「最大不幸社会の菅直人首相より最小不幸社会の伊達直人」現象、ウソツキ菅、カン違い菅に大ブーイング

2011年01月13日 21時00分00秒 | 政治
◆「菅直人より伊達直人」というタイガーマスク現象が、全国に広がっている。これを政治学的に言えば、「最大不幸社会づくりの菅直人首相よりも最小不幸社会づくりの伊達直人」ということになろう。タイガーマスク現象は、菅政権の福祉政策に対する痛烈な批判を内臓している。
 連日連夜の如く東京・赤坂あたりの高級料理屋に繰り出す菅首相とその腰巾着と児童養護施設にランドセルを届けるタイガーマスクの伊達直人、これほど鮮明なモンタージュ(視点の異なる複数のカットを組み合わせて用いる映画技法)はめったにないだろう。早い話が、菅首相が提唱している「最小不幸社会」づくりは、口先だけの「ウソ政策」ということだ。「菅直人」の差出人名で、ランドセルが届いても、だれも信じないし、喜ばないに違いない。
◆児童養護施設は、全国に575施設ある。新入学の児童が1施設平均5人いるとして、毎年、ランドセル2875が必要、1つ20000円~30000円として、5750万円~8625万円の予算で、子どもたちを喜ばせる。子ども手当てを保護者の所得に関りなく支給するくらいなら、万年赤字で苦しんでいる児童養護施設を手厚く支援する方が、善政になる。
◆菅首相は、12日の民主党両院議員総会で、「この7か月やってきたことは、大きく見て間違っていなかった。日本がもう一度、元気な国になったきっかけが、あの2009年の衆院選の政権交代だったと言えることを確信しながら、自信を持って進んでいこう」と挨拶したそだが、「菅のカン違い」も甚だしい。衆院306議席、過半数241議席を突破できたのは、小沢一郎元代表が新人143人を当選に導くことができたからである。これが出来ていなかったら、163議席止まりだった。つまりには、現在、民主党が政権の座にいられるのは、選挙違反で辞職した1人を除き、新人142人のお陰なのであり、新人だからと言ってこの数を侮ってはいけない。とくに、最大の功労者小沢一郎元代表に感謝するべきなのである。それをないがしろにする菅首相や仙谷官房長官、岡田克也幹事長らは、まともな人間ではない。
◆菅首相は、「オープンでクリーン」「熟議」などの言葉を乱発していながら、突然「消費税5%引き上げ」「TPP参加」などを秘密裏に決め、党内熟議を省いて独断先行し、これが「指導力発揮」とカン違いしている。「オープンでクリーン」「熟議」とは裏腹の豹変ぶりに、国民有権者は、菅首相の「マニフェスト違反」に大ブーイングの音を高めている。民主党の国会議員や地方議員が、戸惑い、困惑、その果てに支離滅裂になり、国民有権者への言い訳に苦しむのは、当たり前というよりは、むしろ哀れである。
 それなのに、菅首相は、浮世離れ、ノー天気で「あの2009年の衆院選の政権交代だったと言えることを確信しながら、自信を持って進んでいこう」と1人だけはしゃいでいる。国会議員や地方議員は呆れ果てて、ものが言えない。
◆「菅のカン違い」の極めつけは、仙谷官房長官の後任に、「反小沢」の急先鋒の旗頭である枝野幸男幹事長代理を内定したことだ。これは、菅首相の小沢一郎元代表に対する新たな「宣戦布告」を意味している。裏では「手打ち」していると言われながら、表向きはケンカ腰なのである。これが、小沢支持派の感情を逆撫でして、私学校生が、官軍の発した一発の銃声で走り出し、西郷隆盛に「しまった」と言わしめ、西南戦争へと発展したときのように、今回は、本当に民主党分裂抗争の引金になる可能性がある。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
米国が、「金か食糧」を裏打ちとする「電子マネー」、皇室の金強奪、悪の戦争経済、戒厳令発令と米国債の紙切れ化などで国家破産を免れ、生き残ろうとしている

◆〔特別情報①〕
 テレビ朝日が1月12日午後9時54分からの「報道ステーション」で、「ドルはどこへ行く? 世界を支配した時から基軸通貨なき時代へ・・・その未来」というテーマで、ドルが凋落するなかでの各国企業の生き残り方についてレポートしていた。
 海外に進出しているYKKが、現地で「円決済」を行っているなど、ドル決済にこだわらず、いろいろな通貨で決済することにより、「為替リスク・ヘッジ」して、ドルの為替変動に対処していくなどのヒントを示していた。大変視聴しごたえのある番組たった。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

メルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


*有料メルマガが銀行振込で購読できるようになりました読者の皆様から多くのご要望をいただいていましたが、有料メールマガジンを銀行振込でも購読できるようになりました。

◎板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~
購読方法はこれまで通り、「購読手続きへ進む」をクリック後、ページ左側の「はじめてfoomiiを利用される方」より進んでください。支払方法で【銀行振込】が選択できます。
銀行振込の場合、毎月毎月お支払いいただかなくてもいいよう2ヶ月分・4ヶ月分・半年分でお支払方法が選択できます。
▼購読までの流れ
(1) http://foomii.com/00018 で、「購読手続きへ進む」をクリック後、ページ左側の「はじめてfoomiiを利用される方」より、メールアドレス/パスワードを入力(登録)し、支払方法の【銀行振込】を選択。口座名義(カナ)/購読期間を入力し、入力忘れやお間違いが確認して「内容確認へ進む」をクリック。
(2) 入力した内容に間違いがない場合、「購読する」をクリックして申込完了。
(3) 【購読申し込みが完了しました。】画面の購入申し込み内容を確認し、各種金融機関で指定の振込先に購読料金の振込をお願いします。
●注意事項
※購読開始後の返金はできませんので、期間は十分にご注意ください。
※入金を確認後、購読が開始されます。
※購読期間中の途中での解約はできません。
※購読期間中に発行者の都合により廃刊になった場合は、残った期間分の購読料を振込にて返金します(振込手数料を差し引いた金額となります)
※振込番号を入力できなかった場合、し忘れた場合は、振込番号、振込日、振込人名義をご連絡ください。
メルマガは振込確認後の配信となります。銀行の営業時間・営業日にご注意ください。
(年末年始で銀行の営業日も影響してきます。2010年12月分は特にご注意くださいませ)

こちらも連載↓
『平成動乱 小沢一郎の野望』1993年9月25日刊



第1章 小沢一郎が描く日本のリーダー像

第9節 なぜ閣議が形骸化してきたのか

脳のない恐竜

「政治の改革を考えるなら、改革の基本的な方向は、最高責任者が責任を持って政策決定できるように、いたずらに分散した権力を、形式的にも実質的にも民主主義的に集中化することだと私は思う」


づきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

四王天延孝陸軍中将の名著「猶太(ユダヤ)思想及運動」No.66

メルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


新連載はこちら↓
板垣英憲著『政治家の交渉術』2006年5月刊



『政治家の交渉術』目次

第2章 「すべてを賭けるな」
        ― 最後に笑う奴が最もよく笑う

3 「立場の利害」と「自分の利害」に溝はないか

   武器はまず「ぎらりと見せよ」

 町村信孝外相が国連で演説するのに先立ち、小泉政権は二〇〇五年九月十一日、国連分担金問題について、
 「二〇〇七年以降の日本の国連分担金の引き下げを要求する」
 と決めて、外相を送り出した。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集(申し込み日から月額1000円)

板垣英憲マスコミ事務所
にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング

コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小泉元首相から好意的な目で... | トップ | 菅直人首相は「マニフェスト... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子供手当て (読者)
2011-01-15 18:12:08
これに相当する金額が施設に支給されています。
きちんと調べて物を書きましょう。
>子供手当て (板垣英憲)
2011-01-15 22:59:06
>これに相当する金額が施設に支給されています。
>きちんと調べて物を書きましょう。

もちろん、そのことは承知しております。
その上で、「子ども手当てを保護者の所得に関りなく支給するくらいなら」という、ことわりを入れているわけで、その意味をよく理解していただきたいですね。
それとも読者様は、入所している子供の人数分の支給額で、十分な支給だとお考えなのでしょうか。
だとしたら、いやはや、菅首相の掲げる「最小不幸社会」という政治哲学が、ここまで国民に浸透しているものかと、実に嘆かわしく思うところでございます。
馬鹿かんは総理ではなく!ただの馬鹿! (なつき)
2011-03-17 23:17:34
カリスマも人間的な心もないのに!何が総理だ!馬鹿かんと言ったら馬鹿が怒りそうな位、外道きわまりない!!!
日本の為に止めて下さい (矢入秀之)
2011-05-10 17:33:55
私はあなたに何の恨みもありがせんが日本の為を思うならば亀井静香さんのようなはらをくくる人に変わって下さい

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事