写真道楽

特にジャンルを問わず 長い撮影経験を活かし 何にでもチャレンジし 記録写真として残してゆきます

新企画・東京の記憶・・・(1)橋

2020-01-22 | 歴史,文化








組写真=指定枚数で如何に写真を選択し、如何に表現するかが真髄となる。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« #309 ライオンも 都心の文... | トップ | 花シリーズ・早咲春告(1) »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新企画 (池 千之助)
2020-01-22 17:21:21
いそっぷさん、こんばんは!

新企画の登場ですね!
よく、フォトコンなどで、「組写真」と云う言葉は見るのですが、
今まで不勉強で全く分かりません。

いそっぷさんの新企画で、勉強させていただきながら、
自分のスキルアップが出来たらと思います。

授業料がロハで申し訳ないのですが、
宜しくお願い申し上げます。


Unknown (yokohanagokoro)
2020-01-22 19:26:47
こんばんは~

千之助さんが仰ってる通り、私も勉強させていただきたいです。
決められた枚数で、いかに表現するか?
難しい課題ですが、宜しくお願いします!
コメントを有難うございます (いそっぷ)
2020-01-22 20:35:38
 千之助さん
こんばんは。
組写真の難しさはなかなか一言では言えません。
私も勉強中ですが、今までの経験を活かし、作っていきたいと思います。
こればかりは続けて投稿すると云うわけにはいきませんが、
複数枚の重さというものを噛みしめ、じっくり検討致します。
宜しくお願い致します。
こんばんは (いそっぷ)
2020-01-22 20:51:50
 yokoさん
コメントを有難うございます。

果たしてyokoさんの参考になるようなものが出来ますかどうか。

あまり期待されると困りますが、写真川柳もマンネリ化してきた
ところですので、ちょっと雰囲気を変えて違う分野に頑張って
みたいと思います。
(と言って川柳を止めた訳ではありません。)

ただ数を熟すのではなく、物語を感じるものにしたいと思います。
宜しくお付き合いください。
 (グランマ)
2020-01-23 05:58:48
いそっぷさん

隅田川には何本の橋が架かっているのでしょう
組み写真なるものもよくわかりませんが
一つの橋のいろんな方向から撮った写真ということでしょうか?
コメントを有難うございます (いそっぷ)
2020-01-23 09:05:47
 グランマさん
おはようございます。

組写真とは、冒頭の写真下にも書いてありますが、指定された、
あるいは指定した枚数で写真を組み、作者の意図や作品性を
表現すると言う写真技法のことです。

例えば、今回の作品を簡略に説明しますと、
① 水上バスの通過と橋を組み合わせ、その大きさを表現します。
② では、その橋はどこかと言うと隅田川に架かっている勝鬨橋です。
③ この橋は、昭和15年6月に竣工していますが、当時の金属物資の無い中
これだけの鉄を使い作られた、と言う事の表現です。
④ 最後の一枚は、この橋がかっては、中央部でハの字に開く
❛二葉式跳開橋❜で、大型船を通す機能を持って居たと言う事を
橋の中央部にある開閉部(組歯式)の状況を紹介しています。
と言うような写真編成になっています。

勿論、大略ですが、このように何枚も、あるいは何十枚も撮影した
写真の中から選び出し、小枚数で表現して行く技法です。
見る人によって受け取り方は色々あると思いますが、それはそれで
見る人それぞれの感覚の違いであったり、過ごしてきた人生の
違いであったりします。
簡単な説明ですか参考にしてください。
組写真 (グランマ)
2020-01-23 13:17:53
いそっぷさん

わかりやすい説明ありがとうございます
例えば自分で写した写真を場所や構造など順序だてて並べ
次回見たときにわかりやすくなるということなんですね
なんだかわかったような気がします
いろんなときに参考になりそうです
ありがとうございました
こんにちは (いそっぷ)
2020-01-23 14:22:56
 グランマさん
拙い説明に、わざわざの返コメ有難うございます。

写真をUPしている方々は、それぞれ組み写真にして投稿している訳ですが、
枚数を決めて組み立て、作ることによってより訴える力が増し、見る者を飽
きさせないという利点も生まれてきます。

ことの表現やモノの見方を考えたり、ただ漫然と写真を並べるのではなく
取捨選択の感覚が養えると思いますので、是非、試してみてください。
有難うございました。

コメントを投稿

歴史,文化」カテゴリの最新記事