椅子張りのこと

お店でソファを見ただけではわからない、中身の作りの事や、手がけた仕事のことなどを紹介していきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

続き

2010-10-06 00:18:26 | 日記
バネの張りの作業が終わったら、
現在の量産品で言うなら、ウレタンの部分に当たる作業です。

麻布をはり、その上にココス(ヤシの実を繊維状に加工したの)もを詰めていきます。





説明をかなり端折りますが、こんな風になります。




周りから詰めていって後でちゃんと真ん中も入れます。
このココスの量を平らになるように詰めるのに私は時間がかかってしまいます。少しずつ解かってきましたが、未だ量の感覚がつかめず。


また上に、麻布を張り、ひたすら縫う作業。
周りはきつく締めて固い土手をつくります。
土手がしっかりしていないのは形が崩れる原因になります。
河でも土手が崩壊したら大変な事になりますよね?それと同じことです。
ウレタンでも同じ、しっかりつくってあるウレタンのクッションは固いウレタンで四方を囲み真中は何層かにして一番下は固く上に行くほど柔らかいウレタンを使います。




四方の土手をつくり終えました。




更に座の前の土手。
座の前は後ろより高く土手をつくり、クッションが前に落ちて来ないようにします。
この上に馬毛を詰めます。
土手を縫って、凹凸が出来ているのがフラットになる程度に。









写真撮り忘れましたが、この白い布の下に馬毛が詰まってます。
馬毛は馬のシッポの毛。でも100%じゃなくってミックスだって言ってました。
角の丸いのは、針で仮止めしてあって、麻布と、白い布を手縫いしていきます
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ウィーンでの仕事その1 | トップ |   
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごいっ! (massug design)
2010-10-08 15:10:44
うわぁ~~。。
力仕事ですね。。。

職人の仕事の裏側、
おもしろいです。

続きも期待してますよっ!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事