「米海軍特殊部隊が全滅」G20、G7でバレバレ、米国は「対ロシア追加制裁」を議題にできず権威失墜

2014年04月14日 02時57分44秒 | 政治
◆オバマ大統領を最高指導者とする米国の凋落ぶりが、かなり顕著になってきた。米国ルー財務長官が、ワシントンで開かれた先進国と新興国が集まる「G20」(ロシア含む)財務相・中央銀行総裁会議と日米欧7カ国の「G7」財務相会合(4月10日、11日)の場でウクライナ南部のクリミアを併合したロシアに対して、「対ロシア追加制裁」を図ろうと懸命に裏工作していたのに、議題にも上らなかったからだ。ルー財務長官は大恥をかいた。「鼎の軽重を問う」(権力者・権威者の実力や能力を疑ったり、代わりに権力や地位を奪おうとしたりすることのたとえ)どころか、すっかり「権威はすでに失墜」してしまっている。
 やはり、米軍最高司令官であるオバマ大統領が、軍事作戦を敢行して「部隊全滅」という事態を招いた責任は重い。アフガニスタン駐留米軍(将兵7万人)は、イラク・アフガニスタン戦争で事実上敗北していて、武装勢力タリバンからは「敗北を宣言せよ。宣言すれば、アフガニスタンからの完全撤退を認めてやる。そうでなければ皆殺しだ」と迫られても、頑として「敗北」を認めようとせず、「将兵7万人」を「全滅の危機」に晒している。
 この体たらくに加えて、オバマ大統領は「ウクライナ・南部クリミア半島の空港など重要施設に突入した米海軍特殊部隊(シールズ、約100人)が、ロシア正規軍と交戦の末、全滅した」という不名誉な事実をひた隠し続けている。この事実は、「G20」の間では、バレバレなので、ルー財務長官が、プーチン大統領を「悪者」に仕立てて、対ロシア制裁を強化しようといくら「悪あがき」しても、19か国の財務相・中央銀行総裁は、口にこそ出さないまでも、腹の底では「悪いのは米国の方だろう」と冷ややかだったようだ。
◆米国、英国、フランスの3国は、ウクライナを「第3次戦争」の「発火点」にしようと策動した。首領は、英国エリザベス女王、教唆したのは、ロスチャイルドのロンドン分家イヴァリン・ロスチャイルドとその夫人、フランス・ロスチャイルド当主のダヴッド・ロスチャイルドとその夫人、実行者は米国オバマ大統領、英国キャメロン首相、フランスのオランド大統領で、これを間一髪のところで食い止めたのが、ロシアのプーチン大統領と安倍晋三首相であった。
 ところが、米国、日本をはじめ英国、フランスなどいわゆる「西側陣営」の大半のマスメディアは、プーチン大統領が、いかにも「侵略者」でもあるかのような「真逆の報道」を依然として続けている。グーグル、ヤフーというポータルサイトも同様だ。
◆「暴力革命」によるウクライナ政変は、米国と欧州の勢力が、ウクライナのネオナチ政党スヴォボーダ・スボボダ「自由」とネオナチ武装集団「UNA-UNSO」にデモ行動指示書と軍資金約100億ドル(資金元は、ロスチャイルド財閥フランス当主ダビッド・ド・ロスチャイルド)を出して、反政府闘争を展開、地域党所属のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領(2010年2月25日~2014年2月22日)を倒し、全ウクライナ連合「祖国」所属のオレクサンドル・トゥルチノフ大統領代行(2014年2月23日~)に政権を強奪させた。この背後でオバマ政権のスーザン・エリザベス・ライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)とビクトリア・ヌーランド国務次官補(欧州・ユーラシア担当)が反政府闘争を煽っていたという。「西側」のマスメディアは、ウクライナ暫定政権内には、「反ユダヤ主義」を主張する過激なネオナチ政党スヴォボーダ・スボボダ「自由」(世界ユダヤ人会議は、「ネオナチ政党」と認定)の議員が入閣しており、ネオナチ武装集団「UNA-UNSO」(背後にNATO軍)にガードされているという恐るべき事実も隠し続けている。
◆ウクライナ情勢を不安定にした疫病神は、首領である英国エリザベス女王、教唆したロスチャイルドのロンドン分家イヴァリン・ロスチャイルドとその夫人、フランス・ロスチャイルド当主のダヴッド・ロスチャイルドとその夫人、実行者である米国オバマ大統領、英国キャメロン首相、フランスのオランド大統領であった。
 「ウクライナ・南部クリミア半島の空港など重要施設に突入した米海軍特殊部隊(シールズ、約100人)が、ロシア正規軍と交戦の末、全滅した」という大失態、すなわち、プーチン大統領に「返り討ち」に会いながら、クリミア半島のロシア編入から、さらにウクライナ東部のロシア系住民による「ロシア編入を求める運動」を惹起してしまっている。その責任をプーチン大統領に押しつけようとしている。何と姑息なことか!!

※Yahoo!ニュース個人・有料記事(4月分)をご購入されたお客様へ

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
オバマ大統領の命令でクリミアに向けて沖縄から出動していたはずの米海兵隊が、方向転換し姿を消した

◆〔特別情報①〕
 沖縄県普天間飛行場の駐留米軍「海兵隊」が、「黒海方面に向けて出動した」と言われて1か月近くになるのに、「黒海方面」で姿を現して、作戦を遂行している気配がなく、「一体どこへ行ったのか」とその動静が疑問視されているという。これは、沖縄県普天間飛行場の駐留米軍筋からの情報である。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


にほんブログ村 政治ブログへ



第29回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成26年5月11日 (日)
日本の科学技術と武器の輸出『解禁』
~民間技術が軍事技術を進歩させる時代へ



 板垣英憲の最新著書 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
  ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

詳細はこちら→ヒカルランド


 板垣英憲の最新著書 「TPP本当のネライ~あなたはどこまで知っていますか」(共栄書房刊)
 全国書店で発売中 定価(本体1500円+税)
■TPP本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか2013年9月刊
まえがき
第 1 章 TPPとアメリカの食糧支配
第 2 章 TPPの最大のネライは保険だ
第 3 章 TPPで日本医療界への食い込み ―― 国民皆保険制度の崩壊
第 4 章 TPPで雇用はどうなる ―― 解雇自由の法制化
第 5 章 米国「軍産協同体」が防衛省を食い物に ―― 米国の肩代わりをする「国防軍」の建設
第 6 章 米国が日米事前協議で日本政府に強い圧力をかける
第 7 章 日本のTPP参加に向けての経緯
あとがき


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
3月開催の勉強会がDVDになりました。
 「世界支配権を掌握した金塊大国・日本の使命と役割」~世界銀行・エリザベス女王、ジェイコブ・ロスチャイルドの期待
その他過去の勉強会19種類をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』三菱財閥を築いた男・岩崎弥太郎が見た風雲児

目次

『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 Ⅳ章 薩長同盟を締結させた抜群の調整力

 脱藩後、龍馬は英国スコットランド系ユダヤ人のトーマス・グラバーと継続的に接触しました。グラバー商会は、アヘン戦争を推進した英国ジャーディン・マセソン商会の直系で、グラバーの肩書きは、「マセソン商会長崎代理人」でした。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)


板垣英憲マスコミ事務所

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 第29回 板垣英憲「情報局... | トップ | Yahoo!では読めない「... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナチス第4帝国南相木ダムはオメガ遺跡跡に (ナチス第4帝国南相木ダムはオメガ遺跡跡に)
2014-04-14 04:11:19
ナチス第4帝国南相木ダム
http://livedoor.blogimg.jp/ja8119__/imgs/2/2/22fb8b8c.png
の古地図を見ると、オメガ遺跡がはっきりと見て取れる。
綾部大本教本部の石碑右下にもオメガが示されている。

高天原を支点として東西に同様のものが設置されている。
御巣鷹側のオメガ遺跡はというと、日航ジャンボ123便御巣鷹の尾根みかえり峠手前のカーブやすらぎの滝上の標高1300m付近である。

この、オメガ遺跡というのは、上空から見たときの岩舟着陸用目印であるが、機能的には地球磁極反転等の放射線有事の際に威力を発揮する宝がある場所である。故に、米軍横田空域の中心が御巣鷹ということなのである。(中ロイランマルキスト界隈で、このニセモノを画策しているのがオウム宗教であるが、天皇家の血統なくしては何も真似出来ないだろう。)
天皇陛下お印の榮であるが、「ヒヒイロカネ (天皇陛下お印の榮であるが、「ヒヒイロカネ)
2014-04-14 11:46:14
天皇陛下お印の榮であるが、「ヒヒイロカネ(UUP)」という意味になる。これは、現在の南相木ダムサイドのオメガ遺跡と極めて関連が深い。高天原文明の磁鉄鉱をこの遺跡の物質と血統の波動でブーストさせてUUPは製造する。
http://img-cdn.jg.jugem.jp/724/3037268/20140414_120076.png
http://img-cdn.jg.jugem.jp/724/3037268/20140414_120075.png
面白いから読んでね。 - Yahoo!知恵袋 (愛信)
2014-04-14 17:54:37
面白いから読んでね。 - Yahoo!知恵袋

爆弾発言!韓国大統領「北朝鮮の復興は日本に金を出させる」と
http://youtu.be/XDBQTtO0gYk
(動画)

