小沢一郎代表を支持する会会報で、小沢一郎代表が巻頭を飾る

2014年12月10日 07時41分14秒 | 政治
◆小沢一郎代表を支持する会「一由倶楽部」の会報紙で、小沢一郎代表が、以下の通り巻頭を飾った。


「一由倶楽部の皆様方へ
 一由倶楽部の皆様方には大 変お世話になっております。小沢一郎です。今回の一由倶楽部創設十五周年にあたり、謹んでご挨拶申し上げます。
 思えば随分長く政治をやっております。権力闘争というのは本当にしんどい部分があります。時には多くの友を敵にしなければなりませんし、時として『でる杭』はここまでやるかというほどに打たれます。私自身、政権交代直前に検察権力によって先進国では考えられない不当な攻撃を受けましたし、権力追従のメディアから名誉棄損をはるかに超える誹誇中傷を受けて参りました。正直今日まで本当によくやってこられたものだと思います。もうくたびれたと思うこともありますし、心底嫌になることもあります。しかし、そんな時は必ず私自身の心の中で、皆様方からの『負けるな』『頑張れ』「国を変えてくれ」との応援の声が大きく響きます。一由倶楽部の皆様方におかれましても、私がこれまでさまざまな攻撃をあらゆる方向から受けながらも、常に私の傍らで力強く支えていただいて参りました。たくさんの温かい声をかけてくださいました。このことに思いを馳せるとき本当に胸が熱くなり、必ずもういっぺん皆様方の期待に応えるべく、何としても政権交代を成し遂げよう、そういう思いが強く沸き立つのです。端的に言って、いまこの国は三つの危機に直面していると思います。
 まず、第一に『経済の危機』です。足もと政府・日銀の円安・インフレ政策で実は国民の生活はますます厳しくなりつつあります。いくら年金で株を買わせても、大手輸出企業のために円安を進行させても、もはや国内の大半の企業は逆に=ストアップで大変な状況です。また、給与は上がらず全ての物価が高騰していますので国民の生活水準も下がっています。ところが総理も日銀総裁も『今さら引き下がれない』というメンツだけで来年二%の物価上昇率に向けてインフレだけに邁進しているのが実態です。
 肝心の『三本目の矢』は一体どこへ行ったのでしょう。この間、このような国民の生活の圧迫の上に成り立っている株価も副作用の反動で先行き暴落の危険性が高まっています。すなわち、政府・日銀の見せかけの実態の伴わない金融経済政策によって先行き国民生活が困窮する危険性が高まっている、これが『第一の危機』です。
 『第二の危機』は『外交の危機』。これはもはや多くを語る必要がないでしょう。近な隣人である中国・韓国とはほぼ絶縁状態であり、首脳会談もなかなか開けません。戦後、諸先輩がこれまで苦労して築き上げてきたアジアの中の平和国家日本という信用が一気に崩壊しつつあります。先の改造内閣の顔ぶれをみましても、戦前肯定の総理と考え方を同じくする「勇ましい人達」が随分増えました。
 そして、一番深刻な『第三の危機』。それは『民主主義の危機』です。一強多弱が極端なまでに進み、もはや日本の議会は議会制民主主義の体をなしていません。本来ありえない集団的自衛権を巡る解釈変更もあっという間に通ってしまいました。このままでは大政翼賛会的な自民党政治がいくところまでいき、時計の針が逆行する、国民不在の政治が究極まで進行してしまう恐れがでてきております。だからこそ私は立ち止まるわけにはいかないのです。現在のように何となく推移し、気が付いたら崖から転落している、そんな事態だけは避けなければなりません。経済の危機、外交の危機、民主主義の三つの危機を何としても食い止めなければならない。そういう思いであります。しかし、私一人ではできないことです。今後、多くの人々にこのことを訴えて行き、思いを共有し、最終的には『闘い』で勝ち抜かなければなりません。『政権交代は難しい』という人がいます。確かに現状の野党各党を見れば仕方のないことです。しかし、国民の中には二〇〇九年に選挙で政権交代を成し遂げたという確かな記憶があり、また、そもそも小選挙区制度は国民の思いに沿って政権交代が起こりやすくなる仕組みとして整えられたものです。いつでも十分可能であると思っています。一由倶楽部の皆様方には、これまでも本当に力強く応援していただいて参りました。この国家的難局を打開すべく、どうか引き続き皆様方のお力をお貸しください。私自身、身命を賭して、この戦いに勝ち抜く覚悟であります。どうかよろしくお願い申し上げます。終わりに一由倶楽部様のますますの御発展と、ね会員皆様方の御活躍・御多幸を心よりお祈り申し上げ、私からのご挨拶とさせていただきます。」

