itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奥田英朗『オリンピックの身代金』

2009年04月25日 23時59分43秒 | 書評(奥田英朗)
オリンピックの身代金
奥田 英朗
角川グループパブリッシング

このアイテムの詳細を見る


今回は、奥田英朗『オリンピックの身代金』を紹介します。東京オリンピックが開催されようとするときに、警察を狙った爆破事件が起こった。これは、国民に伝わることはなかった。最後には、オリンピックを妨害するという。内密に捜査している警察側と東大生島崎国男との攻防は見ものだ。これは、長編大作で社会派サスペンスなんだろう。物語は節ごとに、島崎国男、警察官僚を父にもつテレビ局勤務の須賀忠、警察側が交互に話が展開される。

昭和39年は、貧富の差が激しい時代だなと感じます。島崎国男が夏休み中飯場でアルバイトを始めてから、周りの働いている人がぜんぜん報われない姿を見て、この社会をどうにかしたいという気持ちから犯行を決意するまでの姿といいますか心の動きはわかるところがあります。警察側との攻防で島崎国男がつかまってほしくないなあという風に思いましたから。

警察が嫌いなわけではないが島崎国男を犯罪へと駆り立てた社会背景はわからないではない。学生の島崎国男が警察に何かをやってやろうと思った動機背景を探るのもいいと思うし、警察側と東大生島崎国男との攻防を楽しむのもいいと思う。

コメント (6)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 矢口敦子『証し』 | トップ | 宮本哲也『賢くなるパズル か... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (よっちゃん)
2009-04-26 23:42:43
昭和39年は東京で大学3年生でした。アメリカの北爆反対の学生運動に参加し、過激ではなかったけど騒いでいた時代でした。とても懐かしい思いで楽しめた作品です。
Re:TBありがとうございました (itchy1976(当サイト管理人))
2009-04-27 01:26:22
よっちゃん様コメントありがとうございます。

昭和39年の頃をご存知なんですね。私はその頃はまだ生まれていませんので、当時のことはなかなかわかりずらいですね。それでも、島崎国男の犯行に駆り立てるまでの動機というものがわかるので、私も楽しめましたね。

これからもよろしくお願いします。
TBありがとうございました (こに)
2009-11-14 09:53:53
東京オリンピックは記憶にあるのですが
はっきりしない
後に摺りこまれた記憶ではないかしら
と思う微妙な年齢の私

当時の実家の経済状態や親の仕事など
思い出しながら読みました

奥田さん
こういう作品もどんどん書いていって欲しいですね
Re:TBありがとうございました (itchy1976(当サイト管理人))
2009-11-14 22:19:06
こに様コメントありがとうございます。

私は東京オリンピックをリアルタイムで見たことがないのでわかりません。国の高揚感があった時代なのかなと推察されます。

奥田さんには、いい作品を書いてほしいものです。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (苗坊)
2010-05-16 19:37:12
こんばんわ。TBありがとうございました。
私は東京オリンピックの頃には生まれていないので、こんな時代だったんだなと他人事のように読んでました。
それでも、この貧富の差は酷いですね。
私も島崎はつかまらないで欲しいと思って読んでました。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-05-16 22:55:51
苗坊様コメントありがとうございます。

この頃は東京と地方とでは貧富の差が激しかったみたいですね。

そうですか。島崎には捕まってほしくないと思いましたね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書評(奥田英朗)」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

オリンピックの身代金 奥田英朗 (粋な提案)
装丁は高柳雅人。写真はゲッティイメージズ。「野性時代」連載に加筆修正。 父が警視監でテレビ局勤めの須賀忠。刑事の落合昌夫。東大院生の...
「オリンピックの身代金」奥田英朗 (ナナメモ)
オリンピックの身代金 奥田 英朗 JUGEMテーマ:読書 昭和39年夏、オリンピック開催に沸きかえる東京で警察を狙った爆発事件が発生した。しかし、そのことが国民に伝わることはなかった。これは一人の若者が国に挑んだ反逆の狼煙だった。 語る人の視点が変わり、...
「オリンピックの身代金」奥田英朗著 (千の天使がバスケットボールする)
これは映画になる。絶対になる! 1959年生まれの著者なのだが、何故か「終戦後から30年代の東京が好き」という奥田氏。そもそも年齢からいってそんな昭和の30年代の記憶なんかないだろ、とつっこみたくなるのだが、その昭和の東京にこだわり舞台にし忠実に時代の熱気...
オリンピックの身代金(奥田英朗) (Bookworm)
青天の霹靂の転勤で、双方の引継ぎ等バタバタと慌しく日々を過ごしている最中、よりよって病に倒れてしまいまして・・・。久々の高熱にバッタリと倒れ伏してしまいました;;;「まさかインフルエンザ!?」という心配は「ただの風邪!」という医者の無情な一言で杞憂に終わ...
「オリンピックの身代金」奥田英朗 (しんちゃんの買い物帳)
オリンピックの身代金(2008/11/28)奥田 英朗商品詳細を見る 昭和三十九年。米軍の士官宿舎が昨年日本に返還され、五輪選手村として使用するため...
オリンピックの身代金 (読書マン)
タイトル:オリンピックの身代金 著者:奥田 英朗 オススメ度:★★★★★ 昭和39年の夏、東京オリンピック開催を間近に控えた東京で、警察をターゲットにした連続爆破事件が発生し...
奥田英朗 『オリンピックの身代金』  昭和39年という時代はそう、こんな時代だったんだと懐かしい (日記風雑読書きなぐり)
奥田英朗はずいぶん前に『最悪』と『邪魔』を読んだきりだった。二作とも日常生活におこるクライムノベルだったが、これはクライムノベルとすればはるかにスケールが大きく、面白さも前作を格段にしのいでいる。昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に...
奥田英朗/「オリンピックの身代金」/角川書店刊 (ミステリ読書録)
奥田英朗さんの「オリンピックの身代金」。 昭和39年、8月。オリンピック開催で沸き返る東京。オリンピック最高警備本部・幕僚長の実家で 爆発事件が起きる。しかし、事件は報道管制が敷かれ、表向きは単なる小火騒ぎとして処理された。 一週間後、中野の警察学校...
「奥田英朗」の感想 (読書感想トラックバックセンター)
「奥田英朗(おくだひでお)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。 *主な作品:邪魔、空中ブランコ、ウランバーナの森、イン・ザ・プール、マドンナ、ガール、延長戦に入りました、町長選挙、東京物語、最悪、サウスバウンド、真夜中のマーチ、他 ...
「オリンピックの身代金」感想 (ポコアポコヤ)
上下2段の小さい文字、しかも分厚いので、読み応えが凄くある本でした。
『オリンピックの身代金』奥田英朗 (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「オリンピックの身代金」奥田英朗 角川書店 2008年(初出野生時代2006年7月号~2008年10月号に加筆修正) 時は昭和39年夏。日本はもうすぐ開催される東京オリンピックに大きく揺れていた。東京は建設ラッシュ。代々木の競技場、駒沢公園、新幹線、モノ...
オリンピックの身代金 〔奥田 英朗〕 (まったり読書日記)
オリンピックの身代金奥田 英朗角川グループパブリッシング 2008-11-28売り上げランキング : 632おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。この戦後...
オリンピックの身代金 (乱読日記)
オリンピックの身代金 by G-Tools 奥田さんはいままで、「空中ブランコ」シリーズ「ガール」など、 軽めの話しか、読んだことがなかったのでびっくりです。 東京オリンピックを舞台として、 マルクス主義と自由主義と社会主義がでてきます。
・「オリンピックの身代金」奥田英郎 (肩の力を抜いて)
1964年。昭和39年。私が小学校高学年の時に東京オリンピックは開かれた。奥田英郎は昭和34年生まれ。5歳。かすかな記憶がある程度だろう。そこは作家。見事に当時の日本の空気を描いている。作家にかかれば、戦国時代でもあたかも自身が体験したかのように描ける...
オリンピックの身代金 / 奥田 英朗 (本とご飯とお昼寝の日々 -読んだ本の感想-)
評価 : ★★★★☆ (評価マークについて) 奥田 英朗 さんは大好き。 奥田英朗さんといえば、伊良部シリーズ、好き。他にも家日和みた...
本 「オリンピックの身代金」 (はらやんの映画徒然草)
これはよくできた作品です。 最近映画では昭和ノスタルジーものといった感じの作品が
島崎、日本を撃て!オリンピックの身代金 (BLOG BLUES)
エンターテイメント小説の極北である。松本清張の名作に 勝るとも劣らぬ傑作であろう。奥田英朗「オリンピックの身代金」。 人それぞれに、それぞれの念いがあり、それぞれの人生がある。 この真実を読者につたえるために、作家は企んだ。 昭和39年10月10日へ向けて...
「オリンピックの身代金」(奥田英朗) (モコモコ雲を探しに♪)
{{{     オリンピックの身代金         奥田英朗    角川書店   }}} [http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2592077&pid=878599627&vc_url=http%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2F7andy%2F32168481.html ★「オリンピック...
「オリンピックの身代金」 奥田英朗 (きたあかり カフェ)
昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。そ...
オリンピックの身代金 奥田英朗 (苗坊の徒然日記)
オリンピックの身代金クチコミを見る 昭和39年夏、オリンピック開催に沸きかえる東京で爆発事件が発生した。これは1人の若者が国に挑んだ反逆の狼煙だった。 昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。 ...
オリンピックの身代金 / 奥田英朗  (ねこやま)
抜粋 昭和39年夏。 10月に開催されるオリンピックに向け、 世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。 この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。 そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。 同時に「東京オリンピ....