イヌヅカスポーツプランニング Bossのブログ

ジュニアテニス選手育成を軸に活動している会社社長、犬塚のブログです
日々徒然、ぼやきます・語ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近の思うこと

2014-06-18 15:20:14 | 日記
千里アクアでの仕事が始まって3か月が経ちました。
ようやく、スクール全体の流れが出てきました。
でも、まだまだ盛り上げていきますよ。

さて、ジュニアレッスンでは、人数がコンパクトになったのでより細かい指導が
出来ています。(コーチとしては、うれしい。スクールとしては・・・・)

ジュニアの基本となる体軸の前への動きを重視したストロークの矯正とラリーの中での
前への動きを強化しています。
ボールの質が一気に上がりますからとても大事です。

後は、フットワークの動きとバランスをより向上する為にレッスン中にトレーニングも
盛り込んでいます。最初の1歩を早くするために・・。

見た目は地味ですが、基本練習はプロになっても行わなければいけません。
特にジュニアは基本の動きを確実に身につけないとジュニア後半での成長の
伸びが全然違いますからね。基本練習も集中してください。
当然、、試合形式も入れてます。

最近、以前から言ってましたがジュニア選手に

「自分で考えよう。」

「自分でイメージしよう。」

「自分で決めよう。(判断しよう)」

をより強く伝えるようになりました。
今までに教えてきた選手の中で強くなった選手は、やはり自分で意見を言える選手です。
よくも悪くも、コーチに自分の判断を伝える事が出来る子は、期待がもてますね。

だけど、今回の修チャレではないですが、「選手は練習をやらされることを待っている。」
というような受け身な言動をする子が増えています。
( 言われた練習しかしない。 自分から積極的に動かない。)
コート内は自分だけで次の行動を決めるのに不安です。

試合の流れ、自分のショットの調子など判断して、決めていく事は多いはずです。
普段の生活から自分で決める習慣を作っていってほしいです。


P.S テニスクラシックの7月号に、若手の指導者で世界を駆け巡っている
  金重トレーナーが載っていました。
  トレーニングに来てもらったり、トレーニングを組んでもらったりしているので、
  彼の活躍が嬉しく思います。


 





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

優勝おめでとう!!  アヤカ

2014-06-13 11:02:18 | 日記
6月2日よりメキシコのPachucaで行われた女子10000ドルの大会で
奥野彩加選手がダブルスで優勝をしました。

「アヤカ! おめでとう!!」

彼女が日本に帰国した時は、動きの調整と矯正をしていますが、
今回は昨年の全日本ジュニアから気になっていた動きの調整と意識の変化の話と
私のボヤキを伝えていました。

その後、アジア遠征のタイではシングルスがベスト4、ダブルスが準優勝とそれまでと
比べる良い結果でした。

今回はダブルスでのITF大会の初優勝です。初タイトルです。

ペアはVere Pachuca選手(ROS)です。

ジュニア時代は、インドでのITFジュニアでのダブルス初優勝、ジャパンオープンジュニア
でのシングルス初優勝と観てきましたが、今回はその場にいなかったのが少し残念でしたが
とても嬉しいです。

これが次へのステップアップの切っ掛けになってほしいです。

彼女は、まだまだ地道ですが一歩一歩上がっていってます。
本当の実力をつけていっています。

皆さんも奥野彩加選手の応援お願いします。



「全仏オープンを観ていて(2)」

国枝選手と上地選手のシングルス優勝おめでとうございます。

国枝選手のコーチの丸山さんもおめでとうございます。

凄いです。日本の誇りですね。

以前、全豪のプラックティスコートでお会いして練習を見せて頂いた時の
衝撃と国枝選手の手の硬さと太さを忘れてはいません。
でも、この強さは相当メンタルがタフなんでしょね。
そのことを丸山コーチに聞いてみたいです。
ジュニア講演してくれないかな?

これからも刺激のあるテニスプレイヤーでいて欲しいです。

今度、ジュニア選手をつれていって勉強させよう!


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

全仏オープンを観ていて

2014-06-11 11:45:30 | 日記
全仏が終わりました。
男子決勝を半分眠りながら観ていました。

ナダルとジェコビッチの決勝は面白かったです、
2-1ナダルのリードしての第4セットは特に私は興味を
持ちました。

両者共に体力が限界にきているのに戦い続ける姿に感動です。
勝利に向かう精神力に脱帽ですし、人々はそこに感動するのでしょう。

ジェコビッチは疲労で吐きながらも戦い、明らかに体調不調でいながら
体調を戻る事を信じているように水分補給とエネルギーの補充を続けて
少しではあるけど、体調をもどした精神力とスタミナにトップ選手の凄さを感じました。

