「明治日本の産業革命遺産」「百済の歴史地区」抱き合わせ世界文化遺産登録に協力し、日韓関係改善を図る

2015年06月23日 06時34分14秒 | 政治
◆韓国は、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録に強く反対していた。だが、韓国は、自分の国の文化遺産を登録申請する際に、日本が反対していちゃもんをつけたら、どうするのだろうか、と密かに心配していた。外交関係は、「相互主義」によって成り立っているからである。一発殴られれば、一発殴り返す。それが現実になりそうだった。
 日本政府と韓国政府が1965年6月22日、東京で日韓基本条約を締結(効力発生は、1965年12月18日)して丸50年になった。竹島(韓国名・独島)の領有権問題、慰安婦問題、歴史認識問題、最近では「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録問題が加わり、日韓関係がぎくしゃくし続けてきた。
ところが、韓国も「百済の歴史地区」の世界文化遺産登録を目指していることがわかった。幸いなことに、これが日韓関係改善のキッカケとなり、岸田文雄外相と来日中の尹炳世(ユンビョンセ)外相が、「両案件が登録できるよう協力する」ことで一致したという。誠にめでたいことである。
最大の懸案である「慰安婦問題」は、先送りとなったというけれど、所詮は「金銭解決」するしかないので、今後の東アジアの平和と安全を考えた場合、お互いにツベコベ言わずに、安倍晋三首相は、「解決金」を支払って一件落着とした方が、得策である。ムダなエネルギーをいつまでもエンドレスに続けるべきではない。「金持ち喧嘩せず」という言葉を実践した方がよい。
◆韓国が世界文化遺産登録を目指している「百済の歴史地区」は、益山(イクサン)という街に存在し、百済の都の遺跡などの調査が進められてきた。遺跡には、当時の寺院の石塔がそのままの姿で残されているという。
百済建国は、紀元前18年から紀元後の3世紀ごろという説がある。確実なのは、346年から660年、唐の蘇定方将軍の軍によって滅ぼされるまで存在していた国家ということだ。百済滅亡後は、高句麗、新羅、唐によって朝鮮半島は戦乱の世になり、支配層がめまぐるしく変化して行った。
 日本の古代史に関係が深く、世界文化遺産登録が実現すれば、「飛鳥・天平」ともども日韓両国にとっての誇りとなる。百済の都の遺跡などの調査が進められていて、遺跡には、当時のそのままの姿で残されている寺院の石塔などと日本の建造物や遺構などを比較すれば、日本が百済からいかに大きな影響を受けたかを知ることができる。
飛鳥時代の女帝である皇極天皇(在位642年2月19日~645年7月12日)=斉明天皇(在位655年2月14日~661年8月24日、舒明天皇の皇后で、天智天皇・間人皇女(孝徳天皇の皇后)・天武天皇の母)は、百済の王女と伝えられている。
百済が660年に唐・新羅連合軍によって滅ぼされた。実家である百済の滅亡と遺民の抗戦を知ると、人質として日本に滞在していた百済王子豊璋を百済に送り、百済を援けるため、難波に遷って武器と船舶を作らせ、瀬戸内海を西に渡って、筑紫の朝倉宮に遷幸し戦争に備えた。ところが、遠征軍が発する前の661年7月24日、朝倉宮で崩御。倭国軍は朝鮮半島南部に上陸し、倭国・百済遺民の連合軍は663年8月、白村江(現在の錦江河口付近)の戦いを戦ったが、唐と新羅の連合軍に敗北した。
 奈良県北葛城郡広陵町大字百済1168には、「百済寺」があり、奈良県斑鳩町の法隆寺は、飛鳥時代の百済観音(木造観音菩薩像)を所蔵している。
創業以来1437年になる日本最古の企業とされる建設業の金剛組(大阪市天王寺区)は578年、四天王寺建立(593年創建)のため聖徳太子によって百済より招かれた3人の宮大工(金剛、早水、永路)のうちの1人である金剛重光により創業された。江戸時代まで四天王寺お抱えの宮大工だった。四天王寺を築いた工法はいまも金剛組「組み上げ工法」に生き続けている。
◆朴槿恵大統領は2013年2月25日、就任早々に来日し、とくに今上天皇陛下と再会するのではないかと期待されていた。しかし、「反日勢力」の支持を受けて大統領選挙に当選を果たした面があり、簡単には来日できなくなった。そのうえ、朴槿恵大統領自身が2013年3月1日、「抗日運動の記念日(3・1節)」の演説で「被害者と加害者の立場は1000年経っても変わらない」と「恨み千年論」を力説し、米国はじめ諸外国に出かける度に、日本政府を批判する「告げ口外交」を続け、なおかつ、「中国寄り姿勢」を強めたため、日韓関係は、悪化の一途をたどり、日韓首脳会談を実現できなくなった。
 だが、韓国経済の停滞、旅客船セウォル号沈没事故、大統領府を巻き込んだ汚職事件、中東呼吸器症候群(マーズ)感染の蔓延などが競うように襲ってきて、朴槿恵大統領は、最高指導者としてその統治能力を問われて、大ピンチに立たされた。米国オバマ大統領、ケリー国務長官、カーター国防長官らから、「日韓関係改善」を強く求められてきた。東アジアの安全保障面で、日韓がいがみ合っていては米国も困るからである。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
「安全保障整備関連法案」が成立し、いざというとき、日本国民は、陸海空3自衛隊に助けてもらえるのか?