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
安倍晋三首相は、丸で夜盗の如く「急ぎ働き」した後、「長期政権戦略」を崩壊させる最大の「元凶」に襲われる

◆〔特別情報�〕
 「景気回復、この道しかない。」と絶叫しながら、安倍晋三首相は、総選挙(12月14日投開票)で「300議席」確保の見通しがつき、強気の快進撃を続けている。自民党の選挙資金を大量に「宣伝費」に投入、インターネット広告にも湯水のごとく費やしている。文字通り物量作戦だ。だが、第3次安倍晋三政権の「景気政策」の前途に早くも黄色信号が点滅している。内憂外患のなかでも「外患」が最大の元凶である。これに襲われる。すなわち、海外の経済破綻による悪影響から直撃を受けて、日本経済が大きなダメージを受け、第3次安倍晋三政権を根底から揺るがし、2015年9月の自民党総裁選挙で勝利しようとしている安倍晋三首相の「長期政権戦略」が脆くも崩壊しかねない情勢がすでに見え始めている。一体、安倍晋三首相の「長期政権戦略」を崩壊させる「元凶」とは何か?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ



第36回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成27年1月10日 (土)
オバマ大統領が安倍晋三首相に仕掛ける大陰謀
~米国を恐怖させる日・欧の景気後退危機迫る!


◆新刊のご案内◆
地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
11月開催の勉強会がDVDになりました。
 「黒田官兵衛と孫子の兵法
 ~秦ファミリーの秘密がいま明らかになる」

その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊)

目次

第7章 試験の作文から企画書まで
4 大学の卒業論文の書き方


 標準的にフォーマットを紹介しておこう。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『目を覚ませ!財界人』(1995年9月25日刊)
『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日(1998年4月5日刊)
『誠』の経営学~『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす
『忠臣蔵』が語る組織の勝つ成果Q&A
『風林火山』兵法に学ぶ経営学~人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)


板垣英憲マスコミ事務所


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 小沢一郎代表が、自ら「原点... | トップ | 沖縄県の翁長雄志知事が就任... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
RBS:日本国債プライマリーディーラーから撤退、大幅削減へ (リサ)
2014-12-10 20:56:49
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGCMRK6K50YE01.html
12月10日英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ (RBS)が、債券のトレーディング業務からの撤退をはじめ、日本でのビジネス縮小を検討している。複数の関係者への取材で明らかになった。
関係者によれば、RBS傘下のアール・ビー・エス証券は国債のプライマリーディーラー資格を返上する見通しだ。RBSグループではその他の日本での事業も縮小する方針で、人員については2015年中に現在の約250人の8分の1に相当する30人程度にまで減らす計画。人員削減は2月までにおおむね完了させるとみられる。

>日本から次々に外資系金融資本が撤退しています。今までにはなかった事態です。
《政界三国志》(1)自公=魏←→(2)民主=呉+(3)維新=蜀(大阪=成都) (《政界三国志》(1)自公=魏←→(2)民主=呉+(3)維新=蜀(大阪=成都))
2014-12-11 02:15:28
《政界三国志》(1)自公=魏←→(2)民主=呉+(3)維新=蜀(大阪=成都)
=>http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2014/11/blog-post_418.html
(はなゆー2014年11月29日)
★【衆院選/呉蜀同盟】連合が「維新の党」の候補支援を容認した!

★レッドクリフ<衆院選>比例投票先【自民35% 民主11% 維新10%】毎日調査

★【衆院選】毎日新聞世論調査で「維新の党」が驚異的な追い上げ!!(はなゆー2014年12月10日)
=>http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2014/12/blog-post_178.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000069-mai-pol

★日本の「レッドクリフ(赤壁の戦い)」=2位3位連合の勝利はあるのか?
★【レッドクリフ ジャパン!】(日本における赤壁の戦い!)=>2位3位連合は【呉蜀の奇跡の逆転勝利】となる?

諸葛孔明は小沢なのか???

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事