安倍晋三首相の絶叫は、国民消費者の心には伝わらず、「アカンベーだ」と冷たい目で見られている

2014年12月29日 07時09分26秒 | 政治
◆安倍晋三首相のアベノミクス政策が、いよいよ3年目に入る。だが、大企業最優先の「アベノミクス政策は、言い方を変えれば、「格差不況」をますます深刻化させる「苛政」ということである。「国民の生活第1」の政策とは、対極にある。
 景気浮揚には、消費拡大が不可欠なのに、安倍晋三首相は、消費者の消費マインドを冷やし、景気を委縮させおり、真逆の政策を続けている。
 第1に、政労使会合で経団連に労働者の賃上げを強く要請しているけれど、総務省の調べによると、労働組合連合に労働者の権利を守られていない非正規雇用は、「初の2000万人超え」といい、これでは消費拡大にはならない。
 日本経済新聞は12月26日午前9時44分、「11月の完全失業率、前月比横ばいの3.5% 非正規雇用は初の2000万人超え」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 「総務省が26日発表した11月の完全失業率(季節調整値)は3.5%で、前月から横ばいだった。横ばいは7カ月ぶりで、QUICKがまとめた市場予想(3.5%)と同じだった。男性は製造業などで雇用のミスマッチが起きており、労働市場から退出する動きがみられた。半面、女性の就業者数や雇用者数は高い水準を維持し、完全失業率を押し下げていることから、総務省は雇用情勢は「総じて改善傾向で推移している」と判断した。一方、非正規労働者数(原数値)は前年同月比48万人増の2012万人となり、統計を取り始めた1984年以降で初めて2000万人を超えた。正規と非正規の雇用形態別割合は正規が62.0%、非正規が38.0%だった。非正規の38.0%は、月別の調査を開始した2013年1月以降で2番目に高い水準。最も高かったのはことし2月の38.2%だった」
◆第2に、安倍晋三首相は、大企業が貯め込こんでいる空前の内部留保323兆円を新規投資や賃上げのために吐きだすよう強く要請しているけれど、併せて、消費者に対しては消費拡大を期待しているのは、タイミングが悪い。
 大企業は、いつなんどき不況や世界恐慌が襲ってくるかわからないので、「いざというとき」のために資金を保有しているにもかかわらず、安倍晋三首相は、経営判断を狂わせようとしている。そもそも、いまの日本が「景気10年サイクル」のなかで「不況のサイクル」(2012秋~2022年夏)に入っているというのに、日々不安を抱えている大企業の経営者が、新規投資や賃上げにやすやすと踏み切るはずはないのである。自殺行為になる。そんな状況の下で、消費者は、サイフの紐を固く締めて、コツコツと預貯金に励むのが、当然の心理というものだ。
◆第3に、世界経済が、先行き不安定である。米国は、景気が回復したと言われているものの、本物かどうか疑わしい。FRBのイエレン議長は、2015年4月ごろには、いまの金融緩和政策を止めて、金利引き上げに踏み切る構えだ。その前に、アフリカ系アメリカ人のとくに低所得者層に対して、盛んにローンを組ませて、自動車や住宅を買わせているといい、これが2015年2月28日ごろには、破綻し始め、いわゆる「リーマン・ショック」の二の舞になるという予想されている。欧州経済も不安定であり、ロシアは、米国オバマ大統領による「対ロシア経済制裁」のボティブローが効いて、依然として、「ルーブル安」に苦しめられている。中国、韓国ともに経済破綻の危機に晒されている。
 こうなると、日本の大企業は、ますます「内部留保」を増やして企業防衛を強化し、消費者は、せっせと預貯金に励むことになる。安倍晋三首相は、「この道しかないんです」と1人でいかに絶叫しようとも、その気持ちは、多くの国民消費者の心には伝わらず、アベノミクス政策に対して、「アカンベー政策だ」と冷たい目で見られている。総選挙の投票率が、戦後最低の「52.66%」が何よりの証拠だ。国民の約半数が、「勝手にしゃがれ」とお尻を向けて「ペンペン」している。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎代表が、TOKYO FM番組に出演、米国が安倍晋三首相をどう見ているかを知る手がかりになる

◆〔特別情報①〕
 小沢一郎代表が12月24日午後7時10分から約25分間、TOKYO FMのニュース番組「TIME LINE」に出演、ジャーナリストの上杉隆氏と対談し、「圧倒的多数を占める与党にどう対峙するか」などについて、見解を語った。これは、総選挙後初めてのメディア出演だったという。このなかでの発言は、小沢一郎代表が現在、第3次安倍晋三内閣をどう見ているか、米国が安倍晋三首相をどう見ているなどについて知る有力な手がかりを与えている。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ



第36回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成27年1月10日 (土)
オバマ大統領が安倍晋三首相に仕掛ける大陰謀
~米国を恐怖させる日・欧の景気後退危機迫る!


◆新刊のご案内◆
地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
12月開催の勉強会がDVDになりました。
 「アメリカ帝国の崩壊とEUの解体」
~地球連邦政府樹立への通過点

その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊)

目次

第2章 米ブッシユ政権と対等に渡り合えるのか ②
 イラク支援は国連など国際機関・地域機関の枠組の中で検討を


 民主党は、平成十五年(二〇〇三)四月十一日、「対イラク復興支援及び中東和平に関する現時点の考え方」を、以下のように発表している。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。

『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊)
『目を覚ませ!財界人』(1995年9月25日刊)
『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日(1998年4月5日刊)
『誠』の経営学~『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす
『忠臣蔵』が語る組織の勝つ成果Q&A
『風林火山』兵法に学ぶ経営学~人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)


板垣英憲マスコミ事務所

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「捨てる神あれば、拾う神あ... | トップ | 「一太郎やあい」の叫びは、... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
佳子さま20歳…公務「一つ一つ大切に」 (リサ)
2014-12-29 20:28:02
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141228-OYT1T50043.html
秋篠宮ご夫妻の次女佳子かこさまが29日、20歳の誕生日を迎えられた。

 これに先立ち、お住まいの秋篠宮邸(東京・元赤坂)で記者会見し、成年皇族となって本格的に公的活動が始まることについて、「いただいた仕事を一つ一つ大切にしながら取り組んでいくべきだと考えております」と抱負を述べられた。

 佳子さまは、来春から、姉の眞子まこさま(23)も卒業した国際基督教大(ICU)に入学される。

 2年途中まで通った学習院大を今夏に中退し、ICUで学び直す理由を「幼稚園から高校まで学習院に通い、一つの環境しか経験できていないと感じた」とした上で、皇族の公的活動で大切な英語教育が充実し、専攻を決めず幅広く知識を学べるICUの教育に魅力を感じられていたという。

>佳子さまも国際基督教大に進学されます。姉上の眞子さまがそうお勧めになされたそうです。国際基督教大学はジョン・D・ロックフェラー4世の母校です。ジェイは日本留学時代を通して大の親日家になったようです。
アフガニスタン駐留13年、国際部隊戦闘任務終了 (樹)
2014-12-29 20:51:15
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2383156.html
アフガニスタンに13年にわたって駐留してきたISAF=国際治安支援部隊の戦闘任務終了を記念する式典が28日、首都カブールで開かれました。

 「きょう一つの時代が終わり、 新しい時代が始まる。NATOの国際支援部隊は13年にわたり、著しい成果と多くの犠牲を出した戦闘任務を完了します」(ISAF キャンベル司令官)

 2001年のアメリカ同時多発テロ直後からアフガンに駐留してきたISAFには、およそ50か国が参加、駐留規模は最大14万人にのぼりました。AP通信によりますと、この13年間で駐留兵士の犠牲者数はおよそ3500人にのぼるということです。

 アメリカのオバマ大統領も声明を発表し、「アメリカ史上最も長い戦争が責任ある終結を迎える」と述べる一方、アメリカ軍などに「尋常でない犠牲を払った」と振り返りました。

>オバマ大統領はアフガニスタンから撤退を公約にして大統領に就任しました。この日をもってアメリカ軍は中東から撤退しました。これでオバマ大統領は余裕ができ問題児の北朝鮮をどう料理してやろうかとハワイで思案しています。アメリカ軍が撤退した今の中東は力の空白の状態です。そこに中国が中東進出を狙っています。
大手邦銀と核関連企業の金融取引 民間団体が公開 (ラケル)
2014-12-29 21:26:51
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=96776
民間の国際平和団体、PAX(オランダ・ユトレヒト)は29日までに、核兵器製造に関連する会社と金融取引をしている銀行や年金基金など411社・団体のリストを公開した。日本企業は、大手銀行をはじめ6社が含まれている。

 報告書が核兵器関連企業と見なしたのは開発や製造に携わる米国のロッキード・マーチン、欧州のエアバスグループなど28社。

核兵器関連企業に取引の実績がある企業には、日本から三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、オリックス、三井住友トラスト・ホールディングス、千葉銀行が挙がった。

>原子力とロスチャイルド家、ロックフェラー家の関係を知っている人間には公然の秘密ですが暴かれました。ですがオリックスと千葉銀行よりも原子力に密接な日本企業は他にも沢山あります。来年にも核戦争があるのかと訝しみます。
第47回衆議院選挙の比例代表選挙区の獲得議席数の誤り (愛信)
2014-12-30 03:31:43
第47回衆議院選挙の比例代表選挙区の獲得議席数の誤り
http://www.aixin.jp/ssjh/image/hrgs.gif

比例代表選挙の政党別得票数のドント式による計算で各ブロックの定数が配分されます。各選挙区で政党が獲得している議席数に誤りがあります。赤字の数字は計算の誤りであり、正しい議席数は以下の通りです。クリックすると大きくなります。

詳細は【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事