ナダルは腰に痛みを感じさせる動きと疲労から来るだろうおかしな足の動きを
見せながらもボールを追い続けて、チャンスが来ると無理な体勢でもフォアに回り込んで
勝負をかける姿勢はとても感動すると共にそれを裏打ちするトレーニングはどんなにすごいのか
関心を持ちました。

以前、小浦さんに女子においても「1万ドル、25000ドル、5万ドル・・・と上に上がるほど、
当然トレーニングは厳しくなる。」と聞いていましたが。

男子のこのレベルの選手に勝っては体を壊す日本選手(彼は凄くトレーニング量は増えています。
彼達の領域に近づいていると思います。)と比べると彼達の目に見えない部分のトレーニングは
どんな量と質なのか考えさせられます。

修造さんが言っていた「ジュニア時代からトレーニングを行っていかなければ
あの体力はつかない。」は現実味をもっているなと考えます。
12歳から世界に向けての身体作りは始まっているんですね。

私は今は弱くても全てのジュニア選手が世界に挑戦できると信じています。 
トレーニングはテニスレベルは関係なく今からスタートできる練習です。
基礎体力とコーディネーションのレベルアップを始めましょう。
決して損はないと思います。
正しい技術と考え方ががついてくれば、大ブレークできますから。

・・・「自分は出来る」と信じきることはなかなか難しいですが、
継続して自分を信じられるジュニア選手はどこかで強くなる時期が必ず来ました。
選手たちが、何処に目標を持って努力するかで到達点も大きく変わってきました。
自分を信じて、真っ直ぐに向かう選手と周りの大人たちがそれを見守ってあげる環境を
育てていかなくていけませんね。(当然、勉強ありきです。)

世界のトップと全てにおいて対等に闘っている日本人の姿を早く観たいです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

関西小学生大会にいきました。

2014-06-02 14:49:17 | 日記
5月31日に長浜ドームで行われた関西小学生大会に行ってきました。
残念ながら、初日だけの観戦サポートでした。
2日目は武藤コーチにお願いしました。
 
昨年はチホがこの大会を勝ち上がり全国に行った大事な試合です。

今回は女子の京都組2人と大阪の補欠3番手から本戦出場の1名と
男子は大阪組の1名の全4名の選手が参戦しました。

京都の2人は初戦敗退をしましたが、相手のマッチポイントを攻めて
しのいだり、ストローク戦で普段見せない負けん気を見せたり、
次につながるプレイを随所に見せてくれました。
体力面が伸びてくると、大きく成長するでしょう。
彼女たちは、6月に大きなステップアップするイベントが
待っています。 がんばれー!!!!


大阪の女子は、補欠3番といった出場出来るかどうかといった苦しいポジションでした。
しかし、リストが発表されても腐らずに練習に励んだのが良かったのか
本戦に入れました。良かったです。

1回戦を8-0で勝ち上がり、2回戦へ本人曰く「ストロークが調子よい。」 
から強く打っていって、攻めていったそうです。
しかし、私から見ると力みすぎて攻め方が単調になってしまいました。
テニスの試合は総合力で勝つ事をまだ理解できていなかったのでしょう。
私の指導の反省課題でもあります。
しかし、ラケットのボールの乗せ方、乗っている時間の長さなど、
他の選手には無いものを持っています。彼女も今後が期待している選手です。
早くブレークして欲しいものです。

男子はいつも「試合を観に来て!」とアピールする積極的な選手です。
弱気で言ってるのではなく、本当に見てもらってアドバイスが欲しいみたいです。

初戦は滋賀のシード選手、身体も頭一つ分大きい選手で卒のないテニスをする選手です。
ミスが少なく、苦しい時にテニスのレベルを上げることが出来る選手で
しっかりと指導されていると感心するグッドプレイヤーでした。

試合は接戦で喰らいついていって、最後は相手を精神的に追い込めての勝利でした。
諦めない精神力が成長した一戦でこのような戦いは勝敗に関係なくとても大事です。
見事戦い方でした。9-7

2回戦は、自分のミスを無くしていきました。自分のテニスが出来ています。
8-0で勝って次の日につなげていって、 初日の目標は達成です。

大会全体として初日だけですが、ストロークはまだ弾道は低いですがループ系を
使う選手が増えてきました。
但し、打点の低い所から打つ選手が多いのが気になります。
角度がつけれないなど、ループで仕掛ける引出しも少ないように思います。

ドロップショットの数は相当増えました。ゲームとしての感覚がついてきたようですね。
錦織プロの影響は大きいです。 個人的には西岡プロの試合がジュニアの身近な目標と
思いますけど。 
また、早いタイミングで打って相手に時間を与えない戦術も増えたように思います。
全体のレベルは上がっていますね。

小学生も体力があって、より頭を使える選手でないと勝てなくなってきましたね。

うちの選手諸君、頑張って、勉強とテニスをしてください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする