エボラ出血熱が、世界中で猛威を振るう兆候、感染者2万人が、1年後には4096万人に増大する

2014年10月05日 04時23分22秒 | 政治
◆エボラ出血熱が、世界中で猛威を振るう兆候を示し始めている。米国でもエボラウイルスの感染が広がっている西アフリカから9月20日入国した男性が30日、米国内で初めてエボラ出血熱を発症していることが確認された。この男性は、体調を崩して病院に行って診察を受けたところ、「ただの風邪だ」と言われて帰宅していた。エボラ出血熱を発症しているとして、隔離されるまでに約100人と接触していたことがわかり、管理地域住民の間に不安が広がっているという。オバマ政権は、「現時点では感染拡大のおそれは少ないとして冷静な対応をするよう」呼びかけているものの、厳重警戒している。
◆エボラウイルスは大きさが80~800nm(ナノ・メートル=ナノとは、10億分の1)の細長いRNAウイルスで、ひも状、U字型、ぜんまい型などと形は決まっておらず多種多様という。スーダン(現:南スーダン)のヌザラ (Nzara) 町で、倉庫番の男性が1976年6月、急に39度の高熱と頭や腹部の痛みを感じて入院、その後消化器や鼻から激しく出血して死亡し、初めてこのウイルスが発見された。その後、その男性の近くにいた2人も同様に発症、これを発端に血液や医療器具を通して感染が広がり、ヌザラでの被害は、感染者数284人、死亡者数151人に達した。この倉庫番の男性の出身地付近が、ザイールのエボラ川であったことから、エボラウイルスと名づけられ、病気もエボラ出血熱と名づけられた。その後、アフリカ大陸で10回、突発的に発生・流行し、感染したときの致死率は50~ 90%。英国でも感染患者が確認、ロンドン郊外カンタベリーで34歳女性が感染者として病院に搬送されている。オオコウモリ科のウマヅラコウモリ、フランケオナシケンショウコウモリ、コクビワフルーツコウモリなどが、エボラウイルスの自然宿主とされ、現地の食用コウモリからの感染が発表されているという。
◆国連安全保障理事会は9月18日、エボラに関する緊急会合を開き、決議2177号を出した。 世界保健機構(WHO)は9月21日現在、エボラ禁の感染国は5カ国、感染者合計6263人、死亡者2917人と発表している。しかし、WHOは未報告例が多いことを認め、米疾病対策センター(CDC)は、「実数は約2.5倍(1万5000人~2万人)であろう」と推定しているという。
 恐ろしいのは、感染のスピードである。「毎月倍々」の勢いで感染していくという。これを推定2万人とすると、1年後には、4096万人に増大する。
 一説によると、「悪魔大王」ディビッド・ロックフェラーは、「人類削減計画」を遂行する手段として「有色人種絶滅」を策動し、有色人種だけを狙ってバラ撒かせたウイルスが突然変異して生まれたのが、「エボラウイルス」だったという。真偽のほどは、確かめようがないけれど、あり得る説だ。
 また、最近では、「いままで眠っていたペスト菌が、これから訪れる冬に目を覚ます危険が生じている」という恐ろしい話も取り沙汰されている。「エルニーニョにより、暖冬となり、ペスト菌が眠りから目を覚まし、猛威を振るう」というのである。ペストと言えば、
14世紀の欧州で大流行し、黒死病と言われて全人口の約3割が命を落としたという。カソリック教会が、ネコを「悪魔扱い」し、「魔女刈り」のように火炙りにしたため激減、このためネズミが繁殖しすぎて、ネズミを媒介してペスト菌が蔓延したため、厄病神を招いたのであった。
【参考引用】Bloomberg.co.jpが10月4日午後6時32分、「西アフリカ:エボラ出血熱による死者数、3338人に増加」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 10月1日(ブルームバーグ):西アフリカではエボラ出血熱による死者数が3338人に達し、感染拡大が抑制されていないことが示唆された。米国ではアフリカ以外の地域で初の感染者が確認された。米国では最近リベリアに渡航したダラス在住の男性の感染が確認された。これは、感染拡大を完全に抑制することの難しさと、世界的な拡大阻止に向けた空港でのスクリーニングの方法が不十分であることを浮き彫りにしている。
 世界保健機関(WHO)が1日発表した資料によると、これまでの感染者数は9月28日時点で7178人に上る。感染者と死亡者のほぼ全てがギニアとリベリア、シエラレオネに集中している。WHOは資料で「新たな発症例の報告件数は2週連続で減少している」とした上で、「ただ、一部の主要地域で報告されている感染者数は実数を下回っているのは明らかだ。感染は続いており、ギニアやリベリア、シエラレオネで拡大している。幾つかの地域では発症例が増加している説得力ある証拠がある」と述べた。 
 

