民間団体が、密かに政府与党の後援を得て、日本固有の領土「尖閣諸島と竹島」に国旗「日の丸」掲揚運動を推進

2016年07月17日 06時23分49秒 | 政治
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
民間団体が、密かに政府与党の後援を得て、日本固有の領土「尖閣諸島と竹島」に国旗「日の丸」掲揚運動を推進

◆〔特別情報1〕
 日本の保守勢力は、日本固有の領土である「尖閣諸島と竹島」に国旗「日の丸」を掲揚する運動を推進しようとしている。政府与党は、表向き「関知せず」としているが、民間団体が、密かに政府与党の後援を得て、国旗「日の丸」を掲揚する。中国北京政府が南シナ海で主権が及ぶと主張している境界線「九段線」について、オランダ・ハーグの仲裁裁判所が7月12日、「中国には同海域内の資源に対する歴史的な権利を主張する法的な根拠はない」との判決を下したのを受けて、日本固有の領土権が保護されるには、「権利を主張する」と同時に「権利の表示」が必要であると再認識させられたのが、キッカケだ。近代法は「権利の上に眠る者は、保護されず」を原則としている。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ

オフレコ懇談会ご案内
平成28年7月23日 (土)12時~16時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
場所 小石川後楽園内「涵徳亭」 不老
お申込み

第13回 板垣英憲・『悠久の歴史研究会』(旧「現代兵学研究会」)
日時2016年7月23日(土)16時30分~20時30分
「日本民族のルーツを探る」~黄金の国ジパングの秘密




第56回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年8月6日 (土)
「世界新機軸が築く真のクローバル時代到来、日本の使命と役割」
~ブロック経済EU・NATOと中国経済崩壊後の新時代


◆板垣英憲の新刊のご案内◆
『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド


2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
クリエーター情報なし
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

6月開催の『現代兵学研究会』
第12回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」(平成28年6月26日)
「武田信玄と真田3代の調略と謀略」
~孫子の兵法と兵法36計、そして三国志から読む
《日本人シュメール起源説》「天孫人種六千年史の研究」(愛媛県大三島神社神官・三島淳雄著)


6月開催の「第54回 板垣英憲『情報局』勉強会」
「参議院議員選挙結果と安倍晋三政権の命運」~「自公」VS「野党連合」激突~日本は独立国か、米国の属国か(背後にキッシンジャー博士、ジャパンハンドラーズの影)(平成28年6月13日小石川「涵徳亭」)

その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】

カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意
クリエーター情報なし
ベストセラーズ



◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊)]

目次

第5章 改革を阻む抵抗勢力の排除       .
敵は社外ではなく内部にいる
 日本の企業制度は人材を埋もれさせる


 ゴーンは、社長に就任する二か月前に日本にやってきて、日産自動車の現場を訪れ、社員だちからヒアリングを始めた。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

板垣英憲マスコミ事務所


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 安倍晋三首相の自民党は、参... | トップ | DVD発売のご案内◆6月開催... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事