自民党は、すでに統治能力も政権担当能力も失っており、行く先は、もはや「象の墓場」でしかない

2007年08月08日 14時01分53秒 | 政治
◆「巨象は虚像か」
 象は自民党のマークである。象は死期を感じると、象の墓場に独り赴くと言われている。老害化した自民党は、いまどこへ向って歩いているのか、迷走中である。象使いは、訓練不足で、しかも「美しい国」ばかりを探して、肝心の象を困らせている。
◆密林のなかでは、獰猛な「赤い部族」が、象を追って、「毒矢」を放ち続けている。老害は止まることを知らず、法務大臣までもが、違法献金疑惑に取り付かれ、今回の選挙でも、自民党は、新人のなかから、買収事件を引き起こしいている議員が出ている。総務官僚出身の新人が、退官後も管轄下にある地方財務協会の高級マンションに住み続けていた疑惑まで発覚している。
◆自民党代議士会で、谷垣派と津島派の一部から「安倍首相は辞めろ」の声が出たが、聞きようによっては、「内閣改造でポストをよこせ」とも聞こえる。倒閣運動を起こす気骨もエネルギーもないのに、しょせんは、蟷螂の斧である。
◆この老害巨象は、江戸幕末の幕府に似ている。積年の陋習とそのなかに巣食っている腐敗体質を根本から改めないかぎり、再起はできない。それどころか、自民党は、すでに統治能力も政権担当能力も失っている。行く先は、もはや「象の墓場」でしかない。

にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 安倍首相は、自民党の歴史的... | トップ | 民主党の小沢一郎代表がアメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

議会と自治体 2008年 01月号 [雑誌] (なつみのブログ)
議会と自治体 2008年 01月号 [雑誌]・医療現場再建めざす議員連盟・矢祭町 議員報酬日給制へ・概要・主要一般国道・今加入しているペット保険はだいじょうぶ?・体調を崩す・[4.2 環境方針 f)]・11月2日のきょうのことば・『月刊○○』探求・ガソリン暫定税の罪 ...