「第2の日本建国の父」金策・元副首相の長男、金国泰・政治局員らが張成沢の「クーデター」を未然に防ぐ

2013年12月16日 03時43分52秒 | 政治
◆「第2の日本」である「北朝鮮建国の父」と言われる金策・元副首相(本名・畑中理、大日本帝国陸軍の「残置諜者」)の長男である金国泰・政治局員(1924年8月27日生まれ、党中央委員会検閲委員長)が13日、急性心不全などのため死去、89歳だったという。
 金国泰・政治局員は、咸鏡北道清津市で生まれる。万景台革命学院から、金日成総合大学卒業。モスクワ総合大学へ留学。1963年8月に朝鮮人民軍総政治局副局長(中将)になる。1967年11月から最高人民会議代議員、1976年6月に金日成高級党学校の校長、1983年3月に党宣伝煽動部長、1992年12月に党中央委員会書記局書記(幹部養成担当)、1993年1月に党幹部養成部長、2011年12月に金正日の国家葬儀委員会のメンバーとなり、党中央委員会政治局員、党中央委員会検閲委員長であった。
 金正恩第1書記=元帥(背後に女帝)が、叔父・張成沢・国防副委員長が首謀した「クーデター陰謀計画」を未然に防ぎ、機関銃により銃殺処刑、遺体に火炎放射を浴びせて処分した一連の過程で、金国泰・政治局員は、「反党・反革命分子の弊害を清算する戦いを繰り広げた」と党中央委と最高人民会議常任委員会からその功績を称えられたという。
◆金策・元副首相(1903年8月14日~1951年1月30日)は表向き、咸鏡北道城津郡(現・金策市)鶴上面水使洞で貧農の子として生まれ、本名は金洪啓と言われている。家族とともに間島に移住、成長してから、抗日パルチザン活動に身を投じ、金国泰・政治局員が1924年8月27日に生まれたとき、21歳であった。その後、弟・金乙男(北朝鮮政府高官の地位にある)も生まれている。金国泰・金乙男兄弟こそ北朝鮮「第3金王朝」の「裏天皇」的存在である。
 1927年4月7日に朝鮮共産党火曜派に参加、1930年6月、中国共産党に入党。1936年8月、中国東北抗日聯軍第3軍4師政治部主任、第3路軍第3軍政治委員・中共北満省委書記となるも、日満軍警のパルチザン制圧作戦を逃れてソ連に亡命、1940年、ハバロフスク会議の前後に、金日成(本名・金聖柱、4人目の金日成)と合流し、教導旅団(第88特別旅団)第3大隊政治委員となる。間もなく、金日成の2番目の正妻・金正淑(1917年12月24日~1949年9月22日=毒殺)と懇ろになり、「不義の子」金正日(1941年2月16日~2011年12月17日、ロシア名・ユーラ)が生まれる。金策・元副首相は38歳だった。金正淑は、金万一(ロシア名・シューラ=水死)、金敬姫(後に、張成沢の妻、朝鮮軍大将)をもうけている。
 1945年、金日成らとともにソ連軍(赤軍)に同行して帰国し、大日本帝国陸軍の「残置諜者」として、米国との戦いに臨んだ。朝鮮共産党中央委員会政治局委員を務め、1948年9月、朝鮮民主主義人民共和国を建国し、副首相兼産業相に就任、1950年6月25日、朝鮮戦争勃発時には朝鮮人民軍前線司令官に任命されて、1951年1月31日、戦争中に死亡、47歳だった。その後、「共和国英雄」として功績を称えられたと伝えられている。
金策・副首相が死亡したとき、金国泰・政治局員は、27歳だった。ただし、金策・元副首相は、1951年1月31日以降も生きていて、金日成を背後で操り続けていたという説もある。
◆金国泰・政治局員は、腹違いの弟・金正日が存命、総書記として在職中、背後で支え続けた。金正日総書記が3番目の妻・金英姫との間にもうけた金正恩(3男)を後継者に押し上げ、第1書記=元帥に就任してからも、背後で支え、助けてきた。
 そして、張成沢・国防副委員長は、金正日総書記と2番目の妻・成恵琳の間に生まれた金正男(長男)を後継者に担ぎ上げて失敗した後も、金正恩第1書記=元帥の「暗殺」を企て、密かに何度も「クーデター」を試みた。だが、米国、イスラエルをバックにした金正恩第1書記=元帥(背後に女帝)、金策・元副首相の薫陶を受けた長老ら「影の軍団」は、これを未然に防ぎ、張成沢・国防副委員長を機関銃により死刑にしたのをはじめ、一味を粛清し続けている。この「影の軍団」のなかで、金国泰・政治局員は、重要な役割を演じたのである。
【参考引用】産経新聞msn産経ニュースが12月15日午前1時52分、「北朝鮮・検閲委員長が死去 葬儀委員に金敬姫氏の名」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 「北朝鮮の朝鮮労働党の金国泰(キム・グクテ)政治局員(中央委員会検閲委員長)が13日、急性心不全などのため死去した。89歳。朝鮮中央通信が14日、伝えた。16日に国葬が行われる。葬儀委員には、12日に処刑された張成沢元国防副委員長の妻で金正恩第1書記の叔母の金敬姫政治局員や、韓国メディアが中国に亡命したと報じていた盧斗哲副首相も名を連ねていることが同通信の報道で確認された。韓国統一省によると、1924年、咸鏡北道生まれ。故金日成主席が抗日パルチザン闘争を繰り広げた時期の盟友、金策元副首相の長男。党中央委と国会に当たる最高人民会議常任委員会は14日、共同の訃告で、金国泰氏が『反党・反革命分子』の弊害を清算する戦いを繰り広げたと称賛した。(共同)」

