いたちゃんの『なるほど通信』

函館市議会議員・板倉一幸が市政とまちの「なるほど」をお伝えしていきます。

4回目盛り上がってる?

2022-07-01 23:34:26 | Weblog

 今日、保健福祉部から、「新型コロナワクチンの予約受付およびノババックスの接種開始等について」が資料配付されました。函館市の接種状況は、6月29日現在で、1回目接種83.5%、2回目接種が83.0%、3回目接種が65.8%となっており、いずれも全道や全国を少し上回っています。
 4回目の接種は、60歳以上の方で3回目の接種から5ヶ月以上経過する方へ、毎日接種券を発送しているということです。また、18歳以上59歳以下で基礎疾患のある方は、3回目接種から5ヶ月以上経過する方に接種するか(接種券が必要か)の案内ハガキを出して、本人から接種するという申込みをいただいた方に接種券を発送するやり方になっています。
 さらに、まだ1度も接種していない方や2度目がまだの方の接種予約も受け付けており、3回目がまだの方には、2回目接種から5ヶ月以上経過する方へ接種券を発送しています。
 4回目の接種は、60歳以上の方へは9,336通の接種券を発送しており、18~59歳の基礎疾患のある方は、申込みのあった方358通を発送し、接種率は60歳以上で0.5%にとどまっています。
 ノババックスの接種に関しては、7月13日接種分から医療機関での接種が開始されますが、1・2回目と3回目の接種に限られており、4回目の接種については国の承認がなされていないとのことです。まだ1回目も2回目も接種されていない方や、3回目の接種券が届いていても接種されていない方には、できるだけ、そしてお早めに接種されることをお勧めいたします。副反応のことや感染しても症状が軽いことなどから接種を回避されているかたもいらっしゃいますが、全ての方が軽症とは限りませんし、例え軽症でも感染した場合の隔離など、本人や家族、職場の混乱を考えると、ワクチンを接種しておくことを、私はお勧めいたします。
 ところで、接種会場について、リサーチ不足だったのかと反省しているのですが、資料を見ていて、総合保健センターや市立函館病院のワクチンセンターが載っていませんから、接種会場ではないのですね。同僚議員に聞いても、やっぱり同じ意見で、「いつから止めたんだろうね。知らなかった」と言い、「きっと、接種に支払われる委託料で病院が儲かるからではないか」という意見まで飛び出しました。私たちも説明責任がありますから、曖昧な答えが出来ませんので、確認しておきたいと思います。
 参院選は、期間中2度目の週末を迎えます。各候補とも札幌を中心に、大都市圏での浸透に注力すると思います。週が明けると、残り1週間になります。いよいよ熾烈な最終盤となります。比例代表での投票に、特定の候補者がいらっしゃらなければ「立憲民主党」へ、または「りっけん」へお願いいたします。また、選挙区は「石川ともひろ」候補へお願いいたします。
 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« あっという間に半年が。 | トップ | 長距離・長時間はまだまだか? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事