.3」は、金城 一紀のデビュー作だそうで、本書の中の一編が小説現代新人賞受賞作...
レヴォリューションNo.3(金城一紀) (Bookworm)
「ゾンビーズ」シリーズ第1弾。 以前から気になっていて、ようやく読めました。いや~面白かった!続編も早く読みたいよー。
レヴォリューションNo.3 〔金城一紀〕 (まったり読書日記)
レヴォリューション No.3金城 一紀 角川書店 2005-04-28売り上げランキング : 48238おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 君たち、世界を変えてみたくないか? オチコボレ高校に通う「僕」たちは、三年生を迎えた今年、とある作戦に頭を悩ませていた...
「レヴォリューション No.3」 金城 一紀 (日々の書付)
読んだあと訳もなく「うおぉーーーー!!」と叫びながら走りだしたくなる話、「レヴォリューション No.3」。 噂のゾンビーズシリーズ第一弾、新宿の落ちこぼれ男子校に通う「ザ・ゾンビーズ」の仲間たちの物語。 高校一年の十月、 「君たち、世界を変えてみたくはな...
レヴォリューション NO.3/金城一紀 (狭間の広場)
レヴォリューション No.3 (角川文庫 か 50-2)/金城 一紀 ¥540Amazon.co.jp 【オチコボレ高校に通う「僕」たちは、三年生を迎えた今年、とある作戦に頭を悩ませていた。 厳重な監視のうえ、強面のヤツらまでもががっちりガードする、お嬢様女子高の文化祭への突入が...
レボリューションNO,3 金城一紀 (苗坊の徒然日記)
レヴォリューションNo.3 オススメ! 「レボリューションNO.3」 南方は有名な高校がいくつもある地域の中のオチコボレ男子校に通っている。 そのなかの「ザ・ゾンビーズ」の一員だ。女で金を稼ぐアギーに、父親が刑務所に服役中のために自らが家族を養っている萱野...
「レヴォリューションNo.3」金城一紀 (読書感想文 と ブツブツバナシ)
「レヴォリューションNo.3」金城一紀 オチコボレ男子校に通う男たちは、 生物教師ドクター・モローに刺激され、 ”ザ・ゾンビーズ”を結成!! ある、壮大な計画をたてる!!! レヴォリューションNo.3 ラン、ボーイズ、ラン 異教徒たちの踊り    の3編。...
金城一紀「レヴォリューションNo.3」 (ご本といえばblog)
金城一紀著 「レヴォリューションNo.3」を読む。 このフレーズにシビれた。  もしも、神様が本当にいるなら、こいつを助けてやってくれ。それが無理ならせめてこの雨を止ませてくれ。俺の体はちっぽけで、こいつの体が濡れないように守ることができないんだ……。 [巷の...