写真道楽

特にジャンルを問わず 長い撮影経験を活かし 何にでもチャレンジし 記録写真として残してゆきます

てふてふの眼・蜜を求めて

2020-05-21 | 昆虫












※ 神秘の不思議 自然の造形 Nikon D850

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 花シリーズ・大家さんは お人... | トップ | てふてふの眼・むずかしい蜜吸い »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
てふてふの目 (ミワ)
2020-05-21 22:21:49
いそっぷさん今晩は。
蝶が擬態してみえます。
お口の中の神秘の世界を覗かせて戴きました。
此処雨ふりで御花もうなだれています。晴れたらお口の中を探検してみたいです。
こんばんは (いそっぷ)
2020-05-21 22:42:01
 ミワさん
早速のご訪問、コメントを有難うございます。

毎日雨でウンザリしています。
UPした写真は今月13日に撮影したもので、その後は出かけておりません。
黄蝶を発見し、撮影しましたがバックの花も同色でしたので質感を出す
のに苦労しましたが、何とか蜜吸いの状況が分かります。
蝶は蜜を吸うために花を見るときはこのように見えているのかなぁー
と推測して撮ってみました。
てふてふ (yoko)
2020-05-22 13:00:41
こんにちは^^
「てふてふ」という表現の仕方、とても風情があります。私は「てふてふ」とは習っていませんが・・
こんなに間近にカメラを向けても、「てふてふ」は動かなかったのですか?
ここまでは、なかなか撮れませんね。
動植物の生態を良くご存じの、いそっぷさんしか
撮れないお写真だと思います。
それにしても大胆なカットです。
こんばんは (いそっぷ)
2020-05-22 17:45:06
 yokoさん
ご訪問、コメントを有難うございます。

私も❛てふてふ❜の時代ではありませんが知っていました。

動物や昆虫の撮影には、チャンスとタイミングが必須です。
自分の影に気を付けること、風上から接近しないこと。
等に気を付ければかなり近づけます。
勿論、音には敏感ですので鼻歌はダメです(笑)。
そうです、クロアゲハの撮影要領ですよ。
てふてふの眼 (池 千之助)
2020-05-22 18:56:16
いそっぷさん、こんばんは!

いそっぷさんならではのお写真、素晴らしい感性ですね。
蝶の目線で、これだけのアップ撮りとは、
私ら凡人の考えも及ばないと思います。

人間の眼から見ても、これだけの細部に亘っての花弁などは見れませんので、
よくお撮りになられると感心しています。

恐らくズームで寄られていると思いますが、
相変わらず、手ブレもなくピンがしっかりなさっていて、
お陰様で、見習う点が多々ありました。
こんばんは (いそっぷ)
2020-05-22 19:14:09
 千之助さん
ご訪問を有難うございます。

コロナ対策ですっかりネタ切れとなってきました。
この際、若い頃の初心に戻り、撮影基本をやり直しています。

まあ、時間があればこその事なのですが、大胆に緻密に
楽しんでいます。
レンズは愛用の28-300mmズームです。
チョウチョ (グランマ)
2020-05-23 05:53:57
いそっぷさん

一枚目の写真
チョウチョが花に同化してしまって不思議な感覚です
一生懸命甘い蜜を吸っているのでしょうね
おはようございます (いそっぷ)
2020-05-23 07:54:20
 グランマさん
ご訪問、コメントを有難うございます。

久しぶりに黄蝶を発見しました。
しっかり蜜を吸っていましたので、何枚か撮影したのち、
思い切って接近し吸蜜の状況を撮影できました。
こんにちは (おーちゃん)
2020-05-23 16:14:58
さっきから晴れて来ました気持ち良いですね。

黄色い蝶々さんの蜜を吸うストローはとても長いし
ちゃんとカーブして、うまく出来てますね

最後のお花、これぞプロ!ですね
こんばんは (いそっぷ)
2020-05-23 19:14:00
 おーちゃんさん
ご訪問、コメントを有難うございます。

明日はきっと良い天気になると思います。
久しぶりに屋外活動も出来そうですね。

蝶は蜜を吸っている時が撮り時ですね。
あの体のどこにあるのかと思うほど長いストローに
驚かされました。

拙い作品を細かく見て頂き有難うございます

コメントを投稿

昆虫」カテゴリの最新記事