日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

最愛の達郎ライブに行ってきました

2019-07-01 | カルチャー

広島ブログ

最愛のアーティスト 山下達郎のライブ。今年もチケット争奪戦を運よく勝ち抜けて、オットと二人で広島公演に行ってきました。
去年は7月5日の周南市でのライブに行ってきました。
7月5日といえば、そうあの西日本豪雨災害の前日です。
翌日、山口観光をする予定が、尋常ではない雨に危険を感じて、予定を変更して広島に戻りました。
達郎のコンサートにあわせて、オットもワタシも休暇を取っていたので、7月6日の豪雨当日は、いつもならいないはずの時間に自宅にいて、2人そろっていち早く避難をすることが出来ました。
これも達郎のおかげと思っています。

それからの炎天下での復旧時は、食事も睡眠もままならず、音楽を聴くという気持ちにはまったくならなかったけど、無心で泥を掘っている最中や、休憩時にへたりこんでいるときに、ふと達郎のメロディーが浮かんできます。
大好きな「さよなら夏の日」とか「ドリーミングガール」とか。

美しいメロディを頭の中でなぞるというだけで、なんとなくリフレッシュできるというものです。
ボランティアにきてくれた人や、送っていただいた救援物資やら、いろんな人やモノに助けられたけど、音楽というのもまた、人を助けるものだと実感しました。

そんな思いがある達郎のライブなんで、今年はいつにもまして感慨ひとしおでした。
達郎もすでに66歳。いつまでライブをやってくれるのか?
毎回、毎回、これが最後かも??と思ってます。

コンサートツアーはまだ始まったばかり。ネタバレはできませんが(非公開の達郎ファンサイトに加入してるのですが、そこはネタバレした人は強制解約になる)・・・・長年ライブに行き続けている中でも、少し趣向の変わったツアー内容でした。
毎回、最高ぉ~!!という同じ感想になるのだけど。音楽のチカラを感じさせてくれる素晴らしいライブでした。

ドームツアーはしない主義だから、毎回、チケット争奪はタイヘン。
本人も同伴者も入場時には、チケット印字の名前と免許証と本人の顏と認証をガチにされるし、ゼッタイに行く、何があっても行く!!という人とでないと、一緒に行けません。
幸い、うちにはワタシと同じ温度で達郎ラブのオットがいるから。

達郎ファン歴40年近く。一生好きでい続けることができる音楽に出会えて、それを家族で共有できるって、なんて幸運なんでしょうか。
 

広島ブログ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« DEEP大阪~パン屋ランキ... | トップ | アニバーサリーの誕生会@Pizz... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
僕たちも参戦しました! (フランクスオーナー)
2019-07-01 19:31:44
itatchiさんが行かれた前日のライブに我々夫婦も参戦してきました。
今年は大変な時期と重なってしまいましたが、(20年のブランクを埋めるべく)どんなに忙しくても都合がつけて駆けつけようと思っています。
それだけの価値があるライブですものね。
フランクスオーナーさんへ (itatchi)
2019-07-02 08:00:51
コメントありがとうございます。

フランクスさんも、ご自分の主催イベントがお忙しい中、時間をやりくりされてでも、達郎さんのライブに参加されたご様子で、おつかれさまでした。
ホントにその甲斐があるライブでしたね。
音楽のもつ力を感じさせる素晴らしいステージでした。毎回そう思うのですが(笑)

特に今回は、一年空くからか、滅多にない演目で、堪能しました。
当分、わが家のBGMは達郎オンリーです。
Unknown (もものすけ)
2019-07-02 22:32:53
一度は行ってみたい山下達郎さんのコンサート。
でも、チケット手に入れるの難しそうー。
な、な、なんと!
達郎さん、我が娘の中学の大先輩でした!
最近知ってビックリ!
Unknown (itatchi)
2019-07-02 23:43:34
もものすけさん、ぜったい魅了されること間違いなし!
達郎のパフォーマンスや楽曲の良さもさることながら、サポートメンバーの音がすばらしいから。
特にサックスの宮里さんと、ギターの佐橋さん。
佐橋さん、背は低いし足は短いしなんだけど、うまい、うまい。松たか子をゲットしただけのことはある(笑)

娘さんと、中学同窓生とは!どんどん自慢してください。
来年はツアーはないんですが、再来年ぜひチケット争奪戦に参戦してみてください。
かっこよく年をとらなきゃ!と達郎見て決意しますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カルチャー」カテゴリの最新記事