Kazuaki Koseki Photo Blog

KAZUAKI KOSEKI PHOTOGRAPHY from Yamagata,Japan 写真と僕と山形の風景・・・

風の道

2021-02-14 18:52:48 | 山形の風景
先日のニュースで山形県と宮城県の県境の蔵王山で遭難者が心肺停止で発見されたとニュースとなりました。

蔵王の冬山での遭難死者は2年連続となり、本当に残念な事です。

今回の方の辿ったコースを自分ながらに検証したところ、晴れ間で風が穏やかであれば問題ないコースだったとは思うのです。

蔵王には樹氷が大きく育つだけの過酷な環境が存在します。特に熊野岳からその下100〜200メートルの標高の山頂部は別次元の風がよく吹き荒れます。

遭難された当日前から強風が吹く日が続き、当日は天候も悪くホワイトアウトの状況で未然に防げる事故だったはずです。


その原因の一つと思う事、

それは昨今のSNSでの情報過多によるものだと感じます。

個人のページやグループでのページなどに写真を載せて、とても素晴らしかった!と詳細な日時や前向きな情報を載せていますよね。

けれど、そこに危険を危惧させる文章はほとんどありません。

身体能力も年齢も知識もひとそれぞれですが、インターネット上ではあまりわかるものでもなく

不特定多数の方々が目にして、行ってみたい!と思う方ももちろん多いでしょう。

僕も、そんな方々に会う事がたまにあります。遠くから見てもキョロキョロしていたり何となく分かったりします。

行かないで!とも載せないで!とも、個人の自由に何も言うつもりはないですが、

危険が生じたり、環境破壊や近隣への方の迷惑など様々、自分なりのモラルを持つべきなのではないかと思います。

いいね!思われたい。など様々思惑はあるでしょうけれど、

私の場合は、そんな自分のモラルに従ってリアルタイムでの撮影に行った!という投稿はなるべく避ける様になりました。

もちろん、撮影で行く場合がほとんどですので、忘れた頃にそっとどこかで写真を公開してますけれどね。


先日の事、

4年越しの撮影をする事ができました。

単純にその状況が中々起こり得ないだけだったのですが、とても嬉しい出来事でした。

けれどそれで満足したかというと、また欲は出てくるものですね。

また、そのときまで待ちたいと思います。















コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樹氷幻想 | トップ | 残るもの。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

山形の風景」カテゴリの最新記事