日本国債が買われて、株価低迷のときこそ、株買い出動のチャンスというシグナルだ

2012年05月22日 03時44分10秒 | 政治
◆日本の株式市場が、このところ低迷している。これに過剰反応して、「日本の投資家」は、いつものように消極的になってしまう。いかにも、「対米追従」と同じような姿勢なのだ。それでもまた、株式に出動して、失敗して損をする者は少なくない。日本人投資家は、「外人」に弱い。大体が外人投資家の動きに追随してしまうからである。
 だから、いつの場合でも、日本人投資家は、「外人投資家」に「ジャパニーズ、テイク・アウト」と馬鹿にされてしまうのである。
◆いま、日本人投資家は、いつもながらにのんびり構えている。だが、外人投資家は、欧州金融危機に警戒して、株式投資を買い控えして、むしろ日本国債を横目に見ながら、それでも日本国債を買い走る投資家は少なくないのである。
 1000兆円の借金を抱えながら、実はこの90%以上が日本人投資家だと知って、逆に安心しているのが、外人投資家である。いかに格付け機関が、格付けを下げようとも、ビクともしなかった日本国債に信頼感を高めているのだ。
 つまり、日本国債がいかに安定して信頼のおける国債であるかを信じている。すなわち、翻ってみると、日本経済の強さは、「純金の保有高」に保証されているとも言える。それは、欧州金融危機の再来に怯えている投資家に対して、日本経済の強さを保証することでもある。
◆逆張りという言葉を信じるならば、株価が低迷しているいまこそが、その時である。これは、めったに起きることではないからである。
 株式相場が世界的に低迷しているのは、欧州債務問題を警戒した市場参加者のリスク回避姿勢が強まり、日本株はまさに逆境にあるように見えているだけにすぎない。ここで怯んでいたのでは、株式投資のチャンスを失ってしまう。

にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
中国が新たな「革命期」に入っており、新しい政治勢力が「北京政府の覇権」に挑戦していく

◆[特別情報①〕
 中国が新たな「革命期」に入っている。「革命」という言葉は、中国独特の言葉である。欧州のレボリューションとも違う。レボリューションは、支配階級の交代を言う。けれども、革命は、天命が改まるとの意味で、王朝交代に用いられてきた。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

携帯電話から有料ブログへのご登録
http://blog.kuruten.jp/mobile.php/top

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】新連載を始めました。
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日)日本文芸社刊



目次

第5章 格付け会社・ムーディーズの神秘的魔力

―意図的な情報操作で猛威を振るう国際金融資本の尖兵②

●まるで総会屋のような「勝手格付け」

 日本の格付け機関の主流は、発行体である企業や法人から依頼を受けて、内部の綿密な調査により行なうのが通常である。依頼する企業は、資金調達などの目的で対外信用度を高める手段として格付けを依頼してきたのである。
 これに対してアメリカの格付け機関は、企業から依頼を受けて格付けするのを主流としながらも投資家から依頼を受けて発行体(企業)を格付けするケースが少なくない。発行体の知らないところで勝手に格付けするので、彼らの格付けは「勝手格付け」と呼ばれている。ムーディーズやスタンダード&プアーズが得意としているのが、この「勝手格付け」である。


つづきはこちら→→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊


第6回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成24年6月16日(土)
『TPP参加で日本はどうなるか』
~還太平洋戦略的経済連携協定の真の狙いを解明する


板垣英憲マスコミ事務所

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 胡錦濤国家主席は、「新疆ウ... | トップ | 小沢一郎元代表が、野田佳彦... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (中国軍制服組トップ、来日中止 関係悪化の影響か. )
2012-05-22 11:35:28
中国軍制服組トップ、来日中止 関係悪化の影響か
http://www.asahi.com/international/update/0522/TKY201205210780.html

 中国軍制服組トップの郭伯雄・共産党中央軍事委員会副主席が、24日からの来日を中止したことがわかった。野田佳彦首相や田中直紀防衛相と会談する予定だったが、今後の来日日程は決まっていない。日本政府関係者が明らかにした。

 17日に田中氏が中国の程永華駐日大使と会談した際、郭氏の来日に向けて連絡を取り合うことを確認していたが、先週末に中国側から「業務上の都合で来日が難しくなった」と連絡があったという。亡命ウイグル人活動家の来日や、尖閣諸島の購入問題などをめぐる日中関係の悪化が影響した可能性がある。

