itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近藤史恵『サクリファイス』

2010年02月11日 23時40分40秒 | 書評(その他著者)
サクリファイス (新潮文庫)
近藤 史恵
新潮社

このアイテムの詳細を見る


「心に残る本」の牛くんの母様推薦→記事はこちら

今回は、近藤史恵『サクリファイス』を紹介します。ツール・ド・フランスなどの自動車ロードレースを舞台にした話です。自転車ロードレースにおいて、エースはアシストの犠牲の上に成り立っている。だからこそ、エースは、チーム戦術の成功について責任を負うポジションなのであろう。アシストは、エースを勝たせるために走るのである。

本書は、多少短いかなという印象がある。淡白な印象があるが読みやすいのかなと思う。自転車ロードレースのことを知らなくても読める本だと思う。自転車ロードレースは、個人競技のようであるながら、団体競技のような面白さがあるなあと思いました。

主人公の白石誓は、山岳レース(特に下り)に強いアシストの選手である。石尾が起こした3年前の事故の噂を聞くが、あくまで、エースの石尾のアシスト役に徹するのである。8章になってやっとミステリーの要素が出てくるのである。石尾が事故にあって死亡したのである。何で事故がおきたのか?それは、3年前の事故と結びつくことがあるのか?やっぱり犠牲というものがミステリーを解く鍵になるのかなと思う。

文庫本の帯にあったが、2010年3月に続編『エデン』が刊行されるみたいですね。(書籍の画像は2010/04/02追加)
エデン
近藤 史恵
新潮社

このアイテムの詳細を見る


<参考リンク>
サクリファイス著者 近藤史恵のマニアックなプロサイクリング談話

コメント (4)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« あなたの好きな季節を教えて... | トップ | ハウステンボス支援は3年間... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苗坊)
2010-02-13 13:05:06
こんにちは。TBさせていただきました。
ロードレースという競技について勉強になった気がします。
短くてあっという間に読み終えた気がします。
スポーツはフェアに行きたいものだと、ちょっと憤りを感じながら読みました。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-02-14 20:40:33
苗坊様コメントありがとうございます。

ツール・ド・フランスなどの自転車ロードレースがテレビ(地上波)でないですからね。知らない世界を知るのは楽しいですね。

スポーツでどれだけフェア(公平性)というものが担保されるかは重要ですよね。スポーツはわかりやすいものがどちらかというと好きですね。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (リバー)
2010-04-03 10:17:28
TB、ありがとうございます。

たしかに もっと長くても良かったなぁとは思いました
しかし 続編でるんですが、楽しみです。

けっこう好きだったので
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-04-03 20:18:24
リバー様コメントありがとうございます。

まあ、おっしゃるとおりもう少し長くてもいいかなと思いました。あっけなく終わった感じです。

『エデン』についても早く読んでみたいですね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書評(その他著者)」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

