「捨てる神あれば、拾う神あり」、小沢一郎代表は、「拾う神」山本太郎に救われ、「一郎と太郎コンビ」誕生

2014年12月28日 06時51分30秒 | 政治
◆「捨てる神あれば、拾う神あり」とはよく言ったものだ。総選挙の結果、生活の党が、衆院議員2人、参院議員2人の計4人となり、政党助成金を受給できる「国会議員5人以上」という政党要件を充たすことができないのではないかと危ぶまれていたところ、間一髪で「5人」揃えた政党の資格を得ることができた。「滑り込みセーフ」となったのである。
 「拾う神」となったのは、無所属の山本太郎参院議員(東京)である。「反原発」を掲げて参院選挙に立候補し、いわゆる「5円ハゲ」といわれる「円形脱毛症」にも悩まされながら、見事当選を果たして、「国政檀上」に駆け上がってきた硬骨漢である。本人は「永田町の野良犬が保護された」と謙遜しているけれど、「野良犬」どころか「拾う神」になったのであるから、立派なものだ。しかも、稀代の「選挙の神様」を拾ったところが、傑作だ。「原発ゼロ」を提唱してきた小沢一郎代表は、「拾う神」山本太郎に救われ、「一郎と太郎コンビ」が誕生した。
◆しかも、面白いのは「新しい党名」である。「生活の党と山本太郎となかまたち」と少々長ったらしいけれど、「なかまたち」が他にもいるという「余韻」を残しているのが、頼もしい。総務省に駆け込んで「党名変更」を行ったので、これで気持ちよく新年を迎えることができる。
 これは見かけ上は、「数合わせ」のような感があるものの、そんなことは大した問題ではない。衆院には、無所属が10人、参院には「各派に属しない議員」がまだ3人計13人になる。世の中には「小が大を食う」と言葉があるように、「小なり」と雖も侮ってはならない。議決の際、「可否同数」になった場合、議長1人がどちらに投票するかで、勝負が決まることになっているからである。
 かつて、中曽根康弘首相が1983年12月18日の総選挙で自民党がわずかに過半数を割ったとき、少数政党だった新自由クラブと連立し、辛うじて過半数を確保できて、政権を維持したことを思い出せば、「「小が大を食う」どころか、「助ける」ということがよく理解できる。あのとき、中曽根康弘首相は、各派閥の領袖を回って「浅学菲才の身で」と恥をかきながら、陳謝していた。ところが、わずか3年足らずで、衆参同日(ダブル)選挙を断行して、自民党を大圧勝させたことが、いまさらながらに思い出される。
◆小沢一郎代表は、ゴールデン・ファミリーズ・グループ、フリーメーソン・イルミナティから、「世界の指導者」として大きな期待を寄せられているうえに、米国「ジャパン・ハンドラーズ」が安倍晋三首相、与党自民党に命令しているという情報もある。国際的には、小沢一郎代表は「拾う神」に助けられようとしていることを見逃してはならない。
 総選挙が終わった直後、小沢一郎代表は、無所属で当選した亀井静香元建設相の事務所を訪ねて、「生活の党入り」を要請した。だが、「数合わせなら断る」と一蹴されたという。亀井静香元建設相は、「捨てる神」だった。否「捨てる亀」だったようだ。今後「亀は、一郎には助けられない」ということでもある。
【参考引用】読売新聞YOMIURI ONLINEが12月27日午前8時34分、「『生活の党と山本太郎となかまたち』に党名変更」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 無所属の山本太郎参院議員が生活の党に入党した。これを踏まえ、同党は26日、政治資金規正法に基づき、『国会議員5人以上』の政党要件を満たしたとの届け出を総務相に提出するとともに、党の名称を『生活の党と山本太郎となかまたち』に変更した。党代表は小沢一郎衆院議員が引き続き務める。生活の党は、先の衆院選で惨敗した結果、所属する国会議員が4人(衆院2人、参院2人)となり、政党要件を失っていた。要件を満たしたことで政党交付金を受け取ることができるようになる」