◆〔特別情報①〕
 「米国のポチ公」安倍晋三首相は、「ジャパン・ハンドラーズ」(日本操縦者)が突き付けた「第1回アーミテージ・ナイ・レポート」(2000年10月11日)の勧告を完全実現すべく「仮想敵国第1位=中国、第2位=北朝鮮」とする「安全保障整備関連法案」の今国会成立を目指して、会期末6月24日から9月27日まで大延長する。だが、安倍晋三首相が言う「重要影響事態」「集団的自衛権を行使できる存立危機事態」が、一体どういう事態なのかが、依然として判然としない。それでも「仮想敵国第1位=中国、第2位=北朝鮮」が引き起こす「重要影響事態」「存立危機事態」であると特定して情勢分析、情勢判断するならば、なるほど、ヤバい事態が見えてくるけれど、日本国民は、陸海空3自衛隊に本当に助けてもらえるのか?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ



第43回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成27年7月4日 (土)
「史上最古の天皇家と世界の王室」
~小沢一郎代表の日本国憲法改正試案と象徴天皇制


「板垣英憲vsベンジャミン・フルフォード 大激論バトル」
                     

ヒカルランドパーク「板垣英憲 単独講演会 講師:板垣英憲 7/10」
 

◆新刊のご案内◆
2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
クリエーター情報なし
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
6月開催の勉強会がDVDになりました。
第42回 中国 「第3次世界大戦」と「400年戦争のない平和な時代」、二者択一の岐路に立つ ~日本列島を襲う「天変地異」の下、世界を救う指導者が登場する
(平成27年6月7日開催)

その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊)

目次

第四章もし晋作が起業家だったら
投資型の資金調達の手法が常識化する


 晋作が現代の起業家だったら、具体的にどのような手法で資金を調達していたでしょうか。この点も、ソフトバンク社長の孫正義が参考になります。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。

『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊)

『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊)
『目を覚ませ!財界人』(1995年9月25日刊)
『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日(1998年4月5日刊)
『誠』の経営学~『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす
『忠臣蔵』が語る組織の勝つ成果Q&A
『風林火山』兵法に学ぶ経営学~人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)

板垣英憲マスコミ事務所

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日本は、日米安保条約を廃棄... | トップ | 習近平国家主席は、中国明代... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
米サウスカロライナ州知事、南軍旗の撤去を議会に要求 (Unknown)
2015-06-23 13:45:53
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0P30AX20150623
米南部サウスカロライナ州のヘイリー知事(共和党)は22日、州都コロンビアの州議会議事堂に掲げている南軍旗を撤去するよう議会に求めた。

17日に同州チャールストンの黒人教会で、銃を乱射し9人の信者を射殺した事件で逮捕された容疑者が、南軍旗とともに自身が映った写真をインターネットに掲載するなど白人優位のシンボルとして使ったことから、同州議事堂の南軍旗掲揚が批判の的となっていた。

同知事は記者会見で「半世紀にわたって掲揚してきた南軍旗を撤去すべき時がやってきた。同旗は我々南部人の過去の重要な一部だが、偉大な州の将来を象徴するものではない」と述べた。

菅官房長官、2016年G7へのプーチン大統領招待は未解決 (Unknown)
2015-06-23 20:06:36
http://jp.sputniknews.com/politics/20150623/488704.html
日本の菅官房長官は記者会見で、2016年5月26-27日の日本G7サミットへロシア大統領を招待する問題について、菅官房長官は、日本政府がプーチン大統領をG7サミットに招待するかという記者団からの質問に答えたなかで、未だに決定が採られていないことを明らかにした。
6月初旬、安倍首相は次回のサミットにロシアのプーチン大統領が「建設的な参加」を行えるよう、日本はこれを促していくと強調していた。安倍首相は、ロシアの参加はシリア聞き、イランの核問題、朝鮮半島の緊張緩和など、大きな国際紛争を解決する上で必要不可欠と指摘している。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事