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
出雲大社の千家国麿権宮司と高円宮憲仁親王の二女・典子さまの結婚式をキッカケに世界で大変革が始まる

◆〔特別情報①〕
 全国の八百万の神々が出雲の国に集まる神在月=10月(他の土地では神様が留守になるので神無月、ただし、出雲へ行かず村や家に留まる田の神・家の神的性格を持つ留守神も存在し、すべての神が出雲に出向くわけではない)の5日、出雲大社の千家尊祐宮司の長男・千家国麿権宮司(1973年9月2日~)と高円宮憲仁親王の二女・典子さまの結婚式が、出雲大社で行われる。千家家は代々出雲国造を務めており、「古事記」、「日本書紀」によると、天照大神、天穂日命、建比良鳥命の家系。大国主神が自身の宮殿建設と引き換えに国を大和朝廷譲った神話の時代から初めて、出雲族と大和朝廷の子孫が婚姻で結ばれる。
 神道界では、この結婚式をキッカケに世界で大変革が始まると信じられているという。一体、どういう大変革なのか?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ

◆新刊のご案内◆

「地球連邦政府樹立へのカウントダウン!
縄文八咫烏直系!
吉備太秦と世界の
ロイヤルファミリーはこう動く」

著者:板垣 英憲
超★はらはらシリーズ044
☆2014年9月下旬発売予定☆
◎ 日本が危機に直面した時、かならず背後から天皇家を支えてきた縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系の吉備太秦(きびのうずまさ)(=秦ファミリー)がついにその姿を現した!今この世界を道案内するためにー...
詳細はこちら→ヒカルランド

中国4分割と韓国消滅
ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン
金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる
著者:板垣 英憲
超★はらはらシリーズ040
☆絶賛発売中☆

詳細はこちら→ヒカルランド


 こちらも好評発売中 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
 ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

詳細はこちら→ヒカルランド

**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
9月開催の勉強会がDVDになりました。
 「マッキンダーの『地政学』がいま蘇る~プーチン大統領は『ハートランド』を支配し、世界を支配するのか」
その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊)

目次

第1章 自分探しの技法
  あなたは、だれ?


 大学入試をはじめ、入社試験などの作文や小論文の出題者は、「あなた自身がどんな人物なのか」を知りたがっている。
 就職入試では、あなたが、どれほど自分を見つめ、社会とのかかわり合いを持とうとしているかを知ろうとしている。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。



『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日(1998年4月5日刊)
『誠』の経営学~『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす
『忠臣蔵』が語る組織の勝つ成果Q&A
『風林火山』兵法に学ぶ経営学~人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)


板垣英憲マスコミ事務所

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ジェイコブ・ロスチャイルド... | トップ | 第35回 板垣英憲『情報局... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
香港民主化デモを支援しましょう Glacier Kwongさんの呼びかけに日本語字幕つけました (愛信)
2014-10-05 20:21:34
香港民主化デモを支援しましょう Glacier Kwongさんの呼びかけに日本語字幕つけました
https://twitter.com/yoshidakoichiro/status/518428413078818816

  香港の雨傘革命鎮圧に支那共産党が5000名の人民解放軍兵士
(私服の市民に変装)を投入しました。 反日売国テレビ局・マスコミの
報道を鵜呑みにしないで自分の目と耳で確かめましょう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
人類と各種ウイルスとの戦闘経過 (エボラウイルスに勝利する.)
2014-10-06 21:57:55
10月4日のインターナショナル・ビジネスタイムによると,ISIS(イスラム国)がエボラと共に米国を襲うか?聖戦主義者達が「エボラに感染した戦闘員を米国に送り込む」とイスラエル情報筋は報告している.極めて物騒な話題である.
ところで人類は現在までに多種多様のウイルスと戦い,どうにか勝利して生き残っている.エボラ出血熱は,ウイルス感染症で,今のところ血液や体液に触れることで,感染し発症すると発熱や頭痛,筋肉痛などが伴い致死率50~90%で極めて高い.
現在のところ有効な予防ワクチンや治療薬は無いとされているが,朗報とゆうべきか,現在一躍世界の注目を集めているのが,富士フイルムホールディングス傘下の富山化学工業が開発した抗インフルエンザウイルス薬商品名「アビガン錠」別名ファビピラヒル,Favipravir,富山化学工業が開発したRNA依存性,RNAポリミラーゼ阻害剤である.米国防省がエボラ出血熱の治療薬として実用化を急いでいる物件である.フランスの保健省は10月4日リベリアでエボラ出血熱に感染したフランス人女性看護師に対し,アビガン錠を投与した結果,治癒しパリ近郷の病院から退院したと発表している.
さらなる朗報が今後とも期待出来るようである.完全な成功を祈願する.

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事