TBS「時事放談]で藤井裕久元財務相と海部俊樹元首相が、小沢批判とは、寝言もいい加減にしなさい

2011年01月09日 17時20分02秒 | 政治
◆藤井裕久元財務相が1月9日午前6時からのTBS番組「時事放談」で、小沢一郎元代表の「政治とカネ」問題で、奇妙な発言をしていた。小沢一郎元代表が1日、私邸で開催した新年会に民主党所属の国会議員120人が出席したことについて、「40%は新人議員です。選挙のとき小沢さんから資金をもらっている。特定の者だけにカネを配るのは好ましくない」などと批判していたのである。元大蔵官僚によく見られる「いやらしさ」がほとばしり出ていた。
 しかし、小沢元代表が、前回総選挙の際に配った資金は、主に小沢元代表を慕って入門してきた「小沢一郎政治塾」の卒業生や小沢邸に書生として住み込み、大学にも通ってきた政治家志望の若者たちや、当落スレスレの候補者だったりつたりったのであり、テコ入れ支援金であった。すべての候補者に平等に配分すべきだったという意見もあれが、選挙のプロの立場では、落選確実な候補者に無駄ガネを使うわけにはいかない。しかも、1つ政党の中においても、政治理念・哲学、政策目標など「志すところ」が同じであれば、必然的に「グループ」や「派閥」が形成されるのは、これまた当然である。役所や軍隊にやいて、官僚や将官を養成するのとは違うのである。
 藤井元財務相は、小沢元代表が若い政治家を養成していることを、かつての自民党の派閥活動や総裁選挙において、多数派工作のために派閥の領袖がバラ撒いたカネの使い方と混同しているのではないか。総裁選挙では、「ニツカ、サントリー、オールドパー」と言われて、洋酒の箱に現金を入れて、買収工作(ただし、公職選挙法違反にはならない)が盛んに行われた。総理総裁を禅譲されるときや、閣僚を任命するとき、派閥を継承するときなどで、億単位のカネがやり取りされたともいう。
 しかし、小沢元代表が、若手候補者に資金援助したのは、あくまでも資金力の弱い次世代政治家志望者に向けてであり、その資金を得て当選してきた新人議員たちが、小沢邸での新年会に駆けつけるのは、当たり前である。それに異議を申し立てる藤井元財務相やこれに同感するかのような司会者・御厨貴東大教授の感覚や頭の構造は、異常である。
◆藤井元財務相は、自由党幹事長を務め、民主党との合併の際、自由党が国から支給されていた政党助成金を、小沢元代表の指示により、一旦、小沢元代表の政治団体にプールして、それを政治資金管理団体に迂回するのに関与させられたという事実を出入りの記者団などにバラし続けていたと言われている。
 ところが、小沢元代表に忠勤していた藤井元財務相がいまは、「反小沢」の急先鋒の一人として菅直人首相に寝返っている。それは2010年1月、辞任に追い込まれてからであつた。つまり、小沢元代表を裏切り、かつ意趣返ししているのである。
 小沢元代表が、民主党幹事長として圧力団体や業界団体などのからの予算陳情を「幹事長室に一本化」しているのに、これを無視して日本経団連の御手洗冨士夫会長らと都内のホテルで会い、勝手に陳情を受けたのが、小沢元代表に知られて、怒りを買い、それが元で極度の精神不安に襲われて、乗用車に常に酒を携行して酒びたりとなり、体調を崩し、緊急入院後、辞任していた。「バクダ」と呼ばれる強い酒の飲み方をしていれば、体調が悪くなるのは、当たり前である。
 自分勝手の行動を棚に上げて、他人の責任にするのは、東大法学部卒にあり勝ちと言われているが、この人もその一人らしい。
 自分は、偉くていつも正しくて、他人は、いつも悪いと思い込んでいるフシがある。おまけに、自分の不始末で辞任せざるを得なくなり、その腹いせに政敵に寝返るとは、武士の風上にもおけない。
◆藤井財務相は2005年9月11日の総選挙で落選し、高齢を理由に政界引退を表明。引退を報告するため小沢事務所を訪ねた際、小沢元代表に「もう一緒に歩むことはできなくなりました」と述べると、小沢元代表は涙ぐんだという。その後、繰り上げ当選となり(一種の比例復活)、国政に復帰した。繰り上げ当選後は次期総選挙への不出馬を表明、2度目の引退宣言となった。だが、鳩山由紀夫代表(当時)から「新政権を助けてほしい」と乞われ、前回総選挙の公示直前に再び引退を撤回、比例南関東ブロックから単独立候補。35位という順位ながら、民主党の圧勝により当選を果たした。
 しかし、暗殺された高橋是清蔵相の話など戦前の大蔵省の逸話などを持ち出して、国民を幻惑し、財政の専門家ぶりを振りまいているが、経済政策や景気政策によって日本経済の回復や景気浮揚の名案を示して、実行し、実績を上げた経験は、皆無に等しい。こういう腹黒いタチの悪い老害政治家は、同類の渡部恒三元衆院議長ともども即刻、引退してもらいたい。
◆この日の「時事放談」には、海部俊樹元首相が出演していた。三木武夫元首相の秘蔵っ子である。この政治家も、金丸信副総理と小沢代表に総理大臣にしてもらった一人だった。師匠の三木元首相は「政治倫理の確立、金権政治の打破」を口癖のように言っていたので、自ら率先して派閥解消した。
 だが、三木派は、河本敏夫元通産相が引き継ぎ、「河本派」として派閥政治が続いた。海部元首相は、「河本派」に属し、「河本政権樹立」に努力していたのに、金丸信副総理と小沢代表に「総理大臣ポスト」をチラつかされて、河本元通産相を裏切り、首相に就任した。
もちろん、「河本派」は、離脱したのである。
 その政治家が、「回想録」を書き、いまごろになって小沢元代表を「金権政治の権化」でもあるかのように批判しているのである。海部元首相が、自ら集めた政治資金によって、次世代を担う有為の人材、とくに若手政治家を育ててきたという話は、これまで一度も聞いたことがない。だから、いまさら何を寝言を言っているのかという思いがする。
 毎日新聞政治部時代「三木派・河本派」を担当し、海部元首相が派閥の広報担当者だったころから、東京都千代田区三番町のマンション内の海部邸に夜討ち朝駆けしていた私が言うのであるから間違いない。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
米国FRBは「新100ドル札」発行を中止し、「電子マネー」の世界に進むことを決めた

