新!編集人の独り言

諸事情によりコメントは承認制にしています。不愉快な気持ちにさせてごめんなさいね。

テレビの「ドッキリ番組」について視聴者から「見たくない」という声が相次ぐ理由

2021-03-02 16:36:38 | Weblog
ドッキリ系は見なくなりました
最近の地上波ってほとんどクイズとトークとドッキリとハプニング映像だらけなんだよね。
なんと言うか、出演者のリアクション頼みの番組だらけで、制作担当の『これ流しておけば取り敢えずいいだろ』的な番組が多い気がしますね。
ネットで話題の動画を流す、動物の映像を流す。
それを見てゲストがリアクションする。
このパターンです。

ドッキリというジャンルは昔からあったけど、昔のドッキリってもっと他愛のない、その場でチャンチャンで終わるレベルだった気がするんですよね。
今のってトコトン追い詰めるものが多くて、面白い人は面白いけど、自分なんかは『そこまで追い込む?』って笑えなくなるものが多いですね。

嫌なら見なきゃいいって事なんだけど、他の局も同じような番組しか作ってないから、結局テレビもういいや、ネット見ようってなっちゃうんだと思いますけどね。

むしろ日曜深夜枠で放送してる坂道グループの3番組はヘタな芸人バラエティより面白い。
回しているのがバナナマンとかオードリーというのもあるんだけど、アイドルの大喜利がそこらの芸人の解答より笑えるのが凄いし、ひな壇芸人より彼女達のほうが明らかに体張ってるし(笑)

ドッキリよりこっちのほうをゴールデンで流したほうが良くないか?って素直に思うし、乃木坂46のおねいちゃん達が本当に作り込んだコントをやってて、その完成度の高さは凄いですよ。

結局制作側の保守的な感覚が改まらないとますますリアクション系ばかりの番組になるだろうし、テレビ離れが進む気がしますけどね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 余った「処方薬」は保管後、... | トップ | 1都3県は緊急事態宣言延長の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事