日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

実写版なの???

2019-08-12 | カルチャー

広島ブログ

ワタシが観劇好きになったきっかけは、20年ほど前に見た劇団四季の「ライオンキング」から。

音楽、舞台装置のすばらしさに大感激して、この感激を家族にも味あわせたいと、オット、子ども達、両親までひき連れて博多座へ大遠征。大出費をした思い出の作品です。

全登場人物が動物なので、人間が動物になり切るためのコスチュームや動きに惚れ惚れしました。
以来、劇団四季の作品はほとんど見たし、劇団四季以外のミュージカルにもたくさん足を運びました。

そんな思いいれのある「ライオンキング」が実写版で映画化されると聞いて・・・・うれしいと同時に・・・
「どうやって???」
「動物たちをどうやって手なづけるの????」
と驚愕していたら・・・・そんなわけないですよね。全編CGですって。
                             (公式サイトより)

それって、実写というのかな???イマイチ胸に落ちないのだけど・・・。


にしても、最近のCGの技術のすごさときたら、ホンモノよりホンモノぽいとでもいいましょうか。こんなになんでもCGで出来ちゃうと、生身の女優や俳優なんてのいらなくなりそうで。


広島ブログ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 念願のMINITURE LIFE展 | トップ | 三拍子そろったアウトドア »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Dr.でぶ)
2019-08-12 17:22:55
そうそう!ライオンキング、実写化・・・て聞いてて、同じように『どうやって?』と思いよったら
CGかぁーい!って。

あとも全く同じです。
『CGを実写化と言うてええん?』と(笑)

『限りなく実写に近づけたフルCGシネマ』とか言う表現じゃダメなんかね?
Unknown (itatchi)
2019-08-12 22:56:56
Dr.でぶさんへ

あら!同じ発想のかたがいて、よかった!
でぶさんもワタシも素直なんですね。動物たちをどうやって??と思うところがwww
全編CG利用で写実って名乗って良いのかしら?と、これまた素直に考えちゃいますよね?
違うだろ(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カルチャー」カテゴリの最新記事