※Yahoo!ニュース個人


※blogos


にほんブログ村 政治ブログへ

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

日本政権、外務省、拉致被害者家族の会は、「犬にも劣る見下げ果てた人間のクズ」張成沢を頼り失敗した


◆〔特別情報①〕
 小泉純一郎元首相が2002年9月17日、北朝鮮の首都・平壌市の百花園招待所で、北朝鮮の事実上の国家元首である金正日総書記(国防委員長)と会談し、「日朝平壌宣言」に署名、国交正常化交渉を10月に再開することで合意した。以来、11年を経過しても、「日本人拉致問題」が完全解決に向けて、少しも動かなかった最大の原因が、金正恩第1書記=元帥(背後に女帝)「暗殺」を目的とした「クーデター陰謀事件」により、やっと判明してきた。「獅子身中の虫」=「犬にも劣る見下げ果てた人間のクズ」が、いわゆる「ガン細胞」だったのである。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

※Yahoo!ニュース個人でも「情報局」有料記事の配信をしております。
YahooIDをお持ちの方は簡単に登録できます。ぜひご利用下さい。
お申し込みはこちらから↓


「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


【お知らせ】
板垣英憲の新刊が発売されました


 板垣英憲の最新著書 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
  ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

詳細はこちら→ヒカルランド


 板垣英憲の最新著書 「TPP本当のネライ~あなたはどこまで知っていますか」(共栄書房刊)
 全国書店で発売中 定価(本体1500円+税)
■TPP本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか2013年9月刊
まえがき
第 1 章 TPPとアメリカの食糧支配
第 2 章 TPPの最大のネライは保険だ
第 3 章 TPPで日本医療界への食い込み ―― 国民皆保険制度の崩壊
第 4 章 TPPで雇用はどうなる ―― 解雇自由の法制化
第 5 章 米国「軍産協同体」が防衛省を食い物に ―― 米国の肩代わりをする「国防軍」の建設
第 6 章 米国が日米事前協議で日本政府に強い圧力をかける
第 7 章 日本のTPP参加に向けての経緯
あとがき


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
11月開催の勉強会がDVDになりました。
 「新しい価値の政治への大変動期に突入」 ~小泉純一郎元首相と小沢一郎代表の政治戦略 

その他過去の勉強会12種類(各定価3000円)をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)

目次

第7章 細川護煕の三大改革を逆手に取る巧妙な計略 ③

小躍りする内務省復活論者たち


 細川護煕や高市早苗たちの意向に反する形になった一方で、一部修正されたとはいえ政府案が国会で成立したので、自治官僚はもとより、地方分権のために力を注いできた内務官僚出身政治家や内務省・自治省OBたちは小躍りせんばかりに喜んだのである。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日 ジャパンミックス刊)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日サンガ刊)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日ジャパミックス刊)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日サンガ刊)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日 共栄書房刊)
『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日 ごま書房刊
『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊


板垣英憲マスコミ事務所

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 朴槿恵大統領は、エリザベス... | トップ | 北朝鮮「暗殺隊」が、私利私... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
維新、大激震! 府議1人が初造反 委員会で株売却案否決 (愛信)
2013-12-16 18:47:24
維新、大激震! 府議1人が初造反 委員会で株売却案否決

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131216/wlf13121610560009-n1.htm

【関連情報】
造反の維新府議「ペナルティーは覚悟のうえ」「地元裏切れない」 
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131216/waf13121612110019-n1.htm

サーベラスの西武TOBと同じケースである。 
ハゲタカファンドが西武の株を買収して鉄道を廃止して
鉄道沿線の住宅地の地価を暴落させて地域全体を買
い占めて大儲けする。 幸い西武の公開買い付け(TO
B)は株主が団結して株を売らない運動を起こしたので
阻止できた。 このニュースではハゲタカファンド・ロー
ンスターが売国奴橋下を使って大阪府が保有する「大
阪府都市開発(OTK)」の株式を騙し獲ろうとしている。
 沿線住民に広く知らせて株式売却を阻止するべ
きである。
結果は維新の4名の造反で議案は否決された。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。


PS:
カジノ反対・パチンコ廃止デモ!マルハンが
反対住民に脅迫や嫌がらせの続報・批判記事の記者を脅迫
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5294.html#comment
不法占拠の立ち退きに1世帯平均2700万円の補償 (愛信)
2013-12-16 21:52:16
不法占拠の立ち退きに1世帯平均2700万円の補償
http://yomi.mobi/read.cgi/news18/news18_dqnplus_1122202879/

東京都知事の収賄疑惑で5000万円の金が取りざた
されている。 場合によっては都知事の首が飛ぶかも
判らない。 そんな中、川崎市の堤防に住み着いた不
法占拠の朝鮮人家族に1軒当たり2700万円の補償
金35億1000万円を支払うと言う事。この様な無駄な
支出を抑えて、長期間不法占拠してきた朝鮮人たちか
ら罰金を徴収するのが納税者に対する当然の義務で
はないか。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

小泉純一郎の「原発ゼロ」 (インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ~政治をグーグル化する~)
 安倍晋三首相に聞いてみたいことがあります。  『小泉純一郎の「原発ゼロ」』が出版されました。  小泉純一郎元首相が、最近「原発ゼロ」を大々的に訴えていることはご存知でしょうが、このことに関してこれまで原発を推進してきた自民党の一員としてどのような考え...
北朝鮮の女帝 (邪馬台国 下関)
金正日は日本人だった! 今こそ求められる日本の覚醒  佐藤 守 ・ 山浦嘉久 http://gekkan-nippon.com/?cat=102