安倍晋三次期首相は、祖父・岸信介元首相の思想を受け継ぎ、「戦前回帰」させる新内閣を樹立、米国が警戒

2012年12月23日 02時01分54秒 | 政治
◆安倍晋三次期首相は、12月26日、特別国会で首班指名投票により、首相に就任する。そのために、新内閣の組閣の新閣僚人事構想を着々と固めつつある。だが、安倍晋三次期の思想的傾向から、極めて「右寄り」の政権が誕生しそうだと言われている。しかも、それは、「単なる右寄り」ではない。祖父・岸信介元首相の影響を強く受けて、戦前回帰、すなわち、戦前の「大東亜共栄圏」建設の亡霊が、蘇ってきそうな形勢である。
岸信介元首相は、東京帝国大学法学部卒業後、農商務省に入省、同省廃止後は商工省で要職を歴任し、「革新官僚」と言われて、辣腕を振るった。建国直後の満州国に渡り、国務院の高官として実業部次長や産業部次長などを歴任し、「満州開発五か年計画」などを手がけた。その後、日本の商工省に復帰し、商工次官に就任した。東條英機内閣では商工大臣として入閣した。なお、東條英機内閣の閣僚を務める間も、商工省の次官や軍需省の次官を兼任していた。
これらの要職にあるなかで、数々の利権を形成した。
戦後、総理大臣に就任した。だが、退任してからも影響力を行使し、フィクサー、黒幕、「昭和の妖怪」とも呼ばれた。さらに、読売新聞オーナーの正力松太郎などとともに中央情報局(CIA)から資金提供を受けていたと言われている。
◆戦前回帰と言えば、「大東亜共栄圏」「五族協和」「八紘一宇」「皇国史観」「皇軍」「教育勅語」「靖国神社」などの言葉が思い浮かぶ。
 安倍晋三首相は、これらの言葉による影響を強く受けていることを感じさせる政治家である。それが、今回の総選挙中の街頭演説にも表れていた。「国防軍」「憲法改正」などのキーワードがそれだ。
 安倍晋三次期首相の仲間の政治家には、国家基本問題に深くかかわっている政治家が、少なくない。それは、教育面では、「教育勅語」の復活も辞さない確信犯的な人物までいる。外交防衛面では、「国防軍」という言葉を堂々と使い、まるで「皇軍」のイメージさえ彷彿とさせている。
◆これらの言葉から、近隣諸国はもちろん、米国の内部でも、危険視する動きがある。そのうち、とくに警戒しているのは、「大東亜共栄圏」「五族協和」である。日本、朝鮮、満州、中国、モンゴルを一つのブロックとして共存共栄を図ろうとする政策だ。
 この政策に基づいて旧満州に満州国を建国したのが、大日本帝国陸軍の関東軍であった。これが、ユダヤ人国家を建設しようとしていた米国とぶつかり、日中戦争から太平洋戦争へと発展したのである。
 だから、安倍晋三次期首相が、韓国ばかりでなく、北朝鮮に強い関心を示せば、示すほど、米国から警戒されることになる。
◆祖父・岸信介元首相は戦後、朝鮮半島の利権を掌握していた。しかも、北朝鮮出身の新興宗教家との関係により、「反共政治団体」をつくり、日本国内で反共運動を展開した。約2万人とも言われたメンバーたちの幹部たちは、自民党中枢に入り込み、衆参両院の議員の事務所に取りついて、秘書などとして活動してきた。
 安倍晋三次期首相は、この団体との結びつきが深い。「美しい国」という言葉も、この団体関係者がつくったものであると言われている。
 こうした言葉を現実に体現するのが、安倍晋三内閣の閣僚たちであるとも言える。それが、間もなく明らかになる。

※Yahoo!ニュース個人


BLOGOS

にほんブログ村 政治ブログへ

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎元代表は、目下、世界勢力が日本の金融関係担当者に対して処罰する嵐が去るまで身を潜めている

◆〔特別情報①〕
小沢一郎元代表は、日本未来の党の新執行部体制について、嘉田由紀子代表(滋賀県知事)と阿部知子衆院議員との共同代表体制でいくことを了承、小沢一郎元代表は、これまで通り、「無役」のまま新体制を支えるという。12月26日には、特別国会が召集され、首班指名投票が行われ、自民党の安倍晋三総裁が、首相に就任するので、その前に、日本未来の党として、新執行部体制を整えておく。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

携帯電話から有料ブログへのご登録
http://blog.kuruten.jp/mobile.php/top

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓



第13回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成25年1月12日(土) 
『2013年の世界情勢』
~どうなる日本経済、どう動く景気


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売させて頂くことになりました********

板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

現在は、下記4種類(各定価3000円)をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
『どうなる総選挙とその後の政権枠組み』 ~争点は、原発ゼロ・景気・TPP(2012年12月8日後楽園「涵徳亭」にて)
『米国と核戦争』 ~悪の戦争経済・第3次世界大戦(2012年11月11日後楽園「涵徳亭」にて)
『中国革命前夜~中国共産党1党独裁北京政府の崩壊』(2012年10月20日後楽園「涵徳亭」にて)
『橋下徹市長を徹底解剖する』~果たして龍馬か悪魔か(2012年9月15日後楽園「涵徳亭」にて)