文庫化 『サクリファイス』 近藤史恵 復刻書評 (猛読醉書)
白石誓(ちかう)はチーム・オッジに所属するプロのロードレーサー。レースではアシスト。オッジにはエースの石尾がおり、それを白石と同期の伊庭が脅かしています。日本ではマイナーなロードレースの世界や自転車競技のおもしろさ、深さを描きながら3年前、石尾によって...
近藤史恵  サクリファイス (マロンカフェ ~のんびり読書~)
まず大阪北部が拠点という事で、そこら辺に住んでいた私はわくわく。(笑)暗峠は知りませんでしたが、十三峠には行った事があるし、名前だけ出てきた勝尾時も坂の上というか山の中にあるお寺で、小学生の時に学校の行事で泊まりに行った事があります。 近藤さんってお住...
サクリファイス (ろーれるのブログ)
サクリファイス/近藤 史恵 ¥1,575 Amazon.co.jp 帯より『ただ、あの人を       勝たせるために走る。      それが、僕のすべてだ―。
サクリファイス (近藤史恵) (花ごよみ)
主人公、白石が新たに 生き甲斐を見出したのは、 自転車ロードレース。 ツールド・ジャパンの、 メンバーにまで 頭角をあらわします。 彼の本来の役割は石尾のアシスト。 その石尾に関する過去の暗い噂。 犠牲によって成り立つという 自転車ロードレースという競技の...
本『サクリファイス』近藤史恵 (日々のつぶやき)
【サクリファイス=犠牲】 こんなに辛くて感動的な本!このタイトルがピッタリくる素晴らしい作品でした。 読み始めて納得していたタイトルの意味よりももっと深い意味があったとは。 読み終ってもまだ放心・・本当によかった! 間違いなく今まで読んだ近藤さんの
『サクリファイス』/近藤史恵 ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
全編にわたる、緊張感。絡み合うレース展開を駆け抜ける、自転車。 ロードレース・チームの中における、「エース」と「アシスト」の複雑な関係。 過去のレース中の事故の、辛辣な真相とは。そして再び起こった、死亡事故。 ~~「勝利は、ひとりだけのものじゃないんだ...
(書評)サクリファイス (新・たこの感想文)
著者:近藤史恵 サクリファイス(2007/08)近藤 史恵商品詳細を見る ロードレースチーム・オッジの若手・白石誓。陸上の有力選手として、周囲...
サクリファイス 近藤史恵 (苗坊の徒然日記)
サクリファイス かつて陸上のエースだった白石誓は、その座を捨てロードレースの選手となる。 チームメートには、エースとなる才能を持った伊庭がいる。 伊庭が勝てるよう、アシストするのが、自分の役割だと思っていた。 出場したレースで、誓は海外チームが日本人選...
「サクリファイス」近藤史恵 (ナナメモ)
サクリファイス 近藤 史恵 JUGEMテーマ:読書 いろんな方のブログで名前を見かけて気になって予約していたんです。人気の本ですごい長い順番待ち。その間に今年の「本屋大賞候補作」にもなってました。気がついたら今年の「本屋大賞受賞作」は全て読んだことになり...
『サクリファイス』  近藤史恵  新潮社 (アン・バランス・ダイアリー)
サクリファイス著者:近藤 史恵販売元:新潮社発売日:2007-08おすすめ度:クチコミを見る 自転車のロードレースに打ち込む青年が主人公です。スポーツ青春ものにしては、<サクリファイス=犠牲>というタイトルはなんだか不自然な気がするし、そこへ冒頭の事故シーン...
「サクリファイス」近藤史恵 (しんちゃんの買い物帳)
サクリファイス(2007/08)近藤 史恵商品詳細を見る サイクルロードレースでのアシストの仕事はチームのエースを勝たせること。若手の白石誓は、...
「サクリファイス」近藤史恵 (うらひろ)
サクリファイス (新潮文庫)クチコミを見る ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと―。陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。アシストとしての...
サクリファイス (どくしょ。るーむ。)
著者:近藤 史恵 出版社:新潮社 紹介文: もう、鳥肌ものでした。読後に即再読したほど。 私が近藤さんのファンだということもありますが、それを割り引いても、2008年度本屋大賞2位、このミス7位という、とても評判の良い作品です。 「犠牲」という意味のタイトル「サ...
本当の犠牲とは (笑う学生の生活)
小説「サクリファイス」を読みました。 著者は近藤 史恵 自転車ロードレースが舞台の話。 スポーツ青春+ミステリ といったところか 日本ではまだマイナーな競技 ロードレース。 まず、このロードレースとはいったいどんなものなのか? いやー、おもしろい まだまだ...
サクリファイス―近藤 史恵 (趣味は読書(自称))
サクリファイス(2007/08)近藤 史恵商品詳細を見る 自転車ロードレースは、6人一チームで出場し、一人のエースを五人のアシストがサポートする。 ...
『サクリファイス』 近藤史恵・著|自転車レースが舞台の"青春スポーツミステリ" (23:30の雑記帳)
著者が近藤史恵で、タイトルが「サクリファイス (犠牲)」とくれば、きっと悲惨な物語だろうと 思いきや、なんと青春スポーツミステリ なのだった。偏見癖を直さないといけないなあ。 なにしろデビュー作の「凍える島」 (第4回鮎川哲也賞受賞)の世界観が大...
「サクリファイス」近藤 史恵★★★★☆ (藍麦のああなんだかなぁ)
「サクリファイス」近藤 史恵新潮文庫 ISBN:978-4101312613 2
サクリファイス*近藤史恵 (+++ こんな一冊 +++)
サクリファイス(2007/08)近藤 史恵商品詳細を見る ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担され...
小説「サクリファイス」 (yoseyama Blog)
一年ほど前なりますか、何方か憶えていないのですがPodcastでこの小説が紹介されていました。そのちょっと聞き慣れないタイトル「サクリファイス」を憶えていました。一ヶ月ほど前、娘の読書感想文の課題本を購入する為に本屋に立ち寄った際、その本屋の店頭に並んでいた...
「サクリファイス」近藤史恵 (りゅうちゃん別館)
「サクリファイス」は日本ではマイナーな自転車のロードレースを描いた作品。 08年本屋大賞2位。 (この記事ネタばれあり)    【送料無料】サクリファイス価格:1,575円(税込、送料別) 主人公は白石誓。 高校時代は陸上選手として知られていた。 インターハイに...