「アラビアンナイトの国」の民族の「反撃の戦い」が始まっている

2005年07月10日 23時40分08秒 | イラク・テロ
ロンドン爆破テロ、地下鉄3件の爆発ほぼ同時刻 (読売新聞) - goo ニュース

 英国ロンドンにおける、同時多発テロ事件で、読売新聞の10日付朝刊が、「アル・カイーダ系別組織が犯行声明」と報じた。国際テロ組織アル・カイーダ系の「アブ・ハクス・イル・マスリ隊」を名乗る組織が9日、インターネットで犯行声明を出したのだという。
 石油天然ガスの宝庫である「中東」地域の大多数の国民は、どうしてこんなに貧しいのだろうか?この疑問が常につきまとう。「同時多発テロ事件」が起きるたびにこの矛盾に悩まされる。
 ところで、オサマ・ビン・ラディンとアル・カイーダによるとみられる「同時多発テロ」という個々の事件が発生するたびに、一連の事件の奥に潜む「本質的部分」が忘れられ勝ちなので、いま一度原点に立って、「イスラム社会=アラブ社会」が生み出したオサマ・ビン・ラディンとアル・カイーダが、一体何を狙って、何をめざしたかを再確認しておかねばならない。
 小生は、「9.11」事件の直後「ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ」(『自由を守る戦争』の真っ赤なうそ!)というタイトルの本をKKベストセラーズより出版した。
 このなかで、「サウジアラビアと王室」について記述している。サウジアラビア人であるオサマ・ビン・ラディンは、アフガニスタンで旧ソ連軍と戦い、これを負かして帰国した後、「サウジアラビア王室打倒」をめざして活動を始めたのである。オサマ・ビン・ラディンの危険性について恐れおののいたサウジアラビア王室は、オサマ・ビン・ラディンをスーダンに追放した後、なんと、王族の一族である皇太子(数人の一人)が「資金援助」まで行なって、「対米戦略」ょ展開するなど大変したたかな外交を行なっている。
 その中核部分を拙著の中から引用を、少々長いので、以下ジャンプ先で紹介させて頂きたい。

板垣英憲著「ブッシュの陰謀」(KKベストセラーズ刊)

 我々の視野から、スポッと抜けているが、オサマ・ビン・ラディンやアルカイダの「同時多発テロ事件」の背後に、「サウジアラビア王室」が存在し、「アメリカ」と「オサマ・ビン・ラディンら過激派」を手玉にとっている側面について、もっと深く解明しなくてはならない。「アラビアンナイトの国」の民族であるアラブ人は、欧米列強にしいたげられた長い歴史なかで、しっかりと「反撃の戦い」を始めていることを見逃すべきではない。

コメント   この記事についてブログを書く
« 英国ロンドンの同時多発テロ... | トップ | 北朝鮮には、「経済制裁」を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イラク・テロ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事