【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】新連載を始めました。



『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日サンガ刊)
※この本は「小沢一郎ウェブサイト」の「著書・関連書籍 小沢一郎について書かれたもの」に紹介されています。

第6章 田中角栄直伝・選挙必勝のセオリー ②

田中角栄から選挙の極意を伝授される

 小沢一郎の選挙の仕方について語るとき、私は必ず同じエピソードを引き合いに出すのだが、小沢一郎は、田中角栄から選挙の極意なるものを伝授された。

つづきはこちら→→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日ジャパミックス刊)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日サンガ刊)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日 共栄書房刊)
『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日 ごま書房刊
『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊

板垣英憲マスコミ事務所

コメント (3)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 小沢一郎元代表は、「日本未... | トップ | 「10年の時限政党」として... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
右傾化と安倍政権 (金鶏)
2012-12-23 07:03:46
憲法改正、国防軍創設、といったら、なぜ、「安倍さんは戦争回帰」となるのでしょうか?
飛躍のし過ぎではないでしょうか?
ちなみに一週間ほど前衆院新潟5区で大惨敗を喫した元首相の娘さんも街頭演説で同じことをおっしゃってました。
そもそも憲法9条自体が、国民の生命財産を守るという13条と25条に抵触しているのではないでしょうか?
私も「戦争には反対」ですが、「戦争をする能力を有する国家」を作るのは政治家として当然の義務です。

また教育勅語はそんなに悪いのでしょうか?
教育勅語の中身を読むときわめてまっとうだと思いますが。
朝日新聞は投票分析の記事や読者投稿欄などを使って、元教員みたいな方を登場させて「教え子を戦争に送るのは反対」みたいなことを言わせていますが、いかがなものでしょう。
日教組や教員団体はなぜ北朝鮮に「教え子を返せ」とは一言も言いません。おかしくないですか?
同胞が拉致されても「北朝鮮がそんなことするはずがない」と見て見ぬふりをして拉致被害者を放置して平然としていられる卑劣漢を育てることがそんなに大切でしょうか?これが真の平和教育なのでしょうか?
戦前の教育勅語のほうが、いまの日教組のいかがわしい反戦教育よりはるかにまっとうだと思いますよ。
私は「北朝鮮から拉致された同胞を取り戻す」と言う気概のある青年を育てることもこれから必要だと思いますがいかが…。
日本の選挙は、日本人と在日コリアンの戦いです! (愛信)
2012-12-23 17:05:41
日本の選挙は、日本人と在日コリアンの戦いです!
http://youtu.be/WyBan0AXQpg
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

安倍政権は「尖閣決戦」に備えよ (愛信)
2012-12-23 21:33:09
安倍政権は「尖閣決戦」に備えよ
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121220/chn12122011140003-n3.htm

支那では50年間共産主義の理想を掲げて反日教育で人々を洗脳して来た。 日本では売国政党の創価学会
公明党や民主党を利用した日本侵略活動を進めてきた、そして日本人の奴隷化を可能にする法案である人権
擁護法案があとい一歩で成立するところで解散総選挙が実施されて、自民党の大勝利の結末を迎えた、この
為に支那の日本制圧の作戦計画は狂ってきた。 しかし、支那は50年間の反日教育で進めてきた既定の戦略
は変更出来ないのである。 日本が尖閣を譲歩すれば沖縄を取れる。 沖縄を取れたら九州を取れる。 
そして西日本を支配下に置く。 2013年1月1日の尖閣決戦も支那の計画通りに実行される。この時が、
もしも民主党政権ならば譲歩して支那の尖閣諸島の実効支配は既成事実化するところだったが、今日の
自民党政権では衝突しても抗争しなければならない。  安倍自民党政権は反日売国創価学会公明党
や支那の手先となっている朝鮮に配慮する時間がないことを自覚して、今回の総選挙で獲得した多くの議
席の再確認して愛国系日本国民を信じて支那の侵略に毅然と対処するべきである。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

安倍晋三と岸信介、そして「日米安保無効訴訟」 (格闘する21世紀アポリア)
 憲法改正を志向する安倍晋三は ”維新” や ”みんな” に秋波を送っているようだが、その着地点は「憲法9条改正」にあるだろうことは誰もが予感している。  ただ、仮に9条を改正し自前のいわゆる ”軍隊” を世界にアピールしたとしても、アメリカとの関係、つまり...
嵐が過ぎないと着地できない? (約束の地から)
「最後の?万円」と書いたのは昨年末のこと。一年以上経つのに相変わらず着地できていません。どうしてだろうと思っているのですが、板垣英憲さんのブログに、「昨年末から始まった世界金融秩序を混乱させた政財界の大物を処罰する動きが今も続いていて、この嵐が過ぎるの...
太陽光パネルつけるか (れっしぃの境界線)
太陽光パネルをつけるか迷っていた。