一韶の俳句ブログ

詠うのは、私・人間・社会そして自然・・・俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題

1840   蜂の巣と共に膨らむ恐れかな

2017年07月13日 | 

  二年前、二階の軒下に足長蜂が巣を作った。「足長蜂ならば」と思い、そのまま放っておいた。しかし、今年は同じ場所にスズメバチが巣を作り始めた。いくら何でも、スズメバチでは放っては置けない。その日の深夜、巣を竹の棒で叩き落とした。のは良かったのだが、翌日5,6メートル離れた別の場所に再び巣を作り始めたのだ。女王が生きているからだろう。

  そこで、ホームセンターに行って「スズメバチ専用」と書かれた数種類の中から強力殺虫剤を購入。そして深夜に数秒ずつ2回噴霧。驚いたことに、翌朝行ってみると、テラスの床に数匹のスズメバチが死に瀕していた。その効果にびっくり。

 「蜂が高いところに巣を作る年は、大きな台風が来る」という説を聞いたことがあるから、今年は、強力台風が多数上陸するのではないか、と懸念される。スズメバチより、台風の方が余程恐ろしい。

駆除後のスズメバチの巣

効果抜群、スズメバチ専用殺虫剤

足長蜂の巣

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1839   サングラス窯... | トップ | 1841   梔子の白を盗み... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事