日刊ゲンダイの「事の本質」を突く報道にエール!

2010年03月27日 15時06分57秒 | 政治
◆日刊ゲンダイの3月27日付紙面の3面に小生のコメントが掲載されています。記事のタイトルは「だから言わんこっちゃない―もう止まらない小沢批判 生方の妄動」、記事中に「党内では四面楚歌状態、だから吠え続けるしかない」の見出しがある。
◆民主党の生方幸夫副幹事長のインタビュー記事(17日付朝刊)を掲載した産経新聞はじめ全国紙、テレビ局の大半が、生方副幹事長のマスコミ攪乱の言動に幻惑され、すべて小沢一郎幹事長が悪いかの如く、「思い込み」「レッテル貼り」報道に終始してきた。その極め付けが、「(小沢幹事長の気持ちを)忖度して」という言葉である。それはまるで精神異常者のような狂奔ぶりであった。
◆これに対して、日刊ゲンダイは、一貫して「事の本質」を突く報道を続けている。これは、「小沢一郎VS検察」の対立構図の報道においても然りであった。その結果は、「嫌疑不十分の不起訴」であり、東京地検特捜部の完敗となった。
そもそも逮捕権・徴税権を本質とする国家権力の一翼を担う検察、それも近年は「特高検察」に凶悪化している検察の尻馬に乗って、チンドン屋まがいの報道にうつつを抜かしているマスメディアは、市民の敵である。メディアというものは、本来、市民の側に立ち、それらの人権を国家権力から守るのが、本来の使命であるはずである。
◆これはともかくとして、生方副幹事長の今回の騒動の根本的な動機は、「昨年の総選挙で4年間の浪人生活から復帰し、小沢幹事長から与えられたのが副幹事長(2度目)のポストだった。ところが、自分と同じ横路派に所属している高嶋良充参院議員が格上の筆頭副幹事長の座に座っていた。何でこのオレが格下なのか。やっていられないよ」という文字通り、待遇に対する不満に根ざしていた。このことは、生方副幹事長本人のブログに明記されており、明らかな証拠である。
(ちなみに、この日刊ゲンダイの記事に並んで「ジャーナリスト大森実氏死去88歳」と死亡記事が掲載されている。ベトナム報道で天下に高名を博した大記者の活躍ぶりが偲ばれて感無量であった)

コメント (3)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 冤罪は、警察官や検察官、裁... | トップ | 「みんなの党」や「日本志民... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
事実を歪めるな (団塊オヤジ)
2010-03-28 16:31:38
板垣氏へ

事実関係を十分に確認したらどうですか。そして多方面からの情報収集をされたらいかがでしょうか。ジャーナリストでしょう。

今回の生方氏の執行部批判に対して、批判していますが、内容が本質から外れていませんか。
生方氏の経歴と政治姿勢について十分調査をしていますか。

的外れの批判と、事実を歪曲した貴殿のコメントにあきれます。
もっと情報収集をしたらどうですか。

この生方問題の前の民主党石川県連の分裂騒動を知っていますか。
石川県知事選挙において「5選・他党との相乗り」の現職知事に対して民主党県連が支持をしたが、党是に反すると反旗を翻し自らが立候補した民主県連の顧問(元衆議院議員)の件を確認されたらいかがでしょうか。

生方氏は、この民主党顧問の選挙応援に友人として2回駆けつけました。このことが小沢氏の子分である民主党石川県連代表一川氏(同じく副幹事長)の感情を逆なでし口論になったりしていました。

生方氏は、この子分が民主党の党是を破り、本部の了解を得ずに県連支持としたことに怒りを感じていたようである。
また、この生方氏の応援が、高嶋氏その他副幹事長に悪感情を与えていたものである。

生方氏は、1996年の旧民主党が結成された時からの党員で、後から入党してきた旧自由党の政治センスと大きな隔たりがあることから、何とかしなければと思っての行動である。
当然処分や周りの圧力は覚悟の上である。

ジャーナリストを名乗るのであれば、もっと緻密な論を張るべきである。


とりあえず、生方氏からのブログから2つばかり「きょうの一言」を抽出した。

あなたが批判された生方氏の「処遇に対する不満」と判断された文章をもう一度熟読ください。



副幹事長の仕事
10月8日(木)
 昨日、小沢幹事長から電話があって、副幹事長に就任することが決まりました。藤井元幹事長の時代にも副幹事長はやったことがありますので、二度目ということになります。
 それを受けて今日お昼にテレビ朝日に出演しました。コメンテーターの川村さんが「生方さんの役割は新人教育」と言っていましたが、確かに党の役員の一人として新人教育は極めて大事な仕事だと思います。また、番組でも言いましたように、新人は来年の参議院選挙を応援することによって、自分の選挙地盤を固めるという仕事もありますので、その面から選挙応援を新人と一緒にしなければならないと考えています。
 しかし、今回の人事は不可解な部分があります。参議院の議員会長が幹事長代行を勤めていたり、参議院の幹事長が筆頭副幹事長になっていたりと、前例のない人事となっています。一般的には今回の人事は参議院選挙シフトと言われています。しかし、あまりポストを重複させると、かえって力をそぐことにならないかと心配もしています。
 いずれにせよ、まだ、新体制が始まったばかりなので、これからもしばらくは試行錯誤を続けていかざるをえないと思います。大事なことは政権交代で目指した、国民主導の政策決定をどのようにシステムとして確立していくかということです。私もこれから仲間と一緒に研究していきたいと思います。

