野田佳彦首相は、消費税増税法案成立しさえすれば、民主党が潰れてもよいという考えだ

2012年05月26日 03時13分33秒 | 政治
◆よほど心配になったのであろう。いまや政治家を辞めて大蔵官僚に戻った感じの藤井裕久民主党税制調査会長(元財務相)が5月24日午後一番で首相官邸を訪れ、野田佳彦首相に会った。5月29日にセットされている小沢一郎元代表との会談がどうなるか不安になったのである。
 その際、野田佳彦首相は「大丈夫です。安心してください」と述べ、小沢一郎元代表の主張に妥協しない姿勢を示したという。読売新聞が5月25日付け朝刊「政治面」(4面)の「小沢氏 首相に先手」という記事のなかで報じている。
 野田佳彦首相の「大丈夫です。安心してください」という発言は、意味深である。
 ①読売新聞がコメントしているように小沢一郎元代表の主張に妥協しないというだけのことであるのか。
 ②藤井裕久民主党税制調査会長の期待に応えて、小沢一郎元代表を説得してみせる自信があるという意味なのか。
 ③民主党がこぞって賛成したとしても、参院が過半数に18議席不足、国民新党3議席、新党大地・真民主2議席が賛成なら5議席がプラスされるので、不足議席は、13議席にすぎない。これを埋める自信があるということなのか。
 ④自民党と大連立政権を樹立して、消費税増税法案を成立させることができるという見通しが立っているということなのか。
 野田佳彦首相が「大丈夫です。安心してください」と発言しても、その意味するところは、プリズムの光のようにいろいろな色に見えてくるから、ややこしい限りだ。
◆単純に考えると、9月の代表選挙で、野田佳彦首相が続投を目指しても、無駄なことだ。野田派は、もともと25人の弱小勢力なので、逆立ちしても独自では、政権を維持できない。野田佳彦首相は、この数の論理を忘れているのではないか。
 野田佳彦首相誕生は、岡田克也副総理と小沢一郎元代表の尽力があればこそ、実現できた。この基本構造は、いまでも変わってはいないのである。
 しかし、野田佳彦首相は、現在でも数の論理を克服していない。否、むしろ克服できないということの自覚がないのではなかろうか。首相執務室という「情報真空地帯」と言う空間に住み続けていると、知らず知らずに、本物の情報から遠い存在になってしまう。その結果、為政を誤ってしまうのである。
◆政権の座にいると、庶民の声が聞こえなくなる。日々、大勢の人が訪れるので、世の中のあらゆる声を聞くことができると思い込んでいるが、世の中は、そんな甘いものではない。
 野田佳彦首相は、現在の国民生活に何ら関心はない。消費税増税法案さえ成立すればよいのである。「後は野となれ、野田となれ」といういい加減さなのだ。国民生活がどうなってもよいという考えなので、小沢一郎元代表に助けられ、輿石東幹事長に世話になってきた恩義は、どうでもよいという感じだ。
 野田佳彦首相の頭の中にあるのは、ひとえに財務省の勝栄二郎財務事務次官であり、いまや政治家を捨てた藤井裕久民主党税制調査会長の顔であろう。消費税増税法案の成立のためには、いかなる策動も辞さないという鬼のような執拗さのみが、際立っている。それこそ、民主党を潰してもよい、自民党に魂を売っても構わないという虚無的考え方に支配されている。

にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
野田佳彦首相が、「小沢一郎元代表切捨て」による「民主党分裂・自民党との大連立政権」を水面下で策動しているというが、この黒幕は?

◆〔特別情報①〕
 小沢一郎元代表の親衛隊「一新会」幹部に近い筋の情報によると、野田佳彦首相が、「小沢一郎元代表切捨て」による「民主党分裂・自民党との大連立政権」を目指して、水面下で策動している。不退転の決意で取り組んでいる「消費税増税法案」の成立を最優先するための戦略という。この情報を谷垣禎一総裁サイドからキャッチした小沢一郎元代表は、5月29日に予定されている野田佳彦首相との会談を前にして、「私自身の考え方は変わっていない。議論が平行線になるかも知れない」(5月24日、「新しい政策研究会」の会合で)と語り、先手を打っている。一体、この策動の黒幕はだれなのか?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

携帯電話から有料ブログへのご登録
http://blog.kuruten.jp/mobile.php/top

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】新連載を始めました。
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日)日本文芸社刊



