土木屋日記

土木家になりたい、土木屋のひとり言。

記録更新です...ガ?

2008年07月26日 16時51分27秒 | 菜園

 前回の尺クラスをはるかに凌ぐ、40cm級のキュウリです。

 (ちなみに上の2本が18~21cmの標準サイズです。)

  地面を張っていたつるに実がついていたのを見過ごしていました。

  あとで「虎の巻」を見ると書いてありました。

 ・・・キュウリは3段目までのわき芽(子づる)は全て摘み取るように・・・と...

 道理でウチのキュウリは、ネットの上の方に伸びるより、横に広がって行くのが多いはずです。

 メタボ体型つるについた実もメタボ、納得してしまいます。

  近くの商売人の畑は、足元スッキリの見事なトンネルです。↓

 さて、このメタボキュウリ、どう料理してあげましょうか?

 どなたか良いアドバイスお持ちで無いですか?

 私の頭では、大太鼓用の使い捨て’ばち’ぐらいしか思い浮かびません。

 (夏まつりも近いし・・・)

 

                                   

 

  さてさて、今回は同じような形状の夏野菜を紹介します。

 毛も黒くなり、いよいよ食べ頃になったトウモロコシです。

 ウチの菜園の初物なので、おいしい茹で方をやってみようと調べてみました。

 ところが、サイトによって非常にまちまちで、どれを参考にしたら良いか逆に迷ってしまいます。

 水から茹でる?いやお湯から?、塩を入れる?入れない?入れるタイミングは最初から?いや火を止めてから?、茹でる時間3分?5分?10分?、やっぱりレンジでチンが最高?・・・ってな感じで!

  職業病(?)というのは恐ろしいもので、設計図書(レシピ)がしっかりしていないと行動に移れません。

 結局、多数決というか平均的な方法でということで、調べていたらお昼近くになってしまいました。

 朝採ってきたトウモロコシが、昼までほったらかしという羽目に・・・

 ところが、「朝に収穫し、なるべく早いうちに調理をした方が良い」という記事を見つけガ~ン!

 幸い、皮をむいてなかったのが救いです。

 

  ということで、クッキング~コーナー!始まり、はじまり~

 

 まずは皮をむく。スッポンポンにしないで、最後の一枚とヒゲは取らずに我慢するのがポイント。

  次に、水1リットルに対して塩大さじ2程度(3~4%)の濃度の塩水をトウモロコシが隠れるくらいまで入れる。

  沸騰後、5分程茹でて完了。はだけた最後の一枚とヒゲをきれいにして完成です。

  参考のため、電子レンジでも試してみました。

  最後の一枚姿のトウモロコシをラップで包み、500Wで7分チン!。

  見た目はイマイチですが、甘くておいしと好評でした。

 どっちが?・・・って言われないと区別が付かないようです。

 ウチの畑では、これまでまともに粒の揃ったものはできなかったので、見た目だけでも満足でした。

  結局、どんな方法で調理しても舌の肥えた家族はいなかったのかなと思いつつ、自己満足で料理教室終了です。

めでたし、メデタシ!。

 

 

 こんどはだだちゃ豆が食べたい! だだちゃ豆【快適生活】

いかが

 

     ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 企業ブログ 建設業へ  


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 行ってきました!塩竈! | トップ | なんじゃコリャ? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

菜園」カテゴリの最新記事