写真道楽

特にジャンルを問わず 長い撮影経験を活かし 何にでもチャレンジし 記録写真として残してゆきます

#295 ペンを背に マンガ地蔵は 泣き笑い

2019-12-16 | 歴史,文化,芸術

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« #294 吉良の首 怨みを籠め... | トップ | #296 燈籠の 転ばぬ譯を ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マンガ地蔵 (池 千之助)
2019-12-16 11:56:34
いそっぷさん、こんにちは!

マンガ地蔵が実際に存在しているとは、驚きです。
しかも、ペン先を背にしてとは、まさにその神髄を表現しているようだと感じます。

昔、ボールペンがなかった頃は、
もっぱらペン先にインクを付けて、文字を書いたものでした。
懐かしい時代だったような気がします。

半世紀前になりますが、
友人の息子さんが高校入学時には、そのお祝いとして、
万年筆を贈ったことがありました。

このマンガ地蔵は、漫画家さんが多くいらっしゃる地域に立っているんでしょうか?

漫画地蔵 (グランマ)
2019-12-16 17:28:12
いそっぷさん

珍しいお地蔵さんですね
お参りすると漫画でなくても上達するのでしょうか
お参りしたいものです

万年筆のインク
いつも手を汚してしまって大変でした
コメントを有難うございます (いそっぷ)
2019-12-16 19:19:48
 千之助さん
こんばんは。

付けペンの上に立って自らもペンを持ち、漫画を描いているのでしょう。
珍しいお地蔵さんに出会いました。
我々学生の頃はもっぱら万年筆が幅を利かせていました。

このお地蔵さんは、東京の新宿区内下落合と言う所にあります。

この付近は、有名無名の漫画家が住んでいたところで、若い頃の手塚治虫さんなどが盛んに制作に頑張っていたんです。
コメントを有難うございます (いそっぷ)
2019-12-16 19:30:06
 グランマさん
こんばんは。

私は写真心はあっても絵心が無いので、あまり御利益は無いかも知れませんが、
グランマさんのお書きになる絵はきっとさらに素晴らしくなることと思います。
西武新宿線の下落合の駅前にあるお寺さんですから、是非お出掛けになってみて
は如何ですか?

私は今でも万年筆派で、もっぱらパーカーなどを愛用しています。

コメントを投稿

歴史,文化,芸術」カテゴリの最新記事