2009年10月09日(金)05時09分この記事のURL未分類



民主党にとって正念場の通常国会が開会
1月18日(月)
 今日から通常国会が始まりました。今国会は大荒れが予想されています。言うまでもなく、先週、小沢幹事長の元秘書ら3人が逮捕されたからです。
 これを受けた形で開催された先週土曜日の民主党大会で、小沢幹事長が弁明の発言を行いました。本来、幹事長は党務報告をして、今年の党としての活動方針を示すのが役割です。しかし、今回はそれを代理に任せ、自分の政治資金問題についてのみ説明をしました。
 この発言については詳しく報道されていますので、ここでは繰り返しませんが、要約すれば、なんらやましいお金ではないし、銀行通帳も検察側に示しているにもかかわらず、いきなり秘書らを逮捕するのは、検察の横暴だというものでした。
 確かに、小沢幹事長の政治資金問題について、検察がやや暴走気味だという面は否定できません。どのマスコミ報道も元をただせば検察のリークによって構成されています。本来、検事は起訴状で勝負をします。それまでは事件について、一切口を噤むというのが常識です。
 それを無視して、一方的に事実関係が立証されていないことを意図的にリークするのは、捜査の常道に著しく反しています。そこに検察のある種の“悪意”を感じるのは私だけではないでしょう。
 しかし、小沢さんの発言、さらにそれを擁護した形の鳩山発言に全面的に賛成できるかといえば、そうもいきません。まず、鳩山総理は検察も含めた行政の長です。それがいわば、自分の指揮下にある検察に対して、大いに戦って下さいと幹事長を励ましたのは明らかに行き過ぎです。
 また、小沢幹事長も第一にするべきは、きちんと国民に納得のいくような説明をすることです。通帳を見せたから、そのお金はやましいお金ではない、といっても、残念ながら、それだけでは納得できません。
 私たちは小沢幹事長が自民党時代の金権・金脈を引きずっているのではないかということを心配しています。民主党に合流したとき、きちんと自民党時代の金脈を断ち切ってくれたのかどうか、その一点です。それさえ証明してくれれば、疑念は晴れます。
 マスコミには、民主党は幹事長に対する批判が一切なく民主主義の党ではない、などという批判も散見されます。しかし、民主党内には当然ながら多様な意見があります。
 ただ、事実関係がはっきりしない中で、勝手なことを与党として言うべきではないという自制心が働いているだけだということを理解していただきたいと思います。
 とにかく民主党政府にとって今一番大事なのは、国民生活に直結する予算を速やかに成立させることです。この問題で補正予算や本予算の審議に影響が出てくるようだと、厳しい判断を迫られることになります。
団塊オヤジ様 (板垣英憲)
2010-03-31 16:23:08
長文のコメント、ありがとうございます。

石川県の知事選についてはもちろん、承知しております。今回5選された谷本氏については、多選の批判は免れないと思います。ここは森奥戦争といわれる土地柄で、また私にとりましては記者時代から担当してきた因縁浅からぬ土地柄でもあります。
しかし衆議院を2度連続で落選していた上に、県連からの推薦も得ず勝手に出馬したことにより、役職停止処分まで受けております。桑原氏には気の毒ですが候補者として役不足というもので、谷本氏とは、横綱と褌担ぎほどの違いは歴然で、そのことはトリプルスコアでの敗北という選挙結果の数字からもわかります。
県連から役職停止処分まで受けている候補者を、たとえ友情からとはいっても党の副幹事長という立場にある者が、応援に駆けつけたことは明白な反党行為、もっと言えば、反逆行為と言ってもよろしい。そもそも朝の早起きが苦手を理由に役員会にも出ないような人が、わざわざ石川県まで2度も駆けつけること自体、いろいろな思惑を勘繰られても仕方ないでしょう。
しかし、石川県知事選に関連して今回の騒動を起こしたということが生方氏の心情だというなら、それはとんでもない八つ当たりというもの。こんな瑣末なことをイチイチ上げていたらキリがありません。小沢幹事長率いる自由党が後からきた新参者、余所者であることへの「臓器移植の拒絶反応」のような狭い根性は、いまや大政党・民主党には似つかわしくありません。政党政治というのは、代表・幹事長、総裁・幹事長が絶大な権力を握って指導する政治のことであり、規律違反者は、厳重に処分されるのが当り前です。生方氏がトップリーダーを気に食わなければ、自ら離党して、独自の戦いに望むべきです。小選挙区制という制度下の「政党政治」という視点から、政治をみなくてはなりません。また国家から高額な歳費、血税をもらっている立場の国会議員であるのならば、少なくとも、早起きしなくてはなりません。「早起きは、三文の徳」と言いますよ。
反日 (mimi)
2010-05-08 01:03:04
脱線して申し訳ない

板垣氏へ
毎日新聞は、日本の新聞ですか?

「少なくとも9年以上にわたり 日本人に対する誤解を招くような記事 を英語で全世界に向けて配信していた」
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/

日本人ならこんなことはできません。
毎日新聞も日刊ゲンダイも、日本が大嫌い、決して信用しません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事