一韶の俳句ブログ

詠うのは、私・人間・社会そして自然・・・俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題

1822   若葉影のこのこ狸とことこと

2017年05月15日 | 

 家庭菜園にトマト2本、キュウリ2本、ナス2本植えた次の日、菜園の土を掘り返した形跡があった。掘り方が浅いし、野菜をひっくり返してはいないから、イノシシではないと分かる。カラスだろうか・・・・

そして今日、菜園の方角から庭へタヌキが走って来て、私の足元をすり抜けて行った。走り方にスピード感がなく、動物にしてはのろまである。建物の壁と庭木のすき間に入って、じっと動かない。そんな動作が面白く、愛嬌や親しみを感じる。土を掘り返したのは、タヌキに間違いなさそうだ。

↑地エビネ(海老根)と 黄エビネ↓

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1821   バーボンの香... | トップ | 1823   拾いたる青梅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事