日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

昔ながらのナポリタン@三河屋珈琲

2018-11-07 | そとごはん

  広島ブログ

飲食店不毛地帯のワタクシの町ですが、隣町にあらたに『三河屋珈琲』がオープンしたので、チビ②と2人で行ってきました。

コメダとかサカイとか、店名に『珈琲』という漢字を使うネーミングのチェーン店が増えましたね。
サカイ珈琲にはパンケーキ、コメダ珈琲にはシロノワールという名物があるように、三河屋珈琲のソレはワッフルみたい。

じゃ、その名物ワッフルをというかというと・・・ランチセットのメニューに魅惑的なものを見つけたので、そっちに飛びつきました。
それは『昔ながらのナポリタン』サラダ付きで780円ならコスパ良し。

最初に来たサラダは、ワタクシが一人撲滅運動展開中のいわゆる"葉っぱだけ"サラダだったが(爆)多くを求めますまい。

ナポリタンはこうでなくちゃーーーというビジュアルでやってきました。
昭和世代はオムライスとナポリタンには、無条件に萌えるのです。


ナポリタンの3種の神器 ウィンナーと、ピーマンと玉ねぎがちゃんとそろって文句なし。
味付けはケチャップではなく、トマトソースかな???
イタリアンのパスタなら麺の硬さが命ですが、ここでは『アルデンテ???はっ?それなのことかしら???』。
むしろ茹で置きの太麺、やわらか麺が、ナポリタンの魅力なんですよね。
熱々スキレットで提供されるので、最後まで熱を持つから、さらにおいしく感じました。

ミニパフェも付けちゃいました。チビ②にはついつい甘くなるもので。
250円だか350円だか、これでミニ??というくらいボリューミー。

生クリーム、チョコジェラート、バニラアイスにコーヒーゼリーと、バラエティ豊かで食べ応えあったなぁ。

休日の朝、喫茶店でのモーニングが、ワタクシのささやかな夢ですが・・・・なにせ、うちの近所は飲食店不毛地帯なので、モーニングしようにも、まず喫茶店がない。
これからはそのささやかな夢をこのお店で実現できるかも。ただし、自宅からは車で10分はかかるが・・・・


  広島ブログ

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ピンクの復活 | トップ | 人間国宝を聴く、観る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

そとごはん」カテゴリの最新記事