うっかりすると、「第2次朝鮮戦争」(核戦争)の尖兵に利用されかねない危険を買わされることになった

2015年04月29日 07時00分10秒 | 政治
◆日米同盟の本質転換=抑止力強化に伴い、18年ぶりに見直された新たな「日米防衛協力の指針(ガイドライン)」による「日米軍事同盟」の強化により、陸海空3自衛隊は、「パワーシェアリング」の名目を与えられて、うっかりすると、「第2次朝鮮戦争」(核戦争)の尖兵に利用されかねないという危険を買わされることになった。米韓軍事同盟にもかかわらず、駐韓米軍が、戦時指揮権を韓国軍に引き渡して、朝鮮半島から逃げたがっているからである。国連旗の下で派遣されている米軍将兵の大半が、朝鮮半島で戦死して、草生す屍、海の藻屑にはなりたくないのだ。その代わりに、陸海空3自衛隊を尖兵として送り込み、戦わせようとしているのだ。
◆米国は、アングロ・サクソンが支配者であるだけに、狡猾である。他国に汚い仕事をさせておいて、自らは、いつも責任逃れをして、美味しいところだけは、ちゃっかり奪い取ってしまう。
大東亜戦争(日中戦争、太平洋戦争などの複合的戦争)以前、正確に言えば、米国は日本を唆して「朝鮮半島を併合」させた事実を忘れてはならない。
大日本帝国は1910年8月29日、「韓国併合ニ関スル条約」に基づいて大韓帝国を併合した。だが、大日本帝国は、帝国軍隊を送り込んで、侵略戦争を行った末に、併合したのではない。
米国朝鮮半島は、紀元前から中国に支配され、属国とされて、抑圧されてきた国である。それが、19世紀には、ロシアの南下政策の餌食にされようしたときに、米国のタフト国務長官(フィリピン総督、後の大統領)から「朝鮮半島を保護国にするよう」要請を受けて「密約」した桂太郎首相が、韓国を大日本帝国に併合した。
米国は、米西戦争に勝利して植民地として手に入れたフィリピンの統治に手を焼いていた。反乱分子が、テロ活動を繰り広げていたからだ。このため、ロシアの南下政策を食い止めるために米軍を派遣する余裕がなかった。それ故に、ロシアによる朝鮮半島侵略を防ぐ使命と役目、もっと言えば、責任を大日本帝国に負わせたのである。
この日韓併合に大きな働きを果たしたのが、学部大臣だった李完用(1856年7月17日~1926年2月12日、李氏朝鮮末期から大韓帝国期の政治家)であった。親米派の立場をとって親日勢力を圧迫していたけれど、1904年の日露戦争を境に大日本帝国寄りの「日和見的態度」を取るようになる。米国に派遣されて、「日韓併合」についての交渉に携わり、第2次日韓協約の調印に賛成し、これを推進した。韓国統監だった伊藤博文の推薦により1907年、内閣総理大臣に就任。同年6月の高宗が起こしたハーグ密使事件に際しては日本側に立って、伊藤博文とともに大日本帝国に対し反抗的な高宗に強い態度で退位を迫り、ついに廃位させるなどして第3次日韓協約の成立にも重要な役割を担った。この後、日本による統治は、1945年9月9日の朝鮮総督府の降伏まで、35年間続いた。このため、李完用は韓国でいまでも「売国奴」と言われている。これらの経緯は、韓国の知識人、有識者はよく知っており、多数の韓国書籍でも記述されている。
◆しかし、米国は、タフト国務長官と桂太郎首相との「密約」をおくびにも出さずに、日韓併合が丸で「軍事侵略」によるものであったかのように、全責任を日本に押し付けているのだ。間違ってはならないのは、韓国は日韓併合が終わるまで「大日本帝国」の一員として、連合国と戦ったのであり、決して戦勝国ではない。敗戦国である。
 いまの日本が、日韓併合という「大失敗の歴史」を反省するとすれば、「2度と米国の口車に乗せられてはならない」ということだ。朝鮮半島で戦死するのは、あくまでも韓国軍と駐留米軍の将兵であり、日本の陸海空3自衛隊の将兵であってはならない。日本は、米国と同盟国ではあっても、韓国とは同盟国ではない。
だが、安倍晋三首相、中谷元防衛相が推し進めてきた「安保法制整備関連法案」「日米防衛協力の指針(ガイドライン)」により、朝鮮半島有事=第2次朝鮮戦争勃発の際に、日本国憲法第9条に違反して、陸海空3自衛隊を派遣し、戦死者が出ることも辞さないという暴走を続けている。紛れもない「暴走老人」なのだ。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
日米首脳会談の結果、「仮想敵国=中国」が極めて鮮明に、日本国民は「切れ目のない軍事貢献」を求められる

