日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

人間国宝を聴く、観る

2018-11-08 | カルチャー

  広島ブログ

もともとお芝居を見たり、ライブに参戦したりのナマの音や舞台は大好きなところに加えて、落語の面白さにちょっと目覚めて・・・先日、若手のエース春風亭 一之輔を聞きにいったばかりですが・・・・

今回は人間国宝 柳家 小三治の独演会に行きました。
高齢だし、持病があるのでいつ落語ができなくなるかわからない。『いまのうちに聞いておかないと!!』と、カルチャア仲間のtakakoさん、くりちゃんと3人で出かけました。
圧倒されました。さすが。だてに人間国宝じゃない。
もう落語そのものが歩いているみたい。いや、実際には座布団の上にチョコンと座ってますが・・・独特のおかしみみたいなものが。こういうのオーラっていうのね。

しぐさのひとつひとつに魅入られました。そこに風景が見えるようで。
落語という芸は、しゃべりだけじゃないなぁ、総合芸術だなと、よーくわかりました。

深さはあるのに、重々しくなくて軽妙。格式張らず、なごやか。場内はあたたかな笑いで包まれました。
ほんと、いいもん見たなぁ、いい話し聞けたなぁ~。日本の伝統芸って、すごい。

良いナマものを見たり聞いたりするのは心の栄養。記憶に残るものにお金は惜しむまい。
独演会前に立ち飲みで胃袋にも栄養を与えたのはもちろんのこと。
・・・・ということで、続いて週末は歌舞伎見物に行ってきまーーす。
 

  広島ブログ

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 昔ながらのナポリタン@三河屋... | トップ | イベント打ち上げは、こちら... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takako)
2018-11-11 16:43:27
演目は「粗忽長屋」と「青菜」
どちらもいろんな落語家さんが演じていますが、小三治さんの何とも言えない「間」が素晴らしかったですねぇ。
お亡くなりになる前に(勝手に決めつけてますが・・)聴けて良かったです(笑)

お勧めの「芝浜」ぜひ聴いてみてください。
しんみり、そしてほろっとしてくださいね。
takakoさんへ (itatchi)
2018-11-11 20:53:22
小三治師匠の落語はいまのうちに聞いておかないと!!と、takakoさんに煽られたからなぁ。
でも、さすがでした。
誰にもまねできないあの『間』のとりかた、絶妙。おかしみみたいなものが、にじみ出てましたね。

『芝浜』聞いてみて、とおすすめされているのに、都度忘れてごめんなさい。
落語通のtakakoさんのおすすめなら、間違いなしと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カルチャー」カテゴリの最新記事