詳細は
【愛信情報市場逆アクセス・ランキング】面白いから読んでね。 ベストアンサーに選ばれた回答をカッチとね

http://aixin.jp/garnk.cgi

反日売国テレビ局・マスコミの隠蔽している情報が沢
山あります。  今まで視聴者を騙して隠してきた事柄
が次から次に出てきます。 インターネットで掲載され
ている情報を自分の目と耳で確認しましょう。 そして
支那朝鮮に支配されている反日売国テレビ局・マスコ
ミの捏造報道や偽装報道・隠蔽報道に気付きましょう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
ウクライナ東南部が大統領を選出 彼の情勢評価と方針 (前田 進)
2014-04-18 07:02:28
ウクライナ東南部が大統領を選出 彼の情勢評価と方針
2014.4.18
  ウクライナ東南部は自分らの大統領を選出したと、Newsland.ru(2014.4.17)が伝えた。大統領に選出されたのは、ルガーンスク州司法長官で元高裁長官のアナトーリー・ヴィジールである。これは、米主導のテロ暴動でクーデターによりウクライナの政権を違法に奪取したネオナチ諸党の所謂「暫定政権」への反撃の歩みの1つになった。
  彼はドンバス人民へのアピールの中で、国の東南諸州の人民に保護を約束した上に「ネオファシストらによって背信的に侵害された憲法体制」の復活を彼等に保障した。
  ヴィジールは、ウクライ ナで非民主的な方策でクーデターの結果政権に就いた「ファシスト一味の徒党」は阻止されると言明した。彼は、あらゆる軍人が人民への宣誓をして、人民擁護に立ち上がるよう訴えた。彼はロシア国民に、ウクライナ東南部の連邦化を支持するように訴えた。またウクライナのスラブ人とその他の人民を血に溺れさせないように要請した。彼は米国とEU、世界コニュニティーに、起っている過程とウクライナ連邦化に干渉しないよう呼びかけた。彼はウクライナでの米軍兵士の否定できない存在の各種証拠があると強調して、「NATOの全軍人を配置基地へ呼び戻すよう」米国へ要請した。
  ヴィジール・ウクライナ東南部新大統領は、キーエフがウクライナ連邦化を承認し、「ファシストの”自由党”とファシスト諸団体」を禁止し、民族主義的な各種徒党を武装解除し、ウクライナ語とロシア語を国家用語として承認し、「国家間の対立を煽る馬鹿げた各種法律を可決している国会を解散する場合には、キーエフとの交渉の用意があると言明した。
  これは、キーエフの違法なネオナチ・クーデター政権に不利な新情勢の現われで、ウクライナ東南部での2重権力状態の出現を意味している。これはまた、キーエフのネオナチ政権による東南部武力弾圧の拡大に伴って、今後露のプーチン政権をウクライナ東南部への軍事支援へ踏み切らせるプッシュになった。そしてそれは、米国の内戦開始・拡大へのプッシュにもなった(ブログを見よ:http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/102.html ) 。
  4.17からジュネーブでウクライナ問題解決のためのウ違法政権・露・米・EUの4ヵ国交渉が始まった。4ヵ国は違法クーデターと現情勢に関するヴィジール・ウクライナ東南部大統領の上記見解と要請を認めて、解決策を決めるべきだが、キーエフのネオナチ違法政権とそれを支持しているネオナチ化した米帝の好戦的侵略性の強まりからして、交渉決裂の可能性がある。その場合、それは米国での内戦開始・拡大のもう1つの新たなプッシュになる。
[備考] 「米海軍特殊部隊が全滅」G20、G7でバレバレ、米国は「対ロシア追加制裁」を議題にできず権威失墜(板垣英憲):http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/0bdbbb02a44e32e07c34d1502286815e#comment-list
ウクライナ西部でも独立共和国樹立 (たつまき)
2014-04-20 07:12:20
[追加情報]
2014.4.18
  ネオナチ・テロのウクライナ・クーデター政権が欠席した3ヵ国交渉では、クライナ東部での抗争双方の武装解除で合意した。米オバマ政権は、対露代理戦争を来たすキーエフのネオナチ政権への武器援助を実施しないと決定したが、生活物資の援助を決めた。東部諸州の政府・警察等を占拠していて、東南部の新大統領を選出した親露派市民らは、キーエフの違法政権も武装解除しない限り応じられないと、武装解除を拒否した。プーチンは、国会が承認した東部親露派への軍事援助権行使を留保している。キーエフ・ネオナチ政権の出方次第だろう。東南部は2重権力状態下で、キーエフ政権側の戦車や部隊では親露派市民側への寝返りが続出しており、情勢がネオナチ政権に不利に進展している。

☆ ウクライナ西端のザカルパーチエ州が独立共和国を樹立する
2014.4.20
  ウクライナ西端のザカルパーチエ州は、ポーランド、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、モルダビアと国境を接しているが、その州が2014.4.24に国民投票を行って、ネオナチ・違法クーデター政権下にあるウクライナの構成から脱退し、独立共和国「カルパーチア・ウクライナの樹立宣言を行う。Newsland.ru (4.19) が伝えた。
  米主導のテロ暴動で権力を奪取したネオナチ諸党のウクライナ違法政権の支配下でのウクライナ分解が、東南部に次いで西部でも加速されている。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事