一韶の俳句ブログ

詠うのは、私・人間・社会そして自然・・・俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題

1833   遠近に鴉よく鳴く皐月晴

2017年06月19日 | 

(おちこちに からすよくなく さつきばれ) 

 カラスが巣立ったようだ。子供が親に餌をねだっているのだろう。散歩していても、野草を摘んでいても、テラスで休んでいても、実にやかましい。今年の梅雨は、空梅雨だろうか?

カラスは3月~4月に巣材を運び、巣作り

4月~5月に産卵し、卵を温める

5月~6月に卵が孵化し、ヒナを育てる

6月~7月に幼鳥が巣立つ

そして、9月なって、ようやく親と別れる、という(別れ鴉)

ホタルブクロ(蛍袋)

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1832   都市化するベ... | トップ | 1834   父の日や父に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事