◆〔特別情報①〕
 大東亜戦争終結から70年、安倍晋三首相とオバマ大統領の日米首脳会談(日本時間の4月28日深夜)、主権回復の日=沖縄屈辱の日(4月28)は、日本の進路について大きく舵を切る決定的な日となった。日米同盟の本質転換=抑止力強化に伴い、18年ぶりに見直された新たな日米防衛協力の指針(ガイドライン)により、「仮想敵国=中国」が極めて鮮明になり、「切れ目のない日米協力の確立」により、「第3次世界大戦」に向けて、日本国民が否応なく「切れ目のない軍事貢献」を求められる時代に突入した。これで陸海空3自衛隊は、かなり「思う存分戦える」ことになったけれど、「切れ目のない軍事貢献」を求められるとは、一体どういう義務なのか?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ



第41回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成27年5月9日 (土)
中国「アジアインフラ銀行」戦略の「黒い陰謀と打算」
~習近平国家主席の世界覇権戦略と揺らぐ日米同盟
(「アーミテージ・レポート」から読み解く)
            

◆新刊のご案内◆
2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
クリエーター情報なし
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
4月開催の勉強会がDVDになりました。
第40回 板垣英憲『情報局』勉強会
出版記念講演
二度目の55年体制の衝撃!
あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求!
日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》
(平成27年4月5日開催)

その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)

目次

第七章 警察との戦い
―選挙参謀の告白・選挙戦のすべて ①

 
 まったくの新人が市長選挙、あるいは衆・参議院選挙といったレベルの選挙に打って出ようとする場合、どういった準備が必要となってくるのであろうか。実際の選挙ではどのようなことが予め行われているのだろうか。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。

『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊)

『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊)
『目を覚ませ!財界人』(1995年9月25日刊)
『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日(1998年4月5日刊)
『誠』の経営学~『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす
『忠臣蔵』が語る組織の勝つ成果Q&A
『風林火山』兵法に学ぶ経営学~人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)

板垣英憲マスコミ事務所





コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 米国の大手格付け会社の「フ... | トップ | 安倍晋三首相の「地球を俯瞰... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
第3次世界大戦の予想図 (加藤 貴史)
2015-04-29 08:39:01
確実に日米対「他の主権国家・領邦国家」という構図になりつつある。日米にはモンサントや軍需産業等の多国籍企業と株式市場、日本の霞が関と各諮問会議、アメリカのシンクタンクと(ニセ)イスラム等疑似宗教的非合法組織等の無責任な中間集団が下から操作する(言い換えればお神輿を担ぐ)という構図である。イギリスとイスラエルはまだ迷っているようだが。しかも日本とアメリカにはいわゆる大物とフィクサー的な人物がいないという致命的欠陥がある。ヨーロッパも似たようなものだがこの2国は極めてひどい。現在のアメリカは政治家はもちろん、前述の奥の院というべき中間集団にいる者は全て小物ばかり(裏を返せば怖いもの知らず)。日本には大物政治家はいなくもないが(本サイトで取り上げられる某人物)、大物に必須である知性や教養をちらつかせると日本人もとい「ニホンジン」が拒絶反応をパブロフの犬よろしく示してしまう。かくして戦犯の孫というだけで、実は中身が空っぽな輩が神輿として担がれる。当然小物であるがゆえに怖いもの知らず。この手の小物が徒党を組むと一転して狂暴化、つまり佐藤優氏曰く「ヤンキーの過激化」が起きてしまう。日本は今や、東シナ海どころかこの地球上の「リスク・ファクター」となり、前述の最悪の事態が発生する可能性は高くなっている。
テレビ朝日:報道局幹部ら3人処分 古賀氏発言問題 (Unknown)
2015-04-29 10:26:48
http://mainichi.jp/select/news/20150429k0000m040131000c.html
テレビ朝日は28日、「報道ステーション」に出演した元官僚、古賀茂明氏が「官邸からバッシングを受けた」と発言した問題で、報道局幹部ら3人を戒告とする社内処分を発表した。早河洋会長ら3人は役員報酬を自主返上する。処分は27日付。

 定例会見で吉田慎一社長が明らかにした。戒告となったのは報道局の同番組担当部長ら3人。早河会長や吉田社長ら3人は役員報酬1カ月分の10%を自主返上することも決めた。
「安倍晋三【外患誘致】「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する」を知っているか」 (通りがけ)
2015-04-29 14:33:40
2015/4/29晴耕雨読
(阿修羅)www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/673.html
・・・
米国の戦争に加担すれば、「敵」の反撃が当然日本にも向けられる。