◆〔特別情報①〕フリーメーソン・イルミナティ情報(ニューヨーク発)によると、米国FRB(連邦準備制度理事会)が、発行を延期していた「新100ドル紙幣」を発行しないことを決めたという。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

メルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


*有料メルマガが銀行振込で購読できるようになりました読者の皆様から多くのご要望をいただいていましたが、有料メールマガジンを銀行振込でも購読できるようになりました。

◎板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~
購読方法はこれまで通り、「購読手続きへ進む」をクリック後、ページ左側の「はじめてfoomiiを利用される方」より進んでください。支払方法で【銀行振込】が選択できます。
銀行振込の場合、毎月毎月お支払いいただかなくてもいいよう2ヶ月分・4ヶ月分・半年分でお支払方法が選択できます。
▼購読までの流れ
(1) http://foomii.com/00018 で、「購読手続きへ進む」をクリック後、ページ左側の「はじめてfoomiiを利用される方」より、メールアドレス/パスワードを入力(登録)し、支払方法の【銀行振込】を選択。口座名義(カナ)/購読期間を入力し、入力忘れやお間違いが確認して「内容確認へ進む」をクリック。
(2) 入力した内容に間違いがない場合、「購読する」をクリックして申込完了。
(3) 【購読申し込みが完了しました。】画面の購入申し込み内容を確認し、各種金融機関で指定の振込先に購読料金の振込をお願いします。
●注意事項
※購読開始後の返金はできませんので、期間は十分にご注意ください。
※入金を確認後、購読が開始されます。
※購読期間中の途中での解約はできません。
※購読期間中に発行者の都合により廃刊になった場合は、残った期間分の購読料を振込にて返金します(振込手数料を差し引いた金額となります)
※振込番号を入力できなかった場合、し忘れた場合は、振込番号、振込日、振込人名義をご連絡ください。
メルマガは振込確認後の配信となります。銀行の営業時間・営業日にご注意ください。
(年末年始で銀行の営業日も影響してきます。2010年12月分は特にご注意くださいませ)

こちらも連載↓
『平成動乱 小沢一郎の野望』1993年9月25日刊



第1章 小沢一郎が描く日本のリーダー像

第8節 なぜ自民党幹事長が実権をもったのか

幹事長は天下盗りのステップ
 
 自民党においては、「総理総裁になる人は大蔵か外務の重要閣僚を経験し、政務調査会長か総務会長のいずれかと幹事長を歴任していて、党と政府の両方がわかる人が望ましい」とだれもが思ってきた。

づきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

四王天延孝陸軍中将の名著「猶太(ユダヤ)思想及運動」No.63

メルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


新連載はこちら↓
板垣英憲著『政治家の交渉術』2006年5月刊



『政治家の交渉術』目次

第1章 「善悪を思うな」― 「勝った奴が正しい」

 5 満足を与えて勝利を手にしろ

 欲望と目的は仲の悪い双子

 社会民主党(旧社会党)は、政界再編の嵐の中で、階級政党から国民政党への脱皮もできないまま、かつて「社会党のプリンス」と期待された横路孝弘衆院議員(元北海道知事)のほか、極左集団「紅会」(社会党左派)の国会議員まで、多くが「ドロ船」(党)から逃げ出し、民主党に逃げ込んだ。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集(申し込み日から月額1000円)

板垣英憲マスコミ事務所
にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング

コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 仙谷由人官房長官も、武士の... | トップ | 菅直人首相の「人事下手」を... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「江戸から東京へ」テキスト(教科書)案について (愛信)
2011-01-10 17:27:18
「江戸から東京へ」テキスト(教科書)案について
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/nihonshi.htm
東京都教育委員会は、日本人としての自覚を高める
ため、高校生に日本史を継続して学ばせることが重
要である、という基本的な考え方に基づいて、都立
高等学校における日本史の必修化を決定し、東京
都独自の日本史科目「江戸から東京へ」を開発する
こととしました。

関連情報
【悪質な日教組、過激な大阪】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csjgsk.cgi
反日売国テレビ局・マスコミに捏造された歴史、日本
人に刷り込まれた自虐史観を払拭する為に沢山の
愛国識者のご意見投稿をお願いします。

詳細は
【教育の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj12.cgi

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事