DVD発売のご案内◆5月開催の第12回板垣英憲『現代兵学研究会』がDVDになりました。

2016年07月12日 07時04分06秒 | お知らせ
◆DVD発売のご案内◆6月開催の第12回板垣英憲『現代兵学研究会』がDVDになりました。



板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
6月開催の『現代兵学研究会』
第12回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」(平成28年6月26日)
「武田信玄と真田3代の調略と謀略」
~孫子の兵法と兵法36計、そして三国志から読む
《日本人シュメール起源説》「天孫人種六千年史の研究」(愛媛県大三島神社神官・三島淳雄著)


**********板垣英憲の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
6月開催の「第54回 板垣英憲『情報局』勉強会」
「参議院議員選挙結果と安倍晋三政権の命運」~「自公」VS「野党連合」激突~日本は独立国か、米国の属国か(背後にキッシンジャー博士、ジャパンハンドラーズの影) (平成28年6月12日小石川「涵徳亭」)

※その他過去開催されました勉強会・現代兵学のDVDをご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会


本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
安倍晋三首相は、うっかりすれば、政権を危うくしかねず、勝利の美酒にいつまでも酔ってはいられない

◆〔特別情報1〕
 世界支配層(天皇陛下を頂点とする300人個人委員会、キッシンジャー博士=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官やフリーメーソン・イルミナティ)は、安倍晋三首相が、参院議員選挙で「改憲勢力」が改憲条項3分の2を確保した途端、「争点隠し」していた憲法第9条改正=国防軍創設を主要目的とする憲法改正を図ろうとする本性を露わにしてきていることに不快感を示し、「危険視」しているという。小沢一郎代表は7月10日夜、記者団に「安倍さんの考え方、自民党の草案は、憲法の本質を全く理解していない。近代法の理念に反する。それが前提では各野党とも議論しにくい」と苦言を呈している。近隣諸国では、とくに中国、韓国は、「安倍晋三首相が、日本を再び軍国主義化させようとしている」と強く警戒し、鋭い批判の矢を浴びせ始めており、日中、日韓外交が、不安定になりつつあり、安倍晋三首相は、うっかりすれば、政権を危うくしかねず、勝利の美酒にいつまでも酔ってはいられなくなっている。銃撃戦が相次いでいる南スーダンの首都ジュバで国連のPKO=平和維持活動に参加している陸上自衛隊部隊、7月11日夕方、現地の日本人の国外退避に備えるため派遣された航空自衛隊輸送機3機が攻撃を受けて、自衛官に死傷者が出た場合、安倍晋三首相は、たちまち責任を問われて危機に陥る。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ

第13回 板垣英憲・『悠久の歴史研究会』(旧「現代兵学研究会」)
日時2016年7月23日(土)16時30分~20時30分
「日本民族のルーツを探る」~黄金の国ジパングの秘密




第56回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年8月6日 (土)
「世界新機軸が築く真のクローバル時代到来、日本の使命と役割」
~ブロック経済EU・NATOと中国経済崩壊後の新時代


◆板垣英憲の新刊のご案内◆
『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド


2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
クリエーター情報なし
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

6月開催の「第54回 板垣英憲『情報局』勉強会」
「参議院議員選挙結果と安倍晋三政権の命運」~「自公」VS「野党連合」激突~日本は独立国か、米国の属国か(背後にキッシンジャー博士、ジャパンハンドラーズの影)(平成28年6月13日小石川「涵徳亭」)

5月開催の『現代兵学研究会』
第11回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」(平成28年5月29日)
「大日本帝国陸軍中野学校の大陰謀
日本を100年守り続ける東西冷戦の仕掛け」
~戦後70年間有効に作用し続けた朝鮮半島分断戦略と新東西冷戦
《日本人シュメール起源説》「天孫人種六千年史の研究」(愛媛県大三島神社神官・三島淳雄著)


その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】

カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意
クリエーター情報なし
ベストセラーズ



◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊)]