 郭氏は同じ制服組の国防相より序列が高く、来日時には田中氏らと両国の海洋トラブル防止に向けた連絡システムづくりなどについて協議する予定だった。
「ちきゅう」の様子 (「ちきゅう」の様子)
2012-05-22 13:52:06
「ちきゅう」の様子
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/021/709/01/N000/000/000/130304516076516215771_chikyu.jpg
を見ますと、「ちきゅう」で人工地震の素を埋設しているのは、ロシア近辺ステップ草原のマルキスト民族であることがわかります。


「白人」というと、米英を連想しがちですが、米国はトモダチ作戦のように日本を支援し、北米大陸も汚染を被っており辻褄が合いません。


実は、ロシアステップ平原のマルキスト遊牧民(中露台湾等アジアフリーメーソンマルキスト)が
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/021/709/01/N000/000/000/130304516076516215771_chikyu.jpg
のように、「311」を仕掛けていたことになります。
四半世紀経って、いよいよ沈降したウランプルトニウムが本格的に出てきたようだ (水道水云々の問題は昭和60年のJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事から繰り返されてきた)
2012-05-22 19:44:33
昭和60年のJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(アジアマルキストフリーメーソンによる日米韓への攻撃)当時は、日米勢力及び欧米系のフリーメーソンにより様々な汚染低減方法が研究され甚大な人的被害は一時的に防いた。

例えば、昭和63年前後には、秩父の二瀬ダム(秩父神社近く)で、ダムごとエア曝気してみたりもしたが、結局、沈降していた放射能が出てくるだけで、ダムの多量設置及び、砂防ダムの大量設置が平成に入って行われた。

放射能対策には還流系の水系が良いということで、さいたま市以南の地域は浦和に彩湖を作り、循環水系とした。同時に、東京方面は、重汚染物質は沈降済みであるので、複合高度処理を推進することとなった。

還流水系が比較的有効なのは、合併浄化槽、農集処理場、及び下水処理場における処理排水が比較的酵素を含んでおり、これが水系の放射能対策には有効ということで、上流部神流川及び烏川沿いには合併浄化槽の設置、農集処理場の設置が進んだ。


現在の福島原発云々では、比較的海岸線が汚染されているため、核燃料が地下に潜っても、地下水の汚染は特殊な水脈を除いては起こらない。
しかし、1985年8月12日の日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事では、大量の核で水源地が汚染されたため、沈降していた不発の核残骸がようやく流れ出してきた状況である。
「ちきゅう」が来ると地震が起こりますが (「ちきゅう」が来ると地震が起こりますが)
2012-05-23 00:36:07
「ちきゅう」が来ると地震が起こりますが

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A1%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%80%80%E5%9C%B0%E9%9C%87&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7&rlz=1I7RNWE_jaJP310&redir_esc=&ei=Pqq7T-CuFY2PiAfH9pGPCQ

「ちきゅう」の様子

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/021/709/01/N000/000/000/130304516076516215771_chikyu.jpg
を見ますと、「ちきゅう」で人工地震の素を埋設しているのは、ロシア近辺ステップ草原のマルキスト民族であることがわかります。

ロシア~中央アジア~イラン 付近に見られる人種の白人です。


「白人」というと、米英を連想しがちですが、米国はトモダチ作戦のように日本を支援し、北米大陸も汚染を被っており辻褄が合いません。


なぜ、日本の「ちきゅう」を中央アジア人が操っているのでしょうか。

実は、ロシアステップ平原のマルキスト遊牧民(中露台湾等アジアフリーメーソンマルキスト)が
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/021/709/01/N000/000/000/130304516076516215771_chikyu.jpg
のように、「311」を仕掛けていたことになります。


確かに、ロシアは大産油国
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%8E%9F%E6%B2%B9%E3%80%80%E5%A4%A9%E7%84%B6%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%80%80%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7&rlz=1I7RNWE_jaJP310&redir_esc=&ei=R667T8vYBpHImQWxxJysCQ
で、人工地震の素を埋め込む掘削技術も有しており、イランの天然ガスも開発していますが、まさか、日本の「ちきゅう」を操って人工地震攻撃しているとは。
日本国債 札割れ (日本国債 札割れ)
2012-05-23 00:43:37
日本国債 札割れ
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%82%B5%E3%80%80%E6%9C%AD%E5%89%B2%E3%82%8C&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7&rlz=1I7RNWE_jaJP310&redir_esc=&ei=hrO7T-uqLOWgmQWE2eDDCQ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事