日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

午前10時の映画祭~ニューシネマパライダイス~

2019-08-14 | カルチャー

広島ブログ

「1度スクリーンで見たかった。もう1度スクリーンで見たかった』というキャッチコピーのもと、過去の名作をスクリーンに蘇らせてくれていた「午前10時の映画祭」は、10年間続いて2019年がファイナルの年です。

毎日10時からの1回限り、上映期間は1週間または2週間というスケジュールなので、都合をつけるのが難しいのだけど・・・・

「映画祭」のいまの上映作品が、名作ちゅうの名作「ニューシネマパラダイス」となれば、万障お繰り合わせのうえ行くっしょ。行くしかない。
あぁ~ヨカッタ。たぶん、3~4回は見ていると思うけど、スクリーンで見たのは2度目。
映画のすばらしさ、映画にまつわる人たちの深い愛情を描いた作品だから、スクリーンで見る機会があるなら見逃すてはない。

何回見ても泣ける。
さまざまなシーンで泣ける。
見ている途中でポロポロ泣けます。

なんで泣けるのかというと、悲しいというのとはちょっと違う。深い愛情やら、郷愁やらの美しいものが「胸をうつ」という表現がぴったりかも。

映画好きの子ども時代のトトの笑顔のなんとかわいらしいこと。

鑑賞後は、胸にわだかまっていたものがすぅ~と消えていくようなリリシズムを感じさせてくれる映画。本当に名作です。

今回、隣りに座っていたおじいちゃんが一人ごとをつぶやいたり、主題歌を口ずさんだり。
「ムッ」とするところですが『いいよ、いいよ、おじいちゃん。いい映画だもんね。この映画が好きな者同士じゃないか』と、めちゃ寛容になれました。
これもよい映画を見た効果です。

完全オリジナル版と劇場公開版があるけれど、ワタシは劇場公開版が好きです。
初恋の悲恋は美しい思い出のままそっと胸にしまってていいんじゃね?
余韻に浸りたいので、 映画は全部語らなくていいです。

2週間上映なので、まだ機会はあります。未見の方はぜひに。
 

広島ブログ

コメント (2)

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