目次

第5章 改革を阻む抵抗勢力の排除       .
敵は社外ではなく内部にいる
 官僚主義がはびこる


 「官僚的で経営責任があいまいだ」
 日産自動車は、かねてからこう評されてきた。それにもかかわらず、赤字経営になって危機的状況になっていたのに、その危機に対して鈍感だった。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

板垣英憲マスコミ事務所


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 自民党は勝利したものの、東... | トップ | 7月23日(土)「板垣英憲『... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今井絵理子の応援演説をしたTRFのSAMに地元・埼玉から政界進出ラブコール!? (Unknown)
2016-07-12 19:42:18
http://www.asagei.com/excerpt/62079
TRFのSAMが7月9日、今井絵理子氏の街頭応援演説に駆けつけた。共に90年に活躍した
アーティスト同士ということで応援演説を引き受けたそうだが、一部からはSAMに対して
「応援なんてどうでもいいから、SAM自身が政治に携わってほしい」という声が上がっている。

「SAMは埼玉県にある大病院の息子として知られていますが、その地域の住民はかねてから
SAMの政界進出を願っています。国政でも県政でもいいから出てほしいというぐらい強い思い
なんだとか。実はその市は2005年に住民投票によってお隣のさいたま市と合併したのですが、
事実上吸収のような形となり、地域サービスは悪化。それを地元出身のSAMになんとかして
ほしいということなんです」(週刊誌記者)

 ずいぶん都合のいいお願いで、果たしてSAMが政治家になったところで問題が解決するのか
どうか疑問は残る。それでも地元では大いに期待されているのだとか。

「住民の根底にはこれまでの地元政治家に対する不信感があるんです。1996年に駅前の
再開発が行われた時、市議や市長の判断で東武鉄道の駅であるにもかかわらず、別の系列の
スーパーをメインにしました。それに怒った東武鉄道は報復として2015年まで駅にエスカレーターを
設置しなかったと言われています。これを住民は地元政治家の完全な失策だと捉えているようで、
不信感は根強い。でも地元の名家出身でありながら、世界的に活動しているSAMなら
なんとかしてくれると考えているようです」(前出・週刊誌記者)

 SAMが出馬する日はそう遠くないのかもしれない。
日露の元外交官が共同提案 (Unknown)
2016-07-12 19:53:58
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/040400028/062200009/?P=5
共同経済活動については例えば、日ロの元外交官がこんな提案をしている。

 日ソ共同宣言の中で、平和条約締結後の歯舞、色丹島の日本への引き渡しを定めた条項を交渉の出発点とするとともに、
同時並行で国後、択捉島に双方が受け入れ可能な法的地位をもった「特別共同経済地区」をつくる交渉を進めるというものだ。
パノフ元駐日ロシア大使と東郷和彦・元外務省欧亜局長が2013年7月、ロシアのネザビシマヤ・ガゼタ(独立新聞)に共同で寄稿した。

日本はあくまで原則論を貫くのか。あるいは共同経済活動を前向きに検討し、日ソ共同宣言の履行(歯舞、色丹島の日本への引き渡し)と
国後、択捉両島の共同経済活動という合わせ技で解決策を模索するのか。はたまた第3の案を練るのか。

 当面は年末に見込まれるプーチン大統領の訪日を視野に、「新アプローチ」による水面下での交渉が本格化していくことだろう。
小沢さん (新進党時代からのファン)
2016-07-12 20:00:03
板垣先生はじめまして。
先生は、小沢一郎さんの復活を一貫して述べられていますが、

今まで、一度もそのとおりになりませんでした。
たまにはご予測をマジで当ててください!
南シナ海、中国の主張認めず=仲裁裁判所、初の司法判断-習政権は反発 (Unknown)
2016-07-12 20:07:32
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016071200745&g=int
オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、南シナ海問題をめぐる判決で、中国が南シナ海をほぼ囲むように設定する独自の境界線「九段線」について、「歴史的権利を主張する法的根拠はない」との判断を下した。また、南沙(英語名スプラトリー)諸島で中国が造成する人工島に関し、排他的経済水域(EEZ)は生じないと判断した。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事