近代文化遺産見学案内所 2

明治時代以降の文化財を中心に、江戸時代以前の文化財、世界各地の世界遺産への見学案内、世界の鉄道乗り方案内なども。

国宝  孝恩寺 観音堂 (大阪府 貝塚市)

2018-05-10 07:32:09 | 大阪府
サイトマップ > 大阪府 江戸時代以前の文化財 > 孝恩寺観音堂



孝恩寺(こうおんじ)は、第45代天皇・聖武(しょうむ)天皇の命令により、僧侶であった行基が畿内に造営した四十九院の一つとされています。寺の創建はxxxx。観音堂は鎌倉時代後期に再建されたものです。その後、室町時代に戦乱の影響で寺は壊滅状態となりましたが、観音堂は難を逃れ、近くの池に沈められていた仏像もその後引き上げられて、堂内に再び安置されたと伝えられています。観音堂は、大阪府内に現存する最古級の木造建築物であり、明治36年(xxx)に国宝に指定されました。また、建立時に釘を使用していなかったとされることから、別名「釘無堂」と呼ばれています。堂内には平安時代中期の本尊・阿弥陀如来をはじめとする仏像群19体と板絵1枚が安置されていて、いずれも重要文化財に指定されています。
貝塚市公式サイト、現地案内看板




アクセス(行き方)





孝恩寺観音堂は、マーカー5


最寄駅から徒歩
水間鉄道 水間観音駅(上の地図、マーカー6)から、徒歩約18分(1.3km)。
ほぼ平坦。ただし、どの道を行ってもところどころ歩道なし。しかも交通量がそこそこあり、やや危険を感じた。

なお、水間鉄道はワンマン運転であり、かつ終点の貝塚駅と水間観音駅以外の途中駅は無人駅なので、途中駅での乗り降りはちょっと特殊な手順が必要。詳細は 水間鉄道水間駅舎(国登録有形文化財)紹介ページを参照。


バス
水間鉄道 水間観音駅前バス停から、貝塚市営バス「は〜もに〜バス」の「黄バス・右回りルート」に乗車。
平日と土・日・祝日でバス停が異なる。平日は上の地図、マーカー2。週末はマーカー1。
乗車時間7分、均一運賃210円。平日は1日5本、土・日・祝日は1日3本と少ない。
全国共通交通系CIカード利用可能。降車時に運転席横の運賃箱に現金で運賃を入れるか、カードタッチ部にカードをタッチする。
バスの時刻表は水間鉄道公式サイトへ。

「釘無堂前(くぎなしどうまえ)」バス停(マーカー3)で下車。バス停から現地まで徒歩約2分(150m)。


↓ 水間観音駅前、平日用バス停。マーカー2


↓ 水間観音駅前、土・日・祝日用バス停。マーカー1


↓  釘無堂前 バス停。マーカー3


↓ バス停から孝恩寺方面を見たところ。奥に写っているのがお寺の門。



駐車場
↓ お寺付属の参拝者用無料駐車場あり。収容台数約6台。上の地図、マーカー4。







参拝のしかた




参拝可能時間、参拝ができない日などは不明。問い合わせは電話で。
観音堂内の仏像を見学したい場合は、事前に電話で連絡を。
孝恩寺 072-446-2360


サムネイルの後に元画像ギャラリーがあります。



1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

文化財分布マップ



コメント   この記事についてブログを書く
« 大阪府 江戸時代以前の文化... | トップ | 寺山炭窯跡 (鹿児島県 鹿児... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大阪府」カテゴリの最新記事