日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

新年会@啐啄 いな村

2020-01-14 | そとごはん

                広島ブログ
親友K子ちゃん夫妻とオットとワタシの4人で新年会。

元旦に一緒に初詣をするのが恒例でしたが、今年は別行動だったので、新年あけて10日も経ってからのあけましておめでとうでした。

K子ちゃんが予約してくれたのは白島の「啐啄 いな村」 啐啄グループのひとつですが、本家でじっくり修業を重ねてののれん分けと思われます。
本家に劣らずこちらの焼き鳥もホントにおいしい。じぃっと火を見て焼き加減を微調整する姿は真剣そのもの。
K子ちゃんはこちらのお店で、偶然カープの一岡選手に遭遇したのに続き、先日は小窪選手にも会ったらしい。いいな、いいな。
そのほかにもカープ選手が来店するらしいけど、ワタシは一回もあったことないなぁ。

絶対外せない新鮮肝。間違いなく新鮮でした。火入れが絶妙。

ネギマ。鶏肉もだけど、葱が甘い。

ネギマの葱に触発されてさらに下仁田葱。あまい甘い。トロリと密さえ感じる。

レバーパテ。海苔に載せていただきます。

手羽先とかつくねとかぼんじりにセセリなどのスタンダードなものから、うずらベーコンとか生麩とか白玉べーコンなどの変わり種もいただいたあとで、さぁて〆は、はずせないアのがコレ。
五島うどん地獄炊き。熱々の細うどんを卵黄を混ぜたタレにつけていただきます

炭水化物もう一丁。焼きおにぎり。炭火で焼く香ばしい焼きおにぎり。

ワタシだけはさらに手作りプリン。卵がいいのかなぁ。濃厚でトロトロ。

今回もどの串もどのお料理も、とっても美味しかったし、スタッフさんたちは全員すがすがしくて言うことなしの名店です。
4人でドリンク10杯ほどと、アラカルトで頼んでお腹もいっぱいになって、1人5000円くらい。
庶民派ではないけど高級店でもない、中間どころのお値段で、このクォリティなら大満足。


                広島ブログ


コメント   この記事についてブログを書く
« 冬にしろくま | トップ | 往年の名作~ローマの休日~... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

そとごはん」カテゴリの最新記事