目次

第6章 世界を股にかける相場師ジョージ・ソロスの暗躍

―厚いべールに包まれて世界一元化戦略に邁進する「ヘッジファンドの帝王」④

●香港を返還して大陸を香港化しようとしている国際金融資本

 香港は平成九年七月一日に英国から中国に返還された。香港の植民地化から返還までに百五十六年を要した。その香港の株式市場で平成十年八月十三日、株価が急落した。ジョージ・ソロス率いるヘッジファンドが仕掛け、株を売り浴びせたのである。
朝日新聞が平成十年九月八日付の朝刊で「香港民主派幹部にソロス資金」(親中国派が公開質問状、「投機は陰謀」説に拍車)と報じた。記事の内容は以下の通りである。

つづきはこちら→→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊


第6回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成24年6月16日(土)
『TPP参加で日本はどうなるか』
~還太平洋戦略的経済連携協定の真の狙いを解明する


板垣英憲マスコミ事務所

コメント (3)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 野田佳彦首相は、庶民を酷税... | トップ | 東京電力がひた隠す「暴力団... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
米財務省、中国を為替操作国と認定せず-為替政策報告書 (愛信)
2012-05-26 21:54:47
米財務省、中国を為替操作国と認定せず-為替政策報告書
http://jp.wsj.com/World/China/node_449367

世界経済市場に晒される共産主義偽装経済通貨、ロシア経済崩壊の道を進み多くの人々が知る為替操作の実体。
【株式ニュース】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi


死に馬前原の世迷い言わろた (通りがけ)
2012-05-26 22:00:32
「首相の妥協百パーセントない=小沢氏との会談-前原氏(時事通信)」

死に馬前原の世迷い言ワロタ
前原は次回選挙に「百パーセント」出馬できないよ。
政治資金規正法違反(外国人献金)を自供した前科者だからね。次回選挙公報に経歴として書かなければ経歴詐称、書けば被選挙権喪失です。
えらそうに国政を語るのは止めた方が身のためだ。
あ、いつもとおなじ国政を騙っているだけか、なあんだやっぱり嘘つき泥棒「盗人の三分の理」だったw

↑新時代創造さま「互いに妥協無しの無意味な会談 野田VS小沢」へのコメント
>>http://soubiken.blog20.fc2.com/blog-entry-1237.html
地位協定破棄国会決議 (通りがけ)
2012-05-27 01:52:45
地位協定破棄と北方領土と日ソ平和条約

北方4島占領はソ連とアメリカの密約でアメリカが日米安保で日本駐留統治支配を続けることとソ連が北方4島を領有することがバーターである。アメリカの目的は中国侵略の橋頭堡沖縄諸島の軍政統治およびアメリカ領有にあるので実質は北方4島と沖縄が米ソ両国間で等価である。
その後安保改正で地位協定治外法権で沖縄軍政統治、沖縄返還で治外法権統治という実質アメリカによる統治が続いており、地位協定にもとづく米軍日本(沖縄)駐留ある限りロシアが北方4島を返還する選択肢はない。プーチンロシアもユダ金米軍に対して隙を見せるわけにはいかないからである。
日本が4島返還を実現しようと思うならロシアが忌避する在日米軍駐留の根拠である日米地位協定を日本が一方的に破棄し駐留中米軍の日本領土領水領空内での治外法権軍事活動の自由を封じることである。
安保条約は温存し、地位協定単独破棄動議を国会議員が国会に提出すれば否決できる日本人はいないだろう。
地位協定破棄を国会決議すれば直ちにプーチンロシアが北方4島一括有償返還および平和条約締結を申しいれてくることは火を見るより明らかである。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

「判断の基準…」 「藤原大士の一日一言」 1200話~1204話 (【 日々の感謝 】)
2012年5月25日 (金)  藤原大士の一日一言 1204話 将来に向けての種まき 2012年5月24日 (木)  藤原大士の一日一言 1203話 判断の基準は? 2012年5月23日 (水)  藤原大士の一日一言 1202話 自分の商売に頭を下げる 2012年5月22日 (火)  藤原大士の一日一言...
天皇-小室直樹-見沢知廉 (格闘する21世紀アポリア)
 それにしてもだ、日本を世直しする、つまり国家を再起動し再編成する際に、果たして「天皇」という存在は理論的に考えても必要不可欠なのだろうか? 社会学者・宮台真司の師匠筋に当たる小室直樹氏はそのようなことを言っているのだ!  天皇を慕っている者は多いし、天...