北朝鮮「暗殺隊」が、私利私欲の徒・金正男と息子、張成沢・国防副委員長の手下約3万人の粛清に向かう

2013年12月17日 02時43分58秒 | 政治
◆「北朝鮮の小平」を自認していた張成沢・国防副委員長の手下は約3万人規模といい、「国際金融秩序」を乱した「反社会勢力」の一味と見做されて、粛清の対象にされている。すなわち、北朝鮮「暗殺隊」が、私利私欲の徒・金正男と息子、張成沢・国防副委員長の手下約3万人粛清に向かっており、草の根を分けてでも探し出し、見つけ次第、暗殺する。
 朝鮮労働党の党員は約300万人と推定されており、北朝鮮の人口約2200万人(粛清や飢饉、水害被害などで実際は、1800万人という説もある)のおよそ7分の1を占める。北朝鮮では、公職や企業・団体の要職につくためには、「出身成分」がよく、党員であることが必要とされている。
 この約300万人党員のうち3万人は、張成沢・国防副委員長の手下として、「改革・解放」の大波に乗って、うまく成功すれば、「小平」が遺した名言「先に豊かになれる者から豊かになれ」通りに、早く「金持ち」になれるところだった。
 事実、小平の息子、娘、孫が10兆円を貯め込んで国外逃亡したという報道があるくらいだ。「先に豊かになった」のが、小平の息子、娘、孫だったということが、証明している。
◆しかし、小平は、「先に豊かになれる者から豊かになれ」と言った後に、「落伍した者を助けよ」と続けて、結んでいる。中国共産党の党員・党友は、8512万7000人(公称人口13億人、実際には20万人とも言われている)である。党員・党友は、いわば中国の「新貴族」だ。
 いまの中国共産党1党独裁の北京政府と地方政府の高級幹部の「新貴族」のなかで、「先に豊かになった者」の多くが、小平の息子、娘、孫と同様に、巨額の資金を貯め込んで、米国やカナダなど海外を目指して、続々と移住している。「愛国心」は毛ほどもなく、「落伍した者を助けよ」という言葉を忘れて、私利私欲の生活を謳歌している。
 北朝鮮では、朝鮮労働党の約300万人党員は、「新貴族」である。このうち、「北朝鮮の小平」を自認していた張成沢・国防副委員長の手下は約3万人が、中国共産党の「新貴族」、しかも「先に豊かになった者」の真似をしようとしていたのである。
 朝鮮半島は、古来、孔子が教えた「儒教」の国だった。その教えの下で、北宋の忠臣・范仲淹が為政者の心得の一つとして、「先天下之憂而憂、後天下之楽而楽」(常に民に先立って国のことを心配し、民が楽しんだ後に自分が楽しむこと)という言葉を残しているのに、中国、北朝鮮の「新貴族」は、いまや「先憂後楽」という言葉すら、忘れている感が強い。
◆世界支配層(主要ファミリー=頂点に天皇陛下)は、「為政者」としての務めを忘れた国家指導者の私利私欲は、絶対に許さない。
 張成沢・国防副委員長の手下約3万人のうち、北京市、上海市などで活動していたメンバー約100人が、「張成沢・国防副委員長が機関銃になり死刑」の報が伝わるや、すべて姿を消し、消息不明になっているという。
 中国北京政府に保護されていると見られた金正日総書記の長男・金正男(張成沢・国防副委員長が、金正恩第1書記=元帥を殺して、担ぎ上げようとしていた)とフランスのパリ政治大学に留学中だった金正男の長男であるキム・ハンソルも、消息不明になっているという。
 「第2の日本・北朝鮮建国の父」金策・元副首相(日本名・畑中理、大日本帝国陸軍の残置諜者)の長男である金国泰・政治局員(中央委員会検閲委員長、12月13日、急性心不全などのため死去、89歳)の国葬が12月16日行われた。検閲委員長は、労働党幹部に対して、厳しい思想検閲をするのが役目だ。今回、機関銃により銃殺された張成沢・国防副委員長はじめ手下(約3万人規模)の思想検閲では、重要な役割を果たし、金策・元副首相の遺志を忠実に受け継いできた。金正恩第1書記=元帥、兄・金正哲、妹・金汝貞にとっては、本当の腹違いの叔父に当たり、最大の後ろ盾であった。

※Yahoo!ニュース個人


※blogos


にほんブログ村 政治ブログへ

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

世界支配層が、「偽造紙幣の製作と流通」の最高責任者だった張成沢・国防副委員長の粛清(抹殺)を命じた


◆〔特別情報①〕
 「第2の日本」北朝鮮の金正恩第1書記=元帥(背後に女帝)が、義理の叔父である張成沢・国防副委員長を機関銃で銃殺し、一味を一斉に粛清(抹殺)している事件は、単なる権力闘争ではない。世界支配層(主要ファミリー)が国連を中心とする「世界政府」樹立のために進めている環境づくりの一環である。このなかでとくに、張成沢・国防副委員長とその側近らに的を絞り、粛清を断行している。要するに、張成沢・国防副委員長とその側近らに対して、国際金融秩序を乱している「反社会勢力」と認定し、関係者を厳しく処罰、粛清を進めているということのだ。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

※Yahoo!ニュース個人でも「情報局」有料記事の配信をしております。
YahooIDをお持ちの方は簡単に登録できます。ぜひご利用下さい。
お申し込みはこちらから↓


「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


【お知らせ】
板垣英憲の新刊が発売されました


 板垣英憲の最新著書 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
  ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

詳細はこちら→ヒカルランド


 板垣英憲の最新著書 「TPP本当のネライ~あなたはどこまで知っていますか」(共栄書房刊)
 全国書店で発売中 定価(本体1500円+税)
■TPP本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか2013年9月刊
まえがき
第 1 章 TPPとアメリカの食糧支配
第 2 章 TPPの最大のネライは保険だ
第 3 章 TPPで日本医療界への食い込み ―― 国民皆保険制度の崩壊
第 4 章 TPPで雇用はどうなる ―― 解雇自由の法制化
第 5 章 米国「軍産協同体」が防衛省を食い物に ―― 米国の肩代わりをする「国防軍」の建設
第 6 章 米国が日米事前協議で日本政府に強い圧力をかける
第 7 章 日本のTPP参加に向けての経緯
あとがき


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
11月開催の勉強会がDVDになりました。
 「新しい価値の政治への大変動期に突入」 ~小泉純一郎元首相と小沢一郎代表の政治戦略 

その他過去の勉強会12種類(各定価3000円)をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)

目次

第8章 中央省庁を骨抜きにする権限委譲と抵抗 ①

内政権限の委譲から内務省復活の道が開かれる?


 中央省庁の内政関係の権限を地方に委譲するということは、自治省のテリトリーの範囲内に権限を移すことにほかならない。省庁から自治省に権限を移管するのでなくても、自治省のテリトリーに移してしまうと、それは、結果的に自治省の権限を増やすことになる。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日 ジャパンミックス刊)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日サンガ刊)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日ジャパミックス刊)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日サンガ刊)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日 共栄書房刊)
『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日 ごま書房刊
『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊


板垣英憲マスコミ事務所

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「第2の日本建国の父」金策... | トップ | 第25回 板垣英憲『情報局』... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカの悲劇 (根保孝栄・石塚邦男)
2017-02-14 20:50:31
・安倍総理とトランプ大統領のゴルフ会談はどのような内容であったのか・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事