一韶の俳句ブログ

詠うのは、私・人間・社会そして自然・・・俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題

1831   亀係の亀洗ひゐる梅雨晴問    陽子

2017年06月13日 | 

 亀を洗うとは、アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイなどの海洋性のカメを言うのであろう。どこか分からないが、水族館の担当員が、ウミガメをたわしでゴシゴシ洗っているのだろう。

 本州中部以南に上陸し産卵するのは、アカウミガメだという。全国の水族館や、沖縄海洋博公園、屋久島ウミガメ館、徳島県日和佐ウミガメ博物館などに行けばウミガメに会える。5~7月がウミガメの産卵期で、申し込めば産卵や孵化を見学できる、という。

 実山椒。茹でて冷凍保存して、ちりめん山椒などに。

ヘビイチゴの実の焼酎漬けは、虫刺されやニキビに効果的。  

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1830   白服をビシッ... | トップ | 1832   都市化するベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事