その明白な危険を承知の上で米国の戦争に加担することは、日本に対する攻撃「外患」を「誘致」し、国民を危険に曝す。


安倍晋三、刑法第81条 【外患誘致】「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する」を知っているか。


『安倍首相、訪米成功へ布石着々=大統領異例の厚遇』米国に自衛隊員の命を貢いで、基地に美しい国土と海を貢いで、まさに「自虐外交」なのに、夕食会で「異例厚遇」と喜んでいる。


ネトウヨさんの大嫌いな「売国奴」って、まさにこういう奴のことだよな。

・・・・・

07. 2015年4月29日 11:18:39 : rWn9PLlcps
「オスプレイは純然たるテロ凶器である」

>ドローンはテロを起しません。テロを起すのは人間です。
(さゆふらっとまうんど)sayuflatmound.com/?p=11173

「ゴールデンウィーク明けまでに、ドローンの「重要施設の警備強化」と「運用ルール作りや関係法令の見直し」をする方針。~なぜそんなに急ぐのか?」のエントリーに書いたとおり、上空を飛行中に国内の原発や劣化ウラン貯蔵庫に落下したらほんとうに危険なのは、ドローンではなく地球のテロ組織米軍治外法権欠陥ヘリコプター「オスプレイ」ですね。

即ち言い直せば、「ドローン操縦者はテロリストではありません。テロリストとはオスプレイ操縦者です」

さてオスプレイは自民党公明党連立内閣が偽総理安倍晋三の首相官邸密室内で自衛隊の装備に導入することを閣議決定しました。

これまでは日本国内の武器使用テロリストは警察官(公安、沖縄や上関含む各地の海で暴れる海上保安庁も警察です)だけだったが、自衛隊にオスプレイが導入されれば自衛官まで主権者国民に対する武器使用テロリストに成り下がってしまうことになる。

真珠湾攻撃ゼロ戦エースパイロット原田要氏に請うて、靖国神社で自衛隊に対して召集をかけ、欧米フリーメーソン鬼畜外道悪魔カルトテロリストの殺戮略奪攻撃から仏心大和民族を護る真の先祖伝来忠君孝親忘己利他慈悲喜捨菩薩大和魂を、自衛隊員全員に訓示徹底教育講義してもらわねばならない。
NHKが同時通訳で誤訳 オバマ大統領の発言で (Unknown)
2015-04-29 19:43:21
http://www.sankei.com/politics/news/150429/plt1504290006-n1.html
NHKは29日、日米首脳会談の共同記者会見を伝える同日未明の中継で、オバマ米大統領の発言の同時通訳に誤りがあったとして朝のニュースで謝罪した。

 NHKによると、同時通訳では「沖縄の普天間基地の移転について、より柔軟に対応したいと思います」としたが、正しくは「沖縄に駐留する海兵隊のグアムへの移転を前進させることを再確認した」だったという。
北朝鮮兵士、また住民殺害か=中国国境の集落 (Unknown)
2015-04-29 20:17:21
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015042900273&g=int
北朝鮮との国境に近い中国吉林省朝鮮族自治州和竜市の共産党委員会は29日、同市の集落で中国人の男女3人が殺害される事件があったとの通報を25日未明に受けたと発表した。韓国のKBSテレビは越境した北朝鮮兵士3人による犯行で、事件後に逃走したと報じた。
 KBSによれば、地元公安当局は武装警察を投入し、大規模な捜索態勢で逃げた兵士の行方を追っている。兵士が中国側にいるのか北朝鮮側に戻ったのかは不明で、当局は周辺住民に外出を自制するよう呼び掛けているという。
 和竜市では昨年9月と12月にも越境した北朝鮮兵士らによる同様の殺害事件が発生。中国地元当局も国境地域の治安対策を強化しているが、北朝鮮側の経済苦境に伴い、治安悪化に歯止めがかかっていない。
石原慎太郎の歴史に残る名演説!【日本人なら見るべし】 (愛信)
2015-04-30 01:25:54
石原慎太郎の歴史に残る名演説!【日本人なら見るべし】
http://youtu.be/PwlE1uxlc-s
(動画)
【関連情報】
図説八九六四
http://twitter.com/hashtag/%E5%9B%BE%E8%AF%B4%E5%85%AB%E4%B9%9D%E5%85%AD%E5%9B%9B?src=hash
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事