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎代表が、ライフワークとして46年間取り組んできた「悲願=宿願」を果たす最後の戦いに着手

◆〔特別情報①〕
 小沢一郎代表は12月26日、「拾う神」となった山本太郎参院議員(東京)とともに新党「生活の党と山本太郎となかまたち」をスタートさせた。しかし、これは単に政治資金規正法に基づき、政党助成金の支給を受けるために必要な「国会議員5人以上」政党要件を満たすため、つまり「数合わせ」が目的ではなかった。「敵は本能寺にあり」と号令した明智光秀の言葉ではないけれど、小沢一郎代表は、衆院議員に当選して以来、ライフワークとして46年間取り組んできたいわば「悲願=宿願」を果たす最後の戦いに勝利するための作戦に、総選挙終了早々に着手しているのだ。その主戦場が参議院というわけだ。一体、「悲願=宿願」とは何か?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ



第36回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成27年1月10日 (土)
オバマ大統領が安倍晋三首相に仕掛ける大陰謀
~米国を恐怖させる日・欧の景気後退危機迫る!


◆新刊のご案内◆
地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
12月開催の勉強会がDVDになりました。
 「アメリカ帝国の崩壊とEUの解体」
~地球連邦政府樹立への通過点

その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊)

目次

第2章 米ブッシユ政権と対等に渡り合えるのか ①
 米国に「NO」と言う政権の八つの危惧


 菅直人は、野党の立場で、日米関係についてこれまで言いたい放題言ってきた。小沢一郎は、小泉政権がなし崩し的に「軍事路線」を歩んでいるのを見て、「成り行き任せの無責任政権」とヤユし、批判している。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。

『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊)
『目を覚ませ!財界人』(1995年9月25日刊)
『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日(1998年4月5日刊)
『誠』の経営学~『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす
『忠臣蔵』が語る組織の勝つ成果Q&A
『風林火山』兵法に学ぶ経営学~人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)


板垣英憲マスコミ事務所


コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 米国発の「リーマン・ショッ... | トップ | 安倍晋三首相の絶叫は、国民... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
★予言が完全に的中し、すでに「次世代の党」が滅びた!★つぎは、議席を減らした「自民党」が滅びる番だ!! (★予言が完全に的中し、すでに「次世代の党」が滅びた!★つぎは、議席を減らした「自民党」が滅びる番だ!!)
2014-12-29 02:40:28
★予言が完全に的中し、すでに「次世代の党」が滅びた!★つぎは、議席を減らした「自民党」が滅びる番だ!!
=>■原発常識29〉あらゆる公害は【最終的には企業・政府側が「非」を認める!!(時間がかかるだけ)】★これから(原発ゼロを宣言しないかぎり)【 安倍自民+《石原次世代》 】が滅びるとしたら・・・その原因は原発・放射能問題!・・・ナゼナラ、これだけは、絶対解決しないから。

=>原発被害は、【遅発性】

http://p.twipple.jp/5aohc
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-854.html
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11380553912.html
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/c61332351d06c44c1b52d1821d9c062a

(関連するので再掲)【 http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html#c633 】

■原発常識25〉最大の問題は【発送電分離】ができず「電力独占帝国」であること!
■原発常識26〉■★電事法改正し、「発送電分離」し「総括原価方式」をやめないと、我々の電気料金・税金の上乗せ分は永遠に【原発推進3大プロモーション費用=①政界工作費+②マスコミの国民洗脳費+③地元黙らせ費】に使われる!世界中で日本しかやっていないオマヌケな「甘い汁システム」!!
■原発常識27〉「東電の、東電による、東電のための、政治」=1)日本国最高権力者は「電力会社」!2)「自民党」なんてパシリ!3)「国民の命」なんて虫けら!→「電力会社の延命のために世の中の小さな事件まですべてが動いている」と仮定すると、すべてが非常によく説明できる。
■原発常識28〉原発は結局「単なる一部のやつらの醜い【利権】のカタマリ!」
■原発常識29〉あらゆる公害は【最終的には企業・政府側が「非」を認める!!(時間がかかるだけ)】★これから(原発ゼロを宣言しないかぎり)【 安倍自民+石原次世代 】が滅びるとしたら・・・その原因は原発・放射能問題!・・・ナゼナラ、これだけは、絶対解決しないから。
■原発常識30〉もっとも罪深き者、なんじの名前は【安全神話】!
『 原発は原爆より【量的に】はるかに危険! 』 (『 原発は原爆より【量的に】はるかに危険! 』)
2014-12-29 02:41:33
比較分析(A)と(B)ドッチが危険か?

=======
(A)核兵器 =>ワンポイント+短期被害
 (A1)核兵器の「核反応」は「一瞬」!
 (A2)被害の範囲=空間的には「1都市の破壊」。
 (A3)被害の時間=広島長崎10年で復興。
 (A4)被害の出方=瞬間の「外部被曝」が中心、「放射性物質の量」は多くない!しかも爆風によって飛ばされてしまう!

=======
(B)原発事故 =>超広域+長期被害 =>ナゼナラ放射性物質の量が桁違い!!
 (B1)原発の「核反応」は「四六時中」=>危険な核のゴミ=「放射性物質」の量が比較にならないほど多い=>福島事故だけで、恐ろしいセシウムのみでも(A)の4023発分が関東・東北の広域にばらまかれている!
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/c61332351d06c44c1b52d1821d9c062a
 (B2)被害の範囲=空間的には「数カ国の広域におよぶ。チェルノブイリは3000キロ離れた西欧全域まで汚染」!いまだにドイツの森の食材が食えない!
  http://p.twipple.jp/5aohc
 (B3)被害の時間=チェルノブイリ30年たっても復興の見通しすらない!
  http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201205020147.html
 (B4)被害の出方=内部被曝が中心で3~5年目まではなんともないようにみえるが、その後深刻になり、何十倍にも障害者が拡大し、何十年も続く。チェルノブイリ地域では現在正常に生まれてくる新生児はたった2.5%しかなく、全く解決の見通しがない。
 http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11380553912.html

========
=>こたえ『 原発は原爆より【量的に】はるかに危険! 』
========

おまけ(さすが副社長!この正直者~!)【関西電力元副社長】が本音を暴露!!
「原子力発電所は【安全と思ったことがないんです!!】」(2014年7月28日報道ステーション書き起こしbyみんな楽しくHappyブログ)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3841.html

★・・・あれ~?被害が何十年も続くのに、原発避難計画なんて当日のことだけ考えても意味ないよね~
★福島の甲状腺がんは原発事故原因が決定的に  (★福島の甲状腺がんは原発事故原因が決定的に )
2014-12-29 02:43:04
★福島の甲状腺がんは原発事故原因が決定的に  団藤 保晴
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/491.html
福島の甲状腺がんは原発事故原因が決定的に
http://bylines.news.yahoo.co.jp/dandoyasuharu/20141224-00041769/
 2014年12月24日 15時57分 団藤 保晴 | ネットジャーナリスト、元新聞記者

 福島の子どもたちに発見されている甲状腺がんが原発事故による発症である疑いが決定的になってきました。原発サイトからの放射能流出が長期に渡った点も新たに判明、原因でないと否定していた行政側見解が崩壊です。事故直後の甲状腺検査で異常なしだった子ども4人に、今年になって2巡目の検査で「がんの疑い」が報じられました。
 日経新聞の《子供4人、甲状腺がん疑い 原発事故直後「異常なし」》がこう伝えました。《今回判明したがんの疑いの4人は震災当時6~17歳の男女。1巡目の検査で「異常なし」とされていた。4人は今年4月からの2巡目検査を受診し、1次検査で「B」と判定され、2次検査で細胞などを調べた結果「がんの疑い」と診断された。また、1巡目で、がんの診断が「確定」した子どもは8月公表時の57人から27人増え84人に、がんの「疑い」は24人(8月時点で46人)になったことも新たに判明した》

 《幻の放射性ヨウ素汚染地図を復活させる【福島県版まとめ】http://www.sting-wl.com/iodine-map1.html》から引用させていただいた汚染分布地図です。米国の航空機モニタリングが原データで福島県の東半分しか描かれていませんが、セシウム134に比べてヨウ素131の分布が南部にも西部にも厚く広がっている点が見て取れます。
 どうしてこのような差があるのか不思議でした。21日放映のNHKスペシャル「メルトダウン File.5 知られざる大量放出」が謎を解いてくれました。これまで政府事故調などが調べてこなかった2011年3月15日以降に大量放出が続いていたのです。1号機や3号機の水素爆発、2号機の格納容器破損による放射能流出は全体の25%ほどに過ぎず、15日以降こそが流出本流だったと言えます。その中にヨウ素131が特異に多い流出もあり、南に西に福島県内に広く流れたようです。地図は土壌に沈着した分だけであり、揮発性であるヨウ素は空気中に大量に拡散したでしょう。甲状腺に蓋をするべきヨウ素剤は配布されませんでしたから子どもたちは無防備のまま置かれていました。
 報告されている甲状腺がん患者の分布は福島県全域に広がっており、原発サイトから北西方向に汚染の主流がある状況と差がありましたが、この疑問も解消です。福島県はチェルノブイリ事故での甲状腺がん増加が4、5年経ってから起きたことを論拠に、福島での甲状腺がんは多数の検査をしたため普段は見つからない例が掘り起こされたもので事故とは無関係との見解でした。最初の爆発が圧倒的だったチェルノブイリに比べて、福島では放射性ヨウ素への被ばく状況は大きく違ってきました。チェルノブイリ後の再現でないから原発事故の影響でないと否定するのは非科学的です。
 【参照】インターネットで読み解く!「福島原発事故」関連エントリー
 http://urx2.nu/fADU
★(基礎知識)
(1)甲状腺ガンは大人の病気で「子供の甲状腺ガン」は自然状態では事実上存在しない奇病のため原発事故の人工被爆の【国際的に認められた完全な証拠】!!
(2)理論的には100万人に1名しか出現しないはず。
(3)福島の30万人調査で本来は0.3人しか出現しないはずなのに、すでに患者が百数十人でている。
それでも自民党・御用学者は否定してきた。
★東京ヨウ素都市!米政府発表! (★東京ヨウ素都市!米政府発表!)
2014-12-29 02:44:19
2015年は、自民党と電力会社が崩壊の年だな・・・

なんと、米政府のデータをわかりやすく表示するとトンデモナイ被爆レベルであることが判明!=>東京でも甲状腺ガン頻発の可能性!!

《必見》 マスコミ報じず!アメリカ政府が公表した放射性ヨウ素の汚染地図が凄まじい件!なんと!【【東京の千代田区(注:福島でない!)】で【5154ベクレル!】】(2014/12/28 真実を探すブログ)

http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/516.html
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4966.html
http://www.whitefood.co.jp/news/foodmap/1922/
・・・アメリカ政府の公開している難解なデータを分かり易い地図にしてくれました。これは福島原発事故直後の放射性ヨウ素に関するデータを参考にした物で、地図を見てみると、北は岩手から南や千葉県や神奈川県まで汚染されているのが分かります。日本の大手マスコミも大々的に取り上げたことが無い地図で、汚染の酷さをひと目で認識することが出来ると言えるでしょう。放射性ヨウ素は甲状腺に蓄積され、甲状腺異常や甲状腺がんを誘発します。福島では疑いを含めて100人を超える数の小児甲状腺がんが発見されており、その数は今も増加中です。チェルノブイリ事故の場合、事故から5年目に癌患者が急増し、8年目頃にピークとなりました。★これを日本に置き換えてみると、2015年3月以降にがん患者数が急増するということになります。2015年は直ぐそこで、チェルノブイリ事故は他人事では無いです。

(1)首都圏の主な放射性ヨウ素の検出値(汚染度の高い順):(東京都)・港区 7,637Bq/kg(2011年3月30日)、・千代田区 5,154Bq/kg(2011年3月30日)、・西多摩郡 1,109Bq/kg(2011年3月30日):(神奈川県)・横浜市 2,789Bq/kg(2011年3月28日)(千葉県)・香取市 370Bq/kg(2011年4月7日)、その他、多数

(2)放射性ヨウ素と甲状腺がんの関係性:放射性ヨウ素で被ばくをすれば、誰でも甲状腺がんを発症する可能性が高まります。自然発生率が100万人に1人か2人かといわれる小児甲状腺がんが、チェルノブイリ事故では急激にふえました。

(3)チェルノブイリの甲状腺がんは、5000人:WHOの調べによると、1986年のチェルノブイリ事故後に、5,000人近くの方が甲状腺がんになりました。★特に14才未満の小児甲状腺がんは事故5年目から急激に増えています。★福島原発事故は2011年3月ですので、2015年目から注意が必要です。

(4)福島県での小児甲状腺がん:甲状腺がん、疑い含め104人福島の子供30万人調査(2014年8月)
ロシアに都合の悪い記事が削除される (ロシアに都合の悪い記事が削除される)
2014-12-29 05:42:30
日露戦争の遺産が展示されている埼玉県吾野について述べたブログ記事
http://1230jijiken.com/560
が、その部分について削除された。

ロシアに都合の悪い記事は削除される。
★あれ?原発もう要らないよね?米「超メガソーラー」【発電能力は小型原子力発電1基に相当する55万】(日経 2014/12/29) (★あれ?原発もう要らないよね?米「超メガソーラー」【発電能力は小型原子力発電1基に相当する55万】(日経 2014/12/29))
2014-12-30 01:08:09
★あれ?原発もう要らないよね?米「超メガソーラー」【発電能力は小型原子力発電1基に相当する55万】(日経 2014/12/29)
 【ニューヨーク=杉本貴司】中国企業が席巻する太陽光発電で、米最大手ファーストソーラーが巻き返しを始めた。カリフォルニア州で建設する「超メガソーラー(大規模太陽光発電所)」をアジアに展開する。昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアも、米国を足がかりに世界展開を目指す。両社とも生産コストが低い新型太陽電池で中国勢を追い上げる。 ロサンゼルスから約300キロ。砂漠地帯に並ぶ太陽光パネルは、2015年初めにフル稼働する世界最大のメガソーラー「デザート・サンライト」だ。東京ディズニーリゾート7個が収まる面積で日本最大のメガソーラーの8倍近い。【発電能力は小型原子力発電1基に相当する55万キロワット】、16万世帯分の電力を賄える。
★今のところすべて的中している【原発常識30】 (★今のところすべて的中している【原発常識30】)
2014-12-30 01:09:53
★【原発常識30】【 http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html#c633 】
===========
●基礎 〈4個〉
〈原発常識1〉■★原発は「【原爆】より、〈量的に〉危険」!→フクイチはチェルノブイリの4倍、広島原爆の4000倍の放射性物質が首都圏・東北にふりまかれた。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/c61332351d06c44c1b52d1821d9c062a
〈原発常識2〉■★原発は「【公害〈化学的毒〉】より、はるかに危険」!→物質の深奥の問題なので、通常技術(電気・化学反応=電子の操作)で中和できず、100万年消えない放射能。
〈原発常識3〉■原発は「通常機械ではない」「冷却・管理できなくなればおわり」
〈原発常識4〉■★放射能処理装置や原発設備は、すさまじい放射能で【すぐボロボロ】になる。原理的にムリ!→ALPS「故障続き」「すぐ故障」は、偶然でなく、もともと原理的に不可能!

===========
●フクイチ 〈6個〉
〈原発常識5〉■★人類は「レベル7」を解決した歴史がない。→チェルノブイリ30年かかっても解決の見通しすらない。
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201205020147.html
〈原発常識6〉■核燃料が「【地下水】に達すれば」、その国はおわり。
〈原発常識7〉■フクイチは、1~3号機が【メルトダウン〈たぶんスルー〉】
〈原発常識8〉■フクイチは、地下で【再臨界】→短命のはずのヨウ素131がいまだに出る。連鎖反応が続いている証拠。臨界すると放射性物質は1億倍増える。
〈原発常識9〉■フクイチは〈事実上〉「レベル8」!!→チェルノブイリを超えている!福島は①チェルノブイリができた石棺化ができず、②チェルノブイリにない地下水汚染が日本列島広域を永遠に汚染。
〈原発常識10〉■フクイチは【地震でこわれた】が、これをみとめると他の原発も不可能。

===========
●汚染 〈5個〉
〈原発常識11〉■★東京は、チェルノブイリ退去レベルの汚染がある。→全国3位。
http://p.twipple.jp/5aohc
http://financegreenwatch.org/jp/?p=37811
〈原発常識12〉■チェルノブイリでは「3000キロ離れた西欧」までひどく汚染された。→欧米諸国が「脱原発する」最大の理由がコレ。
〈原発常識13〉■【ミリのつかない単なるシーベルト《=1000ミリ以上》】とは、近づけば「即死」レベル!
〈原発常識14〉■★放射能のため「〈韓国どころか〉世界中」が日本食品〈+中古車等〉の【輸入禁止】をしており「日本政府を信じていない」!
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/295.html
〈原発常識15〉■★〈世界的常識〉【除染は不可能】!→【避難の費用は1/20!】

===========
●被爆・影響 〈4個〉
〈原発常識16〉■★原発健康被害は【遅発性】「3~5年前後から始まり7年後にピーク」。
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11380553912.html
〈原発常識17〉■★原発事故では、ほとんどの人は、癌+奇形以外の、「心不全、脳神経障害、感染症、成人病等の普通の症状の急激な増大」の要因で死んだ。
〈原発常識18〉■「トリチウム」「ストロンチウム」「セシウム」は、それぞれ、「水」「カルシウム」「カリウム」になりすまし【体内にとりこまれ】半永久的に生命を破壊する。「プルトニウム」はそれ自体超猛毒。
〈原発常識19〉■放射能の食品汚染は「時間がたつほど」危険!→放射線学の教科書の最初に書いてあるほど有名な【生態濃縮〈生物濃縮〉】効果!

===========
●エネルギーと政策 〈3個〉
〈原発常識20〉■「太陽光発電」は【原発20基分】が設立認可済!
〈原発常識21〉■★原発は【国防上、かえって危険】!
http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/842.html
〈原発常識22〉■【新原発技術】は全て「原理的に危険」!→新しかろうが古かろうが関係なく全部キケン!

===========
●国際 〈2個〉
〈原発常識23〉■アメリカは「日本の脱原発に反対なんかしていない」!
〈原発常識24〉■フクシマに恐怖する世界中が「脱原発」!→被爆の中心=日本人のみ狂気の原発推進継続!→ニッポンジン・バカデスカ?

===========
●電力会社 〈3個〉
〈原発常識25〉■最大の問題は【発送電分離】ができず「電力独占帝国」であること!
〈原発常識26〉■★電事法改正し、「発送電分離」し「総括原価方式」をやめないと、我々の電気料金・税金の上乗せ分は永遠に【原発推進3大プロモーション費用=①政界工作費+②マスコミの国民洗脳費+③地元黙らせ費】に使われる!世界中で日本しかやっていないオバカな「甘い汁システム」!!
〈原発常識27〉■「東電の、東電による、東電のための、政治」=〈1〉日本国最高権力者は「電力会社」!〈2〉「自民党」なんてパシリ!〈3〉「国民の命」なんて虫けら!→「電力会社の延命のために世の中の小さな事件まですべてが動いている」と仮定すると、すべてが非常によく説明できる。

===========
●結論 〈3個〉
〈原発常識28〉■原発は結局「単なる一部のやつらの醜い【利権】のカタマリ」
〈原発常識29〉■★あらゆる公害は【最終的には企業・政府側が「非」を認める!!〈時間がかかるだけ〉】★これから〈原発ゼロを宣言しないかぎり〉原発推進政党【 安倍自民+石原次世代 】が滅びるとしたら・・・その原因は原発・放射能問題!・・・ナゼナラ、これだけは、絶対解決しないから
〈原発常識30〉■もっとも罪深き者、なんじの名前は【安全神話】!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事