itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全頭処分に深まる苦悩=宮崎牛、補償めぐり国と溝も―口蹄疫感染確認から1カ月

2010年05月20日 23時58分30秒 | 時事・経済・政治・社会・科学・ITニュース
全頭処分に深まる苦悩=宮崎牛、補償めぐり国と溝も―口蹄疫感染確認から1カ月

宮崎県で家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある家畜が見つかってから、20日で1カ月。感染が疑われる農場や施設は19日時点で146カ所に達し、殺処分対象となった牛や豚は約12万5000頭に上る。国は川南町など発生集中地域を中心にワクチン接種後の全頭殺処分の方針を表明。最終的な処分頭数はさらに20万頭ほど増える見通しで、畜産農家を中心に地元の苦悩は深まるばかりだ。

今は、感染が広がらないようにするしかない。そのときに、国なり県がどう畜産農家を救うかというところも考慮に入れるべきポイントになるかもしれない。

コメント   この記事についてブログを書く
« 読書メーターの読んだ本リス... | トップ | 安全機能の搭載義務化=使い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事・経済・政治・社会・科学・ITニュース」カテゴリの最新記事