日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

立川 談春に惹きつけられた

2019-01-20 | カルチャー

   広島ブログ

昨日は、オットと2人で佃製作所の殿村経理部長の独演会へ行ってきました。この人ですね。

いまや落語界のエースともいうべき立川 談春。
チケットを取るのが難しいほどの人気とのことで、われわれも最後列の1つ前の列。あやうく購入できないところでした。
アステールプラザ大ホール 1200席の大バコを独演会で満席にできる落語家というのは、そうそういないはず。

いままで、名前を憶えていない真打から、若手のエース格 春風亭一之輔、そして人間国宝 柳家 小三治、といろんな噺家をナマで聞く機会がありました。
といってもわずか7人だけ・・・その少ない中で言うのもどうかと思いますが、談春が一番良かった。

最初のまくらは、ご当地のカープねた。そして出演作の下町ロケットねたや、公開予定の映画『七つの会議』ねた。
共演者たちの物まねや、撮影裏ばなしをやってくれるのですが、これが涙が出るほど笑った。まくらでこんなに笑ってたら、ネタに入ったらもう笑えないんじゃ、と思ったけど杞憂でした。
これがもう惹きつける、惹きつける。

大人になると声を出して笑うことって、そうそう無いところ。大笑いできる機会って貴重。

この日の2本のネタは、どちらも1時間を超える古典落語の大ねた。
とくに「鼠穴」の演目は、波乱万丈なストーリーが続くので、悲惨な場面では声をだす人もなく、みんなじぃーと壇上の談春を見つめる緊張感。それを一気に笑いのオチにもっていく。
これをたった一人で、観客に全身をさらしてやり続ける実力、体力、気力ともにどれほどの才能かと。

本当に上手な噺家だと、音に絵が浮かび、リズムを自在に操って、観客の耳をぎゅう~と持っていく。
オットと2人で「ヨカッタね」「さすがだったね」と、大感激しながら帰りました。


   広島ブログ


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ご褒美といえず | トップ | 駅伝もライブがおもしろい »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くりちゃん)
2019-01-20 17:20:25
ご主人様と初笑い!
去年は災害がありましたが
今年は新春から良いことが
ありそうな予感ですね~。

次回、機会があれば談春さんの落語もお聴きしたいものです。
チケットも争奪になりそうですが・・・。
年末から年明けのバタバタがようやく落ち着いてきたので、私もそろそろ文化活動を始動したいと思っております、笑。
くりちゃんへ (itatchi)
2019-01-20 21:06:23
初笑いできました。
春風亭一之甫さんびいきのくりちゃんですが、談春さんも是非、聞いていただきたかったわあ。
ものすごく面白かったですよ。
役者としてもいろいろ活躍されてますが、やはり談春さんの落語が素晴らしい。

バタバタ落ち着きましたか?
秋から小正月までは、なにかと忙しいですよね。
くりちゃんの活動再開は、文化活動だけなはずはない(笑)
 (浮沼亭の気まぐれ放談)
2019-01-21 07:23:57
いいなあ! うらやましいなあ!
私も聞きにいきたかったです。
辛口さんへ (itatchi)
2019-01-21 08:49:59
コメントありがとうございます。
辛口さんも落語をされるかたですから、談春さんには注目されてますよね。
すばらしかったです。
小三治師匠よりも私は、魅せられました。
あと、談春さんの自伝『赤めだか』これも、ホントにおもしろい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カルチャー」